日本語の感覚と味の味

[ADS]広告

あなたは日本語のすべての味を知っていますか?味覚をニッポン語で表現する方法をご存知ですか?この記事では、日本語の味が使用するフレーバーの感覚とそのいくつかについて詳しく説明します。

日本人は料理と味覚を非常に真剣に受け止めているため、うま味と名付けられた公式の味覚を発見することさえあります.彼らは多くのスパイスと少量の塩を使用して、料理に独特で独特の風味を与えています.

味は、特定の細胞、味蕾によって知覚される化学的感覚です。それらを通して、私たちは塩辛い、甘い、苦い、酸っぱい、そしてうまみの味を区別することができます。しかし、日本語でそれをどのように言うのか疑問に思ったことはありませんか?

また、以下を読むことをお勧めします。

日本語で味を言うには?

何かを食べたり味わったりするとき、日本語での味や感覚の表現は次のとおりです。

  • あじ [味] – Sabor;
  • おいしい [美味しい] – おいしい、上手い。
  • うまい [うまい] – 良い;
  • Love [甘い] – 甘い;
  • にがい [苦い] – 苦い;
  • Suppai [酸っぱい] – 酸っぱい;
  • しょっぱい [しょっぱい] – 塩辛い;
  • Umami [旨味] – うま味;
  • 塩辛い [塩辛い] – 塩辛い;
  • カライ [辛い] – 辛い;
  • 渋い [渋い] – 渋い。
  • まずい [まずい] – 不味い;
  • あつい[熱い] – 暖かい;
  • 冷たい [つめたい] – 霜;
  • あたたかい [温かい] – 暖かい;
Osensaçõesの味と味

日本語で何かおいしいとはどういう意味ですか?

何かがおいしい、おいしい、またはとても良いという日本語の言い方はいくつかあります。以下の式のいくつかを詳しく見てください。

おいしい [美味しい] – 何かを言うための一般的な言葉は、おいしい、おいしいです。食べ物以外にも用法があり、人が暑い、体が熱いなどの意味で使われます。

うまい [うまい] – おいしい、おいしい、美味しい という意味です。 「うまい」という言葉は、おいしいものを味わうときだけでなく、良いものを目の当たりにし、その結果に驚いたときにもよく使われます。上手い!

うまいはひらがな以外にもいくつかの漢字で書くことができます。

  • 美味い – Refere-se Literalmente a um bom gosto;
  • 旨い – Refere-se a algo delicioso;
  • 巧い/上手い – Se refere ao ato de fazer algo bom, inteligente, gostoso;

使用例:

  • うまく行く– umaku iku – うまくいく、成功する。
  • 日本語うまいですね – nihongo umai desu ne! – あなたはとても上手に日本語を話します!

発音は言葉の効果にも大きく影響することを忘れないでください。何かに対する好みを表現するときはいつでも、感情を表現する方法で話します。

Kekkou [結構] – フレーバーを説明するのにあまり一般的ではありませんが、食べ物が素晴らしい、素晴らしい、素敵でおいしいという意味で使用される場合があります。

  • Maiuu 【まいうー】うまいスラング。
  • Boono [ボーノ]はイタリアのブオノから来ています。
  • Maiyu [まいゆ] – gíria para umai;

特にレストランでの食事への感謝の気持ちを表すもう 1 つの方法は、「ごちそうさまでした」と言って食事を終えることです。

あまりにも読んでください: いただきますとごちそうさま–本当の意味は?

Osensaçõesの味と味
日本語の感覚と味の味

日本語で甘いとはどういう意味ですか?

何かが甘いことを日本語で表現するには、甘い [甘い] を使用します。これは、ナイーブ、準備不足、中途半端、過度に寛容、当たり障りのない、柔らかい、不十分、不完全、効果のない、ジューシーを意味することもあります.

ポルトガル語とは異なり、この言葉は、食べ物の味を説明していない場合に使用すると、否定的な意味を持つことがあります.ですから、甘いものを呼ぶときは注意してください。 例えば:

  • Niamae [人に甘い] –甘やかされて育ったまたは簡単な人を指す場合があります。
  • Amaeru [甘える] –平らにする、平らにする、与えることを意味します。
  • あまいははおや [甘い母親] -否定的に言えば、子供を甘やかす母親。
  • あまくかんがえる [甘く考える] –過小評価、準備ができていない、夢を見すぎている。

サワーは日本語で何と言いますか?

日本語で酸っぱいと言えば、すっぱい [酸っぱい] という表現を使いますが、幸いなことに酸っぱい以外の意味はありません。この単語は、主に酸性のものを指すために使用され、次のような文でも使用できます。

  • Sui mo amai mo [酸いも甘いも]良い時も悪い時も

酸味は、食品や調味料など、日本の食卓に欠かせない、毎日の味覚です。酸味については「酸味」という表現を使います。日本人が好んで消費する酸味のソースの 1 つは、梅干しといくつかのソースである酢、梅干しです。

あまりにも読んでください: 日本の梅とそのバリエーションである梅について見つける

Osensaçõesの味と味
日本語の感覚と味の味

ビターは日本語で何と言いますか?

日本語の苦味や苦みは「苦味」で表すことができます。日本語の苦いの形容詞はにがい [苦い] で、いくつかの日本のソースや有名な料理のゴーヤ チャンプルーに見られます。

あまりにも読んでください: ゴヤチャンプルー–苦い沖縄料理

苦味に加えて、日本語で「渋み」と呼ばれる渋みもあります。渋みは味ではなく機械的な感覚です。日本語で渋いものの形容詞は「渋い」です。

製品が消費されると渋くなり、乾燥効果が口の中と頬の内側の言語を満たします.渋みは、舌の味蕾によって「検出」される苦味と混同されることがよくあります。

Osensaçõesの味と味
日本語の感覚と味の味

うまみ-日本の味

5 つの基本的なフレーバーと味の 1 つと考えられており、世界中で認識されていますが、あまり話題にされていません。うま味は、甘味、塩味、酸味と同レベルですが、味について言及されることはほとんどありません。

うま味 [うま味] – 「心地よい塩味」と訳せます。この特定のスクリプトは、池田菊苗教授によって選ばれました。 「おいしい」を意味する「うまい」と「味」を意味する「味」の派生語です。

うま味は、マイルドだが長く続く後味で、表現が難しい。唾液分泌と舌のビロードのような感覚を誘発します。喉、口蓋、口の奥を刺激することができます。

この記事を共有する: