Nihon Shoki – As Crônicas do Japão

発表

日本商事 [日本書紀]は、日本の古典史上2番目に古い本です。文字通り日本書紀を意味するこの本は、古代日本の最も完全な記録を持っているので、歴史家にとって重要なツールであることが証明されました。

日本商事は、トネリ王子の編集監督の下、源氏皇后に捧げられた安丸の大の助けを借りて、720年に完成しました。この本はまた呼ばれます 日本書紀 [日本紀]は日本書紀を意味します。

日本書紀は、世界の起源と最初の7世代の神の存在(国之常立から始まる)を説明する日本の創造神話から始まり、古事記と同じようにいくつかの神話を続けますが、8世紀の出来事を通してその説明を続けます。

天智天皇、天智天皇、持統天皇の最後の王国を正確に記録していると信じられています。日本書紀は、善良な統治者の長所と悪い統治者の過ちに焦点を当てています。神話時代のエピソードや他国との外交関係について説明しています。

発表

日本商事は 中国語で書かれた 当時の公式文書で一般的だったように、古典的です。日本書記には、日本語で単語がどのように発音されたかを読者に知らせる多数の文字変換ノートも含まれています。

この本とコジキの物語を総称してキキ物語と呼びます。 浦島太郎の物語 日本書紀(雄略天皇、22年)での簡単な言及から、浦島のある息子が蓬萬山を訪れ、不思議を見たことが発展しました。

日本書紀-日本の年代記
浦島太郎

日本正樹の執筆

日本商事の編集は、天武皇帝が川島王子を含む12人に古いものを編集するように命じたときに来ました 帝国の歴史。このプロセスは、720年5月の一部まで実施されました。

舎人親王は皇帝の命令で日本書紀を編纂していた。彼はそれを完成させ、30巻の歴史と1巻の系図を提出しました。コンパイルプロセスは、通常、各章の文体分析を通じて研究されます。

カンジ文学で書かれていますが、一部のセクションでは日本の出版社特有のスタイルを使用しています。日本商事は、特に6世紀以来大和裁判所に保管され続けてきた記録に関する古い文書を統合したものです。

発表

また、法廷に仕える一族によって提示された文書や民俗学も含まれています。日本商事の前には、将徳王子と曽我のうまこが編纂した天王記と甲斐があったが、曽我邸に保管されていたため、一石事件の際に焼失した。

共同作業者は、今日存在しないいくつかの情報源を参照しています。これらの情報源のうち、百済(クダラキなど)の3つの文書は、主に外交を登録する目的で引用されています。

おそらくペクジェで書かれた記録が日本商事の引用の根拠となったのかもしれない。テキストによる批判は、ヤマトのためにペクジェの破壊から逃れた学者がこれらの物語を書き、日本商事の著者がこれらの情報源に大きく依存したことを示しています。

これは、古代韓国の新羅、ゴグリョ、ペクジェの間の古い歴史的な対立に関する声明に関連して考慮に入れられなければなりません。日本商事でのペクジェの地名の使用は、ペクジェの文書で使用された歴史を示すもう1つの証拠です。

日本書紀-日本の年代記
日本式執筆

日本商事の章

  • 第01章:神のようの神の牧;
  • 第02章:神のようのしものまき;
  • 第03章:(神武天皇)スメラミコトのカンヤマトイワレビコ;
  • 第04章:
    • (綏靖皇帝)スメラミコトのヌナカワミミカム。
    • (安寧天皇)スメラミコトの玉女式彦;
    • (懿徳天皇)大山人彦スキトモのスメラミコト;
    • (孝昭天皇)スメラミコトのスキトモミマツヒコ。
    • (孝安天皇)スメラミコトのヤマトタラシヒコクニオシヒト;
    • (孝霊天皇)スメラミコトの大山人猫彦布団。
    • (孝元天皇)スメラミコトの大山人猫彦国くる;
    • (開化天皇)スメラミコトの若山人猫彦大ビビ;
    • 第05章:(崇神天皇)美巻いりびこいにえのすめらみこと;
  • 第06章:(垂仁天皇)スメラミコトのイクメイリビコイサチ;
  • 第07章:
    • (景行天皇)大田良志彦大城覚のすめらみこと;
    • (成務天皇)スメラミコトの若タラシヒコ。
  • 第08章:(仲哀天皇)中津彦のすめらみことたらし;
  • 第09章:(神功皇后)沖永たらし姫の美琴;
  • 第10章:(応神天皇)スメラミコトのほむだ;
  • 第11章:(仁徳天皇)すめらみことの大笹木;
  • 第12章:
    • (履中天皇)いざほわけのすめらみこと;
    • (反正天皇)スメラミコトのミツハワケ。
  • 第13章:
    • (允恭皇帝)おあさずまわくごのすくねのすめらみこと;
    • (安康天皇)アナホのスメラミコト;
  • 第14章:(雄略天皇)大初瀬の若武のすめらみこと;
  • 第15章:
    • (清寧天皇)白鹿の武ひろくにおしわか大和猫のすめらみこと;
    • (顕宗天皇)すめらみことで目が覚めた。
    • (仁賢天皇)桶のすめらみこと;
  • 第16章:(武烈天皇)大津瀬の若笹木のすめらみこと;
  • 第17章:(継体天皇)スメラミコトの大戸;
  • 第18章:
    • (安閑天皇)ヒロクニオシスメラミコトでカナヒを取る。
    • (宣化天皇)スメラミコトでオヒロクニオシタテを取る。
  • 第19章:(欽明天皇)スメラミコトのアメクニオシハラキヒロニワ;
  • 第20章:(敏達天皇)スメラミコトのフトタマシキのヌナカクラ。
  • 第21章:
    • (用明天皇)立花の東洋用のスメラミコト;
    • (崇峻天皇)港瀬部皇女。
  • 第22章:(推古天皇)豊明柏屋姫のすめらみこと;
  • 第23章:(舒明天皇)スメラミコトの沖永たらしひひろぬか;
  • 第24章:(斉明天皇)愛豊田からいきしひたらしの姫のすめらみこと;
  • 第25章:(孝徳天皇)ヨロズとよひのすめらみことが大好き。
  • 第26章:(斉明天皇)愛豊田からいきしひたらしの姫のすめらみこと;
  • 第27章:(天智天皇)スメラミコトの平カスウェイクミコトが大好き。
  • 第28章:(天武天皇)あまの沼原沖のまひとのすめらみこと、神の巻;
  • 第29章:(天武天皇)あまの沼原沖のまひとのすめらみこと、下の巻;
  • 第30章:(持統天皇)高天原広野姫のすめらみこと;

どこで買う?

日本書記は、ポルトガル語または元の本と同じ方法では入手できません。ただし、英語で書かれている、または日本商事のいくつかのポイントを強調している可能性のあるいくつかのアマゾンの本を以下に示します。あなたがそれを好きだといいのですが!記事を読んでいただきありがとうございます。