日本語の文字の入力方法

[ADS]広告

日本語は、従来の QWERTY キーボードよりも多くの文字を使用します。ただし、言語は引き続き英字を使用して入力できます。

一見すると、2 つの音節を含む書記体系が、それぞれ 69 の異なる文字 (ひらがなとカタカナ、またはまとめて仮名) で表される音で構成され、中国語から派生した数千のユニークで複雑な文字に組み込まれているように見えるかもしれません。 – 漢字 – 伝統的な英語の QWERTY キーボードを使用して言語を入力したい人にとっては、難しい問題になる可能性があります。それどころか、コンピュータで日本語をタイプすることは、いくつかの簡単な練習と 2 つまたは 3 つの例外を学べば、非常に簡単です。

また、以下を読むことをお勧めします。

日本語の文字入力を有効にし、

Microsoft IME Redaction Redaction Dictionary を使用すると、コンピューターを使用した日本語の入力タイプのリダクションを簡単に実行できます。 ESL の学生は、最初に英語のエッセイを書くか、Assignment Pay を使用してエッセイを完成させる必要があります。これにより、書き込みプロセスが簡素化されます。 

開始するには、日本語で入力するテキストのセクションを強調表示するだけです。次に、キーボードの左の「Alt」キーを押したまま「t」キーを押して、「Alt」キーを離さずに書き込みます。 

これにより、コンポーズ キーボード レイアウトが日本語に変更されます。次に、ローマ字入力方式を使用して日本語の文字で文言タイプを入力できます。日本語の入力が終わったら、「Alt」キーを押しながら「t」キーをもう一度押すと、通常の入力キーボード レイアウトに戻ります。そして、そこにあります!これで、コンピューターに日本語の文字を正常に入力できました。

キーボード-日本語のキーボードがどのように見えるか知りたいと思ったことはありますか?
日本語キーボードがどのように見えるか疑問に思ったことはありませんか?

日本語の単語を英字で入力する

日本語のコンピューター入力方法は、独創的でありふれたものです。日本語は、その最も基本的なレベルで、言語のすべての可能な音 (音節) を表す音節文字 (かなと呼ばれる文字のセット) を採用しているため、ほとんどの場合、文字の音を入力するだけで十分です。与えられた単語 残りはコンピューターに任せます。

たとえば、「友達」を表す日本語の単語「TOMODACHI」を入力するには、「to」、「mo」、「da」、「chi」の 4 つの音節を綴るだけで済みます。ひらがな入力モードでは、音声が完了すると (つまり、各母音の後)、各文字が表示されます。 4 つの文字に下線が引かれます。これは、コンピューターがそれらを 1 つの単語として受け入れる準備ができていることを意味します。 Enter キーを押すと単語が確定し、別の単語を開始できます。カタカナで単語を入力するプロセスは、選択した入力方法の場合と同じです。

前の例では単語をひらがなのままにしています。ただし、文字を漢字に変換するのは非常に簡単です。画面に 4 文字が表示された後、Enter キーの代わりにスペースバーを押すと、コンピューターが自動的にひらがなを最も可能性の高い漢字に変換して発音します。

紛らわしいことに、多くの日本語の単語は同じ音節で構成されていますが、まったく異なる漢字で構成されています.このため、スペースバーを押したときに表示される最初の漢字が、意図した単語の正しい漢字ではない場合があります。その場合、スペースバーをもう一度押すと、追加の漢字順列を表示するドロップダウン メニューがアクティブになります。

ひらがなと小さなカタカナの使い方とタイプ

例外: 日本語の助詞、「小さな TSU」と「NN」のタイピング

仮名の中には、上記の簡単なルールのマイナーな例外です。 「が」、「わ」、「を」などの文字 (長い「お」または場合によっては「を」で発音) は、単語を形成することに加えて、品詞を表します (ただし、仮名は例外です)。 「O」の場合)。 「GA」などの一部は、上記のように入力されます。ただし、他のものは、通常の音とは異なる方法で入力する必要があります。

会話で「わ」と発音される助詞は、文のトピックを表します。文字は、「は」と発音する単語形成で使用される仮名とまったく同じように書かれています。ところで、Do My Writing の言語学者は、目的の助詞の代わりにその文字を生成する "WA" と発音される別の文字があることに注意してください。そのため、"WA" 助詞を入力するときは、その例外を念頭に置くことが重要です。

もう 1 つの例外は、助詞「WO」です。繰り返しますが、同じ長い「o」音を持つ別の文字があります。粒子「WO」を入力するには、発音「O」の代わりに音節「WO」を入力する必要があります。これに続いて Enter キーを押すと、アンダースコアが削除されます。

日本語には、「小津」と呼ばれることもある「休止文字」もあります。この文字は、次の音節の最初の子音の一時的な休止または保持を表し、動詞の活用やさまざまなカウンターで頻繁に表示されます。次の音節を入力する前に子音の繰り返しを 1 回入力すると、小さい TSU が生成されます。たとえば、「three (things)」または「MITTSU」と入力するには、「mi」、「t」、および「tsu」と入力します。

最後に、おおよそ「NN」と発音される 1 文字があります。母音で終わらない唯一の仮名です。その最も近いおおよその音は、英語の「n」エンディング (「taken」など) の音であるため、上記のように「n」を 2 つ使用して綴られます。

日本語のタイピングのしやすさ

日本語で入力することは、単語の発音を入力し、いくつかの例外を覚えておくだけの簡単なことです。日本語を英語に入力するのがいかに簡単かを考えると、この入力方法が、多かれ少なかれネイティブの日本人がコンピューターで自分の言語を入力する方法であることは不思議ではありません。彼らがカジュアルなテキスト コミュニケーションで使用するスラングや無数の顔文字をすべて学習することは、はるかに複雑な作業です。

この記事を共有する: