日本の旧石器時代-日本の先史時代

日本の旧石器時代はそれがすべて始まったところです。日本の初期の歴史は、伝統的に旧石器時代(紀元前5万年頃-紀元前12、000年頃)、城門(紀元前11000年頃-紀元前300年頃)、弥生(紀元前300年-紀元前300年)、コフン(紀元前300年)の5つの主要な時代に分けられます。 --552 AD)およびYamato(552 AD -710 AD)。

文化をさかのぼるこれらの時代は複雑であり、いずれにせよ重複する傾向がありますが、日本の始まりがこれらの時代のそれぞれにおいて重大な変化に苦しんだことは明らかです。

日本の古石時代は、紀元前5万年から紀元前12、000年までの日本における人間の居住期間であり、城門時代の前の期間でした。しかし、開始日は議論されており、これまでの紀元前35、000年がより受け入れられています。

最初の人間の骨は静岡の浜松市で発見されました。放射性炭素年代測定によると、化石は約14、000年から18、000年前にさかのぼります。

Anúncio

磨かれた石を使った道具の開発は、世界の他の新石器時代の後半に登場し、先史時代の日本におけるこの時期を他の先史時代と比較して独特なものにしています。

日本の旧石器時代-日本の先史時代

群島の最初の住民

群島に住む最初の人間は、Age of Northeast AsiaStoneのハンターでしょう。彼らは小さな部族を旅し、石の先のある武器を使って、氷河期に形成された日本への陸橋で野生の動物の群れを追いました。

多くの人が以前にそれが起こったと信じていますが、これらのハンターが日本に到着したのは紀元前35、000年以前ではなかったことが知られています。

Anúncio

一方、日本の旧石器時代は、まだ陶磁器が発見されていないことから、「プレセラミック」(千堂木)時代とも呼ばれています。このように、それはその住民を次の年齢の住民から区別するのに役立ちます。

日本の旧石器時代-日本の先史時代

イベントと開発ツール

24、000年から22、000年前の九州での大規模な火山噴火は、国のほとんどの地域で独特の灰、アイラタンザワ(AT)パイロクラストを広め、日本での出来事を「ATの前または後」と年代測定しました。 。同時に、最初の石器が作られ始めました。

Anúncio

その瞬間から、小石はそれほど重要ではなくなりました。小さくてよくできた道具、特にナイフの形をした道具は、約16、000年前により重要になりました。

約16、000年から13、000年前に主流だったクォーツとオブシディアンの小さな道具は、北東アジアとヨーロッパの同じ時代の道具にかなり似ています。北海道島のサイトのツールは、極東とシベリアとほとんど同じです。