日本の藤沢のスマートシティを発見する

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

多くの時間を費やす交通渋滞のない生活を想像してみてください ガソリンスタンド。スマートフォンを使って自動的に医療の予約を取り、手入れの行き届いた緑地を通り抜けて電動自転車で仕事をするのはどういうことか考えてみましょう。日本の古い工場エリアに建てられた藤沢とその未来的で持続可能な生活へようこそ。 

イニシアチブは良い時期にやってくる。専門家によると、2050年までに10人に8人が都市に住むことになります。この急速な都市化の影響は心配です。惑星の未来は、多くの人が警告し、保証されたり失われたりする可能性があります。 大都市の都市計画

藤沢市はパナソニックが主導した600億円(7億4000万ドル)のプロジェクトです。この都市の発展に伴い、多国籍企業は日本で最初のスマートシティをゼロから構築したいと考えていました。

発表
Conheça a smart city de fujisawa no japão

市内に建てられたすべての家には、独自のソーラーパネルとオプションの水素燃料電池が付属しています。この構造のもう1つの大きな利点は、居住者が余剰エネルギーをコンセッショネアに販売することを選択できることです。市は2014年の初めに「発足」し、220戸の売り家がありました。

時間の経過とともに、このプロジェクトはさらに拡大し、2020年までに都市が完成することが期待されています。都市を統治する全体的な哲学は、一緒に形成される5つの柱に基づいています スマートシティの拠点:コミュニティ、モビリティ、エネルギー、安全性、健康。

プロジェクトによると、2020年にすべての建設が完了すると、市には少なくとも3,000人の居住者が住むことになります。さらに、市には600のタウンハウスと400のマンションが見込まれます。藤沢はまだ完成していませんが、すでに1,000人以上の入居者があります。市内の各タウンハウスの費用は約50万ドルです。 

ますます多くの人々が持続可能な家に興味を持ち始めており、このイニシアチブにはすでにブラジルに何人かの支持者がいます。ウェブサイトによると マゴデカサ、このトピックについてもっと知りたいと思う人が増えており、近年、家庭の電力消費量を測定する電子機器の販売が伸びています。「安価な技術ではありませんが、投資は節約によって相殺されます。アカウントと地球の世話をしている感覚」とサイトコーディネーターのルーカスコッピは言います。 

発表
Conheça a smart city de fujisawa no japão

官民18社のコンソーシアムが主導する藤沢プロジェクトは、自然災害の際に住民が停電を恐れないように街を建設しました。市は、そのエネルギー備蓄で3日間住民のニーズを満たす能力を持っています。 

藤沢建設の目的 

パナソニックは藤沢市の建設に伴い、二酸化炭素の排出量を削減し、市を可能な限り持続可能なものにしたいと考えています。この目的のために、住民はまた、エネルギーと水の使用における潜在的な廃棄​​物について警告されます。「炭素フットプリント」を削減するために、市はレンタル用の電気自動車も提供しており、街灯には車両や歩行者の接近によって作動するセンサーがあります。 

プロジェクトのもう一つの目的は、住民間の共同体意識を育むことでした。市は、コミュニティセンター、遊び場、庭園、ショッピングモール、住民の幸福にのみ焦点を当てた独自のウェルネスプラザなどの設備を提供することに誇りを持っています。

発表