かんじはいくつありますか、いくつ学ぶべきですか?

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

日本語を学ぶ上での大きな課題の一つは漢字です。このテーマについて、多くの人が尋ねる2つの疑問があります。漢字はいくつありますか。そして、日本語で漢字をいくつ学ぶべきですか?この記事では、これら2つのテーマについて説明します。

かんじはいくつありますか?

既存の漢字の正確な数を知ることは不可能です。中国は歴史を通じてさまざまな地域で何千もの漢字を作成し、日本も独自のイデオグラムを作成しました。そして、日本の歴史を通して、いくつかの漢字はもはや使用されていないか、めったに見られません。これらの理由から、日本語で正確な漢字の数を特定することは不可能です。

日本の歴史で使われている漢字を全部数えると、ひらがなが出る前に4万を超えるかもしれません。文部省はというリストを作成しました。 常用漢字(常用漢字)、  合計2,136カンジ。このリストは、日本語、新聞、テレビ、本などで最も使用されている漢字をカタログ化するために作成されました。

発表

初等教育で教えられた1006カンジと中等教育で教えられた939カンジ。何年にもわたっていくつかの漢字が使用されなくなり、いくつかが追加されたため、数値は正確ではありません。

いくつのかんじを学ぶべきですか?

量を気にせず、できるだけ多くのことを学ぶべきです。日本語では2,000を超えるイデオグラムが使用されていますが、流暢に話せるようにするためにすべてのイデオグラムが必要になるわけではありません。Learning 初等教育で教えられた1006 kanjiは、言語の80%を理解するのに十分すぎるほどです。

漢字を学びたいのなら、量にこだわるのではなく、日本人の学校で学ぶようにイデオグラムを学ぶことをお勧めします。つまり、 各漢字の書き方と読み方を学びたい場合は、 年間100から200のイデオグラムを学ぶようにしてください。

彼らの学習を改善するために、孤立したイデオグラムではなく、単語や文章を研究することをお勧めします。漢字だけでなく、日本語を学んでみてください。イデオグラムを暗記しようとしないでください。 学習したkanji の数を数えるのに時間を無駄にしないでください。

発表

個人的には、学んだかんじの量を数えるのは全く間違っていると思いますし、多くの人も同意していると思います。ルイス・ラファエルはこの主題について正確に話しているビデオを作りました、そしてあなたは以下を見ることができます:

Suki Desuは、Luiz Rafaelと協力して、より良い教育を提供してきました。それでもルイス・ラファエルの作品と彼のクローズドコースがわからない場合は、当社のWebサイトにサインアップし、ソーシャルネットワークで詳細を確認することをお勧めします。あなたも読むことができます この記事は日本のオンラインプログラムについて話します。