日本語はどのように書かれ、どのように読まれるのですか?

[ADS]広告

日本語の読み方は?それは逆ですか?逆読みですか?日本語の最も一般的な読み方は何ですか?縦か横か?日本語はどのように書かれていますか?この記事では、この質問とその他の質問に答えます。

多くの人は、日本語はアラビア語のように書かれ、逆に読まれると信じています。この考えは、逆に開いたマンガやいくつかの伝統的な本が原因で発生しますが、それは本当ですか?

また、以下を読むことをお勧めします。

日本語は逆に読んだり書いたりしますか?後ろ向き?

「日本語は逆読み?」の答えそれは明確なノーです。日本語は逆読みではありませんが、これにはいくつかの理由があります。

日本語はほとんどの西洋言語と同じように、左から右に読み書きされます。読み書きが逆に行われるアラビア語とは異なります。

マンガやライトノベルなどの伝統的な本が実際にそのように読むため、日本語は右から左に読むと多くの人が信じていますが、それには理由があり、逆に書かれているという意味ではありません。

毎日のニュースについての日本の朝日新聞の電子版

たてがき – 右から左へ縦に読む

新聞や一部の本での日本語の伝統的な書き方は縦書きです。この場合、一部の漫画で見られるように、実際には右から左に読みます。

昔は羊皮紙のように丸めた紙に筆で文字を書いていたので、この形が定番になりました。

このタイプの読み方は、文字通り縦書きを意味する [縦書き] と呼ばれます。すべてのテキストが上から下、右から左の列に書かれている場所。

この文章は主に、新聞、マンガ、ライトノベル、伝統的な本、パンフレット、広告などに見られます。一般的に出版物の表紙は洋書とは異なります。

ふりがな–漢字でテキストを読むことを学ぶ–追加する方法

縦書きの文章を右から左に読むということは、逆に書いたという意味ではありません。通常、表意文字や仮名は左側から書き始めるほどです。

真実は、ローマ字とは異なり、日本語は書くときに文字をつないでいないため、読むときにある程度の柔軟性があります.全てが楷書体で書かれているようです。

下の画像はひらがなの読み書き順が縦書きになっていますが、文字どおり左から右に書かれています。

かな:ひらがなとカタカナの決定的なガイド-日本語のアルファベット

横垣 – 左から右へ横書き

西洋では通常のように左から右に横書きすることを「横書き」と呼び、文字通り横書きを意味します。

この書き方は、第二次世界大戦後、外国の影響と日本の西洋化によって普及しました。そのような書き込みが存在しなかったわけではありませんが、以前は一般的ではありませんでした。

今日、横書きは非常に一般的であるため、学校、教科書、パンフレット、看板など、日本ではほとんどすべての生徒が横書きを使用しています。

テクノロジーの進歩に伴い、メッセージング アプリやその他のソーシャル ネットワークでは横書きが使用されます。日本語に翻訳された本や出版物も横に届きます。

清書の書明-日本語の聖書の本

日本語で最も一般的なスクリプトはどれですか?縦か横か?

縦書きと横書き両方が使用され、それはすべて著者の好みと編集慣習に依存します。

通常、2 つのスクリプトは一緒に使用でき、印刷または記述される場所の適切なスペースに収まります。

日本人にとっては、表意文字は何の関連もなく別々に書かれているので、それが書かれた順序は大した違いはありません.一部の年配の日本人は、縦書きの方がテキストを読みやすいと感じるかもしれません。

読むことをお勧めします: 木簡 - 日本古来の木板

右から左へ水平に読む

第二次世界大戦前、縦読みがより一般的だったとき、右から左へ読む習慣は、横書きがすでに右から左へ行われていたことを意味していました.

縦書きが一般的でしたが、紙面の都合やデザイン上の理由で、右から左へ横書きで読み書きされていました。

日本人はこの形式を縦書き以外の何物とも考えていませんでした。今日、この書き方は時代遅れであり、レトロのアイデアを伝えたい場合にのみ使用されます.

日本語はどのように書かれ、どのように読まれるのですか?

文法は逆です

左から右への書き方にもかかわらず、日本語を勉強している外国人をしばしば混乱させるのは、動詞が常に文末にある傾向があるSOV文法です.

日本語の文法は非常に単純ですが、この小さな変更が一部の学生の心に混乱を引き起こす可能性があります.

日本語の文の文法構造を理解するのに役立つ次の記事を読むことをお勧めします。 SOV構造 – 日本語の文章の作り方

この記事を共有する: