日本の高齢者介護

[ADS]広告

日本では介護はどのように機能していますか?高齢者は人生観が良いので、よく世話をする必要があるのではないかと思います。 2055年には、日本人人口の少なくとも40.5%が65歳以上の高齢者になると推定されています。

これらのデータの懸念は、年齢制限があるため、年齢が高いほど注意が必要になることです。日本政府は、彼らが容易に老化できるようにこれを計画しています。残念ながら、すべての高齢者が彼らの世話をする家族を持っているわけではありません。

高齢者介護-日本の高齢者介護

Tradição

日本の平均的な高齢者は現在30%を超えています。それらを尊重して扱うことは何年もの間伝統であり、子供時代に始まります。間違いなく アニメを見る、あなたは高齢者がどのように扱われるかに気づいたかもしれません、彼らは尊敬されています、多くは一族/家族のリーダーであり、教師と知恵の源として保持されています。

日本ではお年寄りの休日もあります!敬老の日は9月の第3月曜日に祝われます。この日を祝って、日本人は野外活動のために街頭に出かけるのが一般的です。

日本は、スウェーデンやノルウェーに次ぐ、老後を最も楽しむ国のひとつです。人口が高齢化しているため、国はあらゆる意味で高齢者の介護が行われていることを懸念しているため、 練習問題。これにより、高齢者はより活発になり、その結果、公共システムに過負荷をかけないように注意を払う必要がなくなります。

高齢者介護-日本の高齢者介護

高齢者のための社会扶助

ブラジルの日本大使館によると、高齢者介護を提供できる家族の多くは、 家族のパターン 現在では一般的に親と子で構成されており、祖父母、叔父、いとこは必ずしもその一部ではありません。そのため、政府はこれらの高齢者、特に特別なケアが必要な人々を医療的および社会的支援を通じて歓迎する方法を作成しました。

全ての benefícios 高齢者の介護に関しては、主なものである古い法律に基づいています:高齢者福祉サービスに関する法律(Rojin Fujushi Ho)、1963年に発効。高齢者のための医療および健康サービスに関する法律の規定(Rojin Hoken Ho)。これらの扶助は、地方自治体の社会扶助事務所と呼ばれる 福士じむしょ.

高齢者の介護を正しく行うために、地域ごとのマッピングを行い、各高齢者の状況や必要な支援の種類を把握しています。 しゃかい福士修二 。高齢者は日常のケアや休憩所を利用できます( かいごろじんほうけんしせつ )、高齢者介護のための特別な家(とくべつよごろじんほむ)、認知症の高齢者のための集合住宅(ちほせい高齢者看板ぐるぷほむ).

1989年に「ゴールデンプラン」が策定され、1994年に改訂されました。この計画は、これらの高齢者の滞在、食事や運動などの特別なケアとサービスを改善することを目的としています。 2000年には、(1)介護サービスの基盤の整備、(2)高齢者支援策の推進、(3)高齢者の活性化対策、(4)の6つの計画で「ゴールデンプラン21」が発足しました。地域支援システムの整備、(5)利用者を保護・信頼する介護サービスの整備、(6)高齢者の健康と介護を支援する社会的基盤の確立。

高齢者介護-日本の高齢者介護

高齢者に有利な技術

日本は 非常にクレイジーな発明、これはしばしば非常に便利であり、高齢者の生活を楽にするためにこの機能を使用しました。 BBC ニュースは、日本の人々を助けるために 3 つの技術的方法を分けました。それらが何であり、高齢者にとってどのように役立つかを見てみましょう.

1 –記憶に問題のある人のための爪のQRコード

ほとんどの携帯電話には、情報に簡単にアクセスできるように、QR コード リーダー (クイック レスポンス コード、英語) が既に搭載されています。日本では、記憶障害に苦しむ高齢者にこの機能を追加しました。

東京の北に位置する入間市では、認知症の人は指やつま先に貼られたQRコードで監視されています。このアイデアは2016年に実装されました。

コードには、名前や住んでいる場所、電話番号など、高齢者に関する情報が含まれています。このサービスは、高齢者介護の一形態です。ただし、QRは最大2週間しか人に付着せず、防水性があるため、交換する必要があります。

高齢者介護-日本の高齢者介護

2 –ゴルフカート

高齢者の移動を容易にするために使用されるゴルフカートもあります。このサービスは自動で無料で、1日4時間機能します。これは、高齢ドライバーの交通事故を減らすのに役立つ方法です。

この車にはセンサーが搭載されており、時速6〜12kmの速度で最大3km走行できます。それは隠された電磁トラックを持っています。カートには独自のドライバーがあり、保護用のカーテンが付いています。このサービスは夜間は機能しません。

高齢者介護-日本の高齢者介護

3 –ロボット

日本は、高齢者の介護を支援するためにロボットに最も投資している国の1つです。 2013年だけでも、この種の高齢者介護に1,800万ドル以上が投資されました。 2006年、理研の新興問題科学研究センターは、高齢者を輸送するためのシリコンアームを備えた「Ri-Man」という名前のロボット看護師を開発しました。

「パロ」と呼ばれる別のアザラシのようなロボットが作成され、高齢者の会社を維持するのに役立ちます。アルツハイマー病やその他のタイプの認知症の人のために設計されました。

高齢者介護-日本の高齢者介護

この記事を共有する: