いろ– 日本語のカラーガイド

日本語の色を知っていますか?日本語の色について話すことは、思ったよりも複雑になる可能性があります。その使用に関していくつかの重要なポイントがあります。日本語で特定の色を話す方法はいくつかあるかもしれません。 

一部の色は別の言語から採用され、カタカナで書かれています。形容詞として使うかどうかは言うまでもありません。この記事では、日本語の色をすばやく基本的に説明します。

日本語の色-プライマリ

日本語の原色は、「」という文字で終わる形容詞です。i-い「。しかし、「i」なしで色を書くことは決して間違っていません。私たちが見るであろういくつかの規則があります。私たちが見る前に プライマリカラーチャート:

レスポンシブテーブル: 指でテーブルを横に転がします>>
HiraganaKanjiRōmajiPortuguês
あかい赤いakaiVermelho
あおい青いaoi青緑
きいろい黄色いkiiroiAmarelo
しろい白いshiroiBranco
くろい黒いkuroiPreto

かんじの使用に気付く iroi-色 黄色は色を意味しますが、他の色はそれを必要としません。つまり、基本的にあなたが言っているようなものです: 黄色 のではなく amarelo。これらの小さな特性については説明しません。

緑と青が同じものであることに気づいたかもしれませんが、後で説明することを願っています。

日本語の色の形容詞

「」で終わる形容詞のように、物事を彩るi」あなたは単に名詞を前に置くだけです。

レスポンシブテーブル: 指でテーブルを横に転がします>>
HiraganaKanjiRōmajiPortuguês
あかいくるま赤い車赤い車赤い車
きいろいほん黄色い本きいろいほん黄色い本
しろいマグ白いマグ白井マグ白いマグカップ
くろいペン黒いペンkuroi pen黒のペン
いろ-日本語のカラーガイド
nyancatなしでカラー記事を侮辱するにはどうすればよいですか?

ただし、ある色であると言いたい場合は、単語から「i」を削除する必要があります。例:

レスポンシブテーブル: 指でテーブルを横に転がします>>
KanjiRōmajiPortuguês
車は赤ですkuruma waaka desu車は赤いです
本は黄色ですhon wakiiro desu本は黄色です
マグは白ですmagu washiro desuマグカップは白です
ペンは黒ですpen wa kuro desuペンは黒です

形容詞ではない他の色があるため、このルールは原色にのみ適用されます。i「。「」なしでフォームを使用することもできますi」は色を指します。

次のようなものを指すために、形容詞「i」を使用する必要はありません。

レスポンシブテーブル: 指でテーブルを横に転がします>>
KanaKanjiRōmajiPortuguês
あかワイン赤ワインakawainVinhoTinto
くろねこ黒猫Kuroneko黒猫

日本語で青と緑

実は緑を意味する緑(みどり)という言葉があります。ただし、TP いという単語は、状況に応じて「青」または「緑」のいずれかを意味する場合があります。 Aoi スペクトル全体として、すべての緑と青のトーンを指します。

車のように、青と緑の色の類似性に気付くことができます。緑であると言う人もいれば、青であると言う人もいます。それがこの言葉の目的です。

だから時々、私たちが何かを緑と呼ぶとき、日本人は Ao

レスポンシブテーブル: 指でテーブルを横に転がします>>
KanaRōmajiPortuguês
くさはあおです.Kusa wa Ao desu.芝生は青いです。
あおしんごうaoshingo緑色のライト(信号機)

Curiosidade:日本の信号機は、実際には西側の信号機に比べて少し青みがかっています。

日本人も海を考えています Ao、これは、海の水が遠くでは青であるのと同じくらい近くでは緑であることを考えると理にかなっています。

しかし、グリーンを指す言葉があることを忘れないでください: “Midori” 緑

日本語とポルトガル語で色
私たちはそれについてのテキストを書きました、あなたはそれを画像をクリックすることによって読むことができます。

日本語の他の色

他の色は形容詞ではありません」i「、そして問題はありません。

レスポンシブテーブル: 指でテーブルを横に転がします>>
KanaKanjiRōmajiPortuguêsNotas
こん- いろ紺色konまたはkoniro濃紺のトーン Ao (青緑)
みずいろ水色mizuiroライトブルー文字通り「水の色」、色合い Ao.
みどりmidoriverde英語の意味でも-明るい緑と暗い緑、の影 Ao
むらさきmurasakiバイオレット/パープル日本語では「紫」と「紫」の区別はありません
オレンジ (オレンジいろ) orenji(orenjiiro)laranja似たような色は daidaiiro (濃いオレンジ)
ピンク pinkurosa似たような色は Momoiro「桃色」
ちゃいろ茶色chairomarrom文字通り「お茶の色」
はいいろ灰色Haiirocinza文字通り「灰色」、別の言葉は nezumiiro 「カラーラット」
きんいろ金色kin’iroourokin 「金」の金属です
ぎんいろ銀色gin’iropratagin 「シルバー」メタルです
せいどう seidouEscarlate 
しゅいろ深緑shuiroverde濃い緑色
あかねいろ akaneiroBronze 
ももいろ桃色momoiroRosaモモは桃を意味し、桃はピンクです。
ベージュ黄緑べじゅきみどりBejeキミミドリは黄緑色を意味します
グレー GureCinza 
だいだいいろ橙色Daidaiiroダークオレンジ 
あいいろ藍色Aiiroインディゴブルー 
こげちゃいろ焦げ茶色KogechairoPardo 
やまぶきいろ茶色Yamabukiiro明るい黄色 
ターコイズ銅色たこずLilaz(漢字はアカガネイロです)
いろ-日本語のカラーガイド
色と言えば、これらの数字がどのように着色されているかを見てください...

多くの色、それは通常の単語(ゴールドやピーチのような)+ [色色]です。ですから、あるものが別の色だと言いたいのなら、[言葉] + [いろ色]と言います。

日本語色の例文

ほとんどの場合、形容詞「i」が付いている色とは異なり、粒子「no」を使用して、何かが特定の色を持っていることを示す必要があります。例:

レスポンシブテーブル: 指でテーブルを横に転がします>>
KanaRōmajiPortuguês
みどりのかばんMidori no kabanグリーンバッグ
紫の自転車Murasaki no jitensha紫の自転車

物が特定の色であるという言い方は同じままであることを思い出してください。例:自転車は紫です-Jitensha wa murasakidesu。

そして、「何色」というのは、「質問」という言葉を使うことができます。 なにいろ。

レスポンシブテーブル: 指でテーブルを横に転がします>>
KanaRōmajiPortuguês 
何色ですか.Nani-iro desu ka?これは何色ですか?
オレンジです.Orenji desu.そしてオレンジ。

さて、それは日本語の色のちょっとした説明でした。あなたがそれを気に入ってくれて、コメントを残して、ソーシャルネットワークで私たちを共有してフォローしてくれることを願っています。

あなたが訓練するために、色の発音のビデオを見てください:

この記事を共有する: