日本の貧困 – 貧しい日本人はいますか?

[ADS]広告

日本は豊かな国であり、失業率がマイナスで、安全が確保され、税金が組織的に使用されている世界最大の経済国の1つと見なされています。多くの人が、日本には裕福な人しかいないという幻想を抱き、最低賃金が5000レアで、生活費がブラジルよりもさらに低いと想像すれば、日本では貧困がゼロか非常に異なることを夢見ることができます。ブラジルの貧困より。

日本の文化にも問題があり、日本の働き方は結局2,000万人を貧困ラインに残し、そのほとんどが独身女性と高齢者です。もちろん、日本の貧困は世界中の多くの人々が想像している貧困とは異なりますが、人口の大部分は日本に住んでいます。 あなたの賃金を制限する.

貧困はめったに目に見えないかもしれませんが、それは 貧しい地域やスラム、 間に ホームレス、雇用市場ですべての信頼を失った人々、自然災害で物的資産を失った人々、または経費と負債を支払うためにすべての給与を使用する人々。私たちはすべての人に利益をもたらすわけではない資本主義システムの一部であるため、国を問わず、貧困は避けられません。

日本の貧困-日本人の貧しい人はいますか?

日本の独身の母親と貧しい高齢者

日本は、特に学校に子供がいる場合、独身の母親の経済的生活を困難にしています。多くの妊娠中の学生は、学校を中退するか、学校を中退して大学に行くことを余儀なくされることさえあります。これは、まともな仕事を見つける可能性に終止符を打ち、母親を工場で働くことに頼らせ、子供の一人の世話をしながら中程度の危険をもたらします。

独身女性や高齢者の就業見通しは一般的に良くありません。多くの日本企業は、強い若者だけを採用し、教育を受けていない、老後を迎えている、またはその他の特定の問題を抱えている人々を採用することを避けています。これらの人々が得る仕事は低賃金(平均給与の50%)であり、昇進の希望はありません。

独身の母親が政府の援助を受けているのか、高齢者が引退しているのかは関係ありません。彼らが受け取る金額は彼ら自身を支えるには不十分であり、彼らは家族に依存したり、くちばしを作って余分なお金を稼いだりします。盗む人もいますが、近年、日本で盗む退職者の割合が急増しています。

日本の貧困-日本人の貧しい人はいますか?

日本の路上で目に見える貧困

日本で技術的に「貧しい」日本人がどれだけいるのかはわかりませんが、悲惨な状況にある家や家族の列や、お腹がすいた人を見つけるのは簡単ではないと言っても過言ではありません。日本は貧困をうまく隠しているので、貧しい日本人がいるとは想像もできません。

東京のような大都市では、夜に路上で段ボールの上に横たわっている人々を見つけ、公園に現れて夜明けに姿を消すホームレスのテントを見つけようとします。そして、スープを手に入れるのを待っているほとんどの空腹の人々が並んでいます。もちろん、彼らは貧しいので、誰もが通りに住んでいるわけではありません。

誇りや政府や家族からの助けを決して受け入れないという考えなど、人を貧困の中で生きさせる多くの個人的な側面があります。他の人は単に家から投げ出されたり、何らかの個人的な理由で逃げたりします。いくつかはただクレイジーです、私たちはそのすべてを私たちの記事でカバーしました 日本のホームレスの人々.

真実は、缶を集めて、非常に低い報酬を提供する仕事をしている通りに住んでいる貧しい人々がいるということです。これらの貧困の例は、ひなまつりや山田太郎物語などのアニメやドラマで見ることができます。

日本の貧困-日本人の貧しい人はいますか?

日本で貧困を引き起こす他の理由

日本は豊かで安価な国ですが、日本社会では貧困の広がり方が異なるものもあります。日本で子育てをするのは非常に高額で、健康代も、公立学校も、無料でできるさまざまなサービスには、たとえ少額であっても一定の費用がかかり、貧困の原因となる可能性があります。

よく使われているにもかかわらず、税金も通常は低くはありません。給与の大部分は、家計や食費を支えるためによく使われます。日本はまた、素晴らしいレジャーと魅力的なエンターテインメントに支配されている資本主義の国であり、気づかないうちにお金を使い、多くの人を破産させます。

日本の貧困の側面は非常に明白であり、彼らが存在することを人々に納得させることは依然として不可解に困難です。金貸し、ホステスクラブ、ショー、売春、パチンコ、その他多くの要因が、多くの日本人の破産と奴隷労働に貢献しています。一部の子供たちは、成人期に両親と一緒に住んでいます 引きこもり 働かずに。

日本人が経済的困難に直面する理由はたくさんありますが、重要なことは、貧困が他の国のように高水準または重度でなくても、他の国のように存在し、社会の中にあることを明確にすることです。この件についてどう思いますか?私は他の記事で主題のより多くの側面をカバーできることを望んでいます。コメントありがとうございます!

この記事を共有する: