日本料理に忠実な料理を作るためのコツ

発表

インターネットで見られるレシピを使って日本料理に挑戦するのが一般的ですが、料理を味わうことになると、食事がオリジナルに忠実になるように、細部が欠けていると感じます。これは、料理の準備が非常に慎重であり、材料の選択、料理の準備、さらには提供と食事の方法を含む一連の小さな手順に注意を払う必要があるためです。スキルを向上させるためのヒントをご覧ください。

切断技術を研究する

日本料理にはいくつかの切断技術があります、ほとんどすべてが私たちが慣れているものとは異なります:うすぎり、ななめぎり、らんぎり、小口ぎり、さのめぎりなど。名前を覚えるのは難しいですが、手順はとても簡単です。それぞれのテクニックは特定の成分を対象としています。カットは調理時の味に直接影響するため、信頼性の高い日本料理を調理する場合は、これが主なスキルの1つです。だから、これはあなたの料理を完璧にするために欠けているものかもしれません。

日本料理に忠実な料理を作るためのコツ

材料の選び方を知っている

ブラジルで日本料理を作るときに直面する最大の制限の1つは、材料にあります。市場で正確な製品を見つけるのは難しいことがよくあります。したがって、この点で行うことはあまりありません。しかし、日本と同じように食事を味わうためには、特にレシピに魚が含まれている場合は、常に新鮮な食材の購入に賭ける必要があります。これは私たちの手の届くところにあり、味と表現を大幅に改善します。

日本料理に忠実な料理を作るためのコツ

プレゼンテーションも重要です

「目で食べる」という表現は、実に力強いものです。ですから、日本で作った料理に忠実であっても、 パーソナライズされたプレゼンテーションは、気分を設定するのに役立ちます 足りないディテールを入れて、すべてを完璧にします。このためには、伝統的な箸以来、オリエンタルが使用するのと同じ容器、オブジェクト、キッチンアイテムを使用する価値があります。 状況ごとにカトラリーが表示されている完全なカトラリーでも、食べ物の味を大切にすることさえ。

発表
日本料理に忠実な料理を作るためのコツ

ソースから直接学ぶ

便宜上、ブラジルのチャンネルや東洋料理に関するページでレシピを探すのが一般的です。しかし、日本人の祖先であっても、料理の作り方は料理人の地域の文化に影響されることは避けられません。ですから、日本で作られた料理の内容を消費するのがコツです。まだ言語の知識がなくても、少なくともオリジナルの調理方法でビデオを見て、よく使われている技術を観察する価値があります。