日本の作家ベスト10とその本

によって書かれた

ゴールデンウィークウィークが始まりました!無料の日本語クラスがいっぱいのイベント!ここをクリックして今すぐご覧ください!

日本で最も有名な日本人作家を知っていますか?日本文学を読む機会はありましたか?この記事では、最高の日本の文学作家について話し、あなたが読むのに最高の日本の本をお勧めします。

Os melhores escritores japoneses e seus livros

Haruki Murakami – O escritor surreal

村上春樹は、欧米で最も人気のある日本人作家の一人です。彼の書き方はシュールで、フランツ・カフカのスタイルに触発されたファンタジーの世界に完全に現実を残しています。

彼らのテーマは孤独、疎外、ロマンスを含み、通常は想像を絶する論理を打ち破ります。彼の作品はいくつかの賞を受賞しており、彼の最も有名な本は1q84、ノルウェーの森と羊の狩猟です。

私たちはすでに私たちのウェブサイトにについての完全な記事を書いています 村上晴樹。この有名な作家の本の詳細を知りたい場合は、コメントを表示して本を購入できるAmazonでアクセスできるように4冊の本を残しておきます。

Yasunari Kawabata – O CONQUISTADOR DO NOBEL

川端康成は、1968年に日本人で初めてノーベル文学賞を受賞しました。三島由紀夫に授与されることを望んでいたほど謙虚で親切な作家。

彼は詩と詩を含むテーマに非常に敏感に取り組み、時には憂鬱で禁じられた欲望や、悲劇と孤独に満ちた彼のライフストーリーの結果である他のテーマを伝えました。

川端靖成のスタイルは、超現実主義と印象主義の技術を、心理的でエロティックな物語に満ちた日本の美学と文化と組み合わせたものでした。

彼は1899年に生まれ、1972年に亡くなりましたが、彼の本は記念品であり、最近では多くの人々や作家さえも助けています。彼の作品のいくつかは、雪の国である京都、山の音、千のツルス、そして眠れる森の美女の故郷です。

Yukio Mishima – O SAMURAI MODERNO

三島幸雄は1925年生まれ、1970年に亡くなった小説家であり、そのキャリアの中で金閣寺、禁色、40冊以上の小説、詩、エッセイ、演劇などの成功した本を数冊書いた。

彼の最初の本の1つは、24歳で書かれ、「仮面の告白」と呼ばれ、すでに同性愛、社会でタブーであった主題について書かれていました。彼らのテーマは、伝統的な日本の文化に触発されました。

三島由紀夫は武士に触発された行動を取り、天皇に反抗するように兵士を説得することによってクーデターを届けようとしました。それがうまくいかなかったので、彼はコミットしました 切腹、侍のように腹を突き刺す自殺。

三島幸雄さんと川端靖成さんは友達が多かったので、二人のキャリアの中での物語やふれあいを語る本があります。手紙、芸術的な反省、そして友人の間の日常の事柄でいっぱいの本。

Junichiro Tanizaki – O contador de histórias

谷崎淳一郎は、現代日本文学の著者の一人であり、エロティシズム、フェチシズム、タブーをテーマにした有名な小説家でした。彼は1886年から1965年の間に住み、幼い頃から学校で書き始めました。

彼の作品は、日本人が直面した抑圧された過去と生涯にわたる彼らのロマンチックな関係を含む、彼の人生の出来事に触発されています。彼はまた、日本の封建的および伝統的なテーマについて書いています。

彼はスタンダールやオスカーワイルドなどの西洋の作家を日本語に翻訳しました。小説や短編小説で記憶に残っているにもかかわらず、谷崎淳は詩、演劇、エッセイも書いた。彼は見事なストーリーテラーとして知られていました。

Natsume Soseki – O rosto dos mil ienes

当時の有名な日本の哲学者兼作家 明治 1867年から1916年に住み、1984年から2004年にかけて千円札に顔を出しました。侍家に生まれ、東大を卒業する前に英語で教えていました。

セセキはイギリスの文学に触発され、37歳のときに「私は猫です」という本でフィクションを書き始めました。旅行のような作品は、西洋化と近代化の間に日本が経験した困難の象徴となっています。

彼は人気のボッチャン、サンシロ、ソレカラ、モン、ココロ、ミチクサの14の小説の著者です。以下の彼の作品のいくつかをフォローすることができます:

Kazuo Ishiguro – O escritor Nipo-britânico

石黒和夫は1954年に長崎市で生まれ、2017年にノーベル文学賞を受賞しました。幼少期をイギリスで過ごし、両文化の影響を受けて成長しました。

Seu sonho era se tornar músico, ele tentou várias vezes mas falhou em todas elas. Logo ele decidiu dedicar-se a escrita estudando nas universidades de Kent e East Anglia. Suas obras já foram traduzidas para mais de 28 países.

Antes de escrever os seus romances com drama e ficção, Ishiguro publicou contos e artigos em revistas variadas, na década de 1980. Seu sucesso e Nobel é resultado de grande força emocional presente em seus romances.

Kenzaburo Oe – Não matem o bebé

大江健三郎 彼は、人生と神話が凝縮されて今日の人間の困難の当惑するような描写を形成する想像上の世界を作り出すことができる彼の詩的な強さのためのノーベル文学賞を含むいくつかの賞を受賞しました。

彼は1935年に生まれ、彼の最も人気のある本は「個人的な質問」と呼ばれています。彼の作品はフランスとアメリカの文学に触発されており、広島への攻撃にさえ取り組んだ政治的、社会的、哲学的なテーマを扱っています。

彼は歴史を通して、戦いとアメリカと日本の軍隊によって引き起こされた不正に対するいくつかの政治的闘争に関与していました。彼は完全に原子力発電所に反対しており、福島事件の後で上訴した。

Matsuo Bashou – O poeta da era edo

松芭蕉は江戸時代の最も有名な詩人で、1644年生まれ、1694年まで生き、海海の連作を書いたことで知られていました。日本の伝統的な海海の規範を体系化して確立したのは彼でした。

彼の詩は世界中で認められており、全国の伝統的なモニュメントや場所に登場しています。彼は教師であり、彼の詩は日本中で知られていました。

Ele renunciou à vida urbana para vagar pelo país procurando inspirações para suas obras. Suas últimas palavras antes de morrer foram “Doente em viagem sonho em secos campos Ir-me enveredar”.

Hiromi Kawakami – A escritora Japonesa

川上博美は1958年生まれの日本人作家で、ノンフィクション、詩、短編、小説、文学的批評を書いています。彼女は東京で生まれ、1980年にお茶の水女子大学を卒業しました。

O trabalho de Kawakami explora a ambiguidade emocional, descrevendo os detalhes íntimos de interações sociais cotidianas. Muitas de suas histórias incorporam elementos de fantasia e realismo mágico.

Infelizmente apenas duas de suas obras foram traduzidas para o português do Brasil. Quinquilharias Nakano e A valise do professor, vencedor do prêmio Tanizaki.

Shusaku Endō – O Japonês católico

遠藤修作は、第二次世界大戦後、日本の最高の作家の3番目のグループに属しています。彼は数少ない日本のカトリック教徒の一人であり、宗教的な問題と国内のクリスチャンの困難に対処するいくつかの物語を書いています。

彼はリヨン大学でフランス文学を学びました。彼の作品は、彼の人生と子供の頃の経験、部外者であるという汚名、外国人であるという経験、そして病院での病気との闘いを反映しています。

Seus personagens costumam lutar contra dilemas morais que muitas vezes resulta em consequência de suas escolhas. Suas obras mais populares são “Silêncio”, “O Samurai e o “Escândalo”.

紫木部紫、阿久川竜之、阿部神戸、吉本バナナ

日本からは他にも有名な詩人、作家、小説家がたくさんいますが、残念ながらポルトガル語に合わせた作品がなかった人も少なくありません。それでは、それぞれについて少し話して、彼らの作品を紹介してみましょう。

紫木部 – Uma romancista japonesa, poeta e dama de companhia da corte imperial durante o Período Heian. Ela nasceu em 978 e morreu em 1031 e sua gênero literário era o waka。源氏のロマンスはポルトガル語で利用できます。

阿久川竜之介 – Foi um escritor japonês durante o período Taishou, ele é considerado o “Pai do Conto Japonês” e explora o lado negro da natureza humana com histórias ricas e cheias de detalhes.

阿部工房 – Um dos líderes do vanguardismo japonês, ele é até comparado ao famoso Kafka. Sua obra assim como do Haruki Murakami, aborda temas como surrealismo, existencialismo e até marxismo.

吉本ばなな – Filha do filósofo e poeta Takaaki Yoshimoto. Ela faz uso de refeências culturais ocidentais em seus romances para falar dos problemas da juventude japonesa.

有名な日本人作家のリスト

記事を読み終えたところで、最後に有名な日本人作家のリストを、何人かの生年月日と死亡日とともに共有したいと思います。この記事を楽しんでいただけたでしょうか。コメントと共有に感謝します。

  • Akazome Emon (956 – 1041)
  • Akiko Yosano (1878–1942)
  • Akiyuki Nosaka (1930–2015)
  • Ango Sakaguchi (1906–1955)
  • Asai Ryōi (1612–1691)
  • Aya Kitō (1962–1988)
  • Ayako Miura (1922–1999)
  • Ayako Sono (b. 1931)
  • Chikamatsu Monzaemon (1653–1725)
  • Chiyo Uno (1897–1996)
  • Denji Kuroshima (1898–1943)
  • Doppo Kunikida (1871–1908)
  • Edo Meisho Zue (1834)
  • Edogawa Ranpo (1894–1965)
  • Eiji Yoshikawa (1892–1962)
  • Fukuda Chiyo-ni (1703–1775)
  • Fumiko Enchi (1905–1986)
  • Fumiko Hayashi (1903–1951)
  • Futabatei Shimei (1864–1909)
  • 村上晴樹
  • Haruo Umezaki (1915–1965)
  • Hideo Oguma (1901–1940)
  • Hiratsuka Raichō (1886–1971)
  • Hisashi Inoue (1933–2010)
  • Hisashi Inoue (1934–2010)
  • Hokuetsu Seppu (1837)
  • Hyakken Uchida (1889–1971)
  • Hōmei Iwano (1873–1920)
  • Ichiyō Higuchi (1872–1896)
  • Ihara Saikaku (1642–1693)
  • Itō Einosuke (1903–1959)
  • Itō Sachio (1864–1913)
  • Izumi Shikibu (976 – 1027):
  • Jippensha Ikku (1765–1831)
  • Jun Ishikawa (1899–1987)
  • Jun’ichirō Tanizaki (1886–1965)
  • Juza Unno (1897–1949)
  • Kafū Nagai (1879–1959)
  • Kakinomoto no Hitomaro (662–710)
  • Kan Kikuchi (1888–1948)
  • Kansuke Naka (1885–1965)
  • Kenji Miyazawa (1896–1933)
  • Kenji Nakagami (1946–1992)
  • Kenzaburo Oe Natsume Soseki (1867–1916)
  • Kenzaburō Ōe (b. 1935)
  • Ki no Tsurayuki (872–945)
  • Kitao Masanobu (1761–1816)
  • Kobayashi Issa (1763–1828)
  • Kobo Abe (1924–1993)
  • Koda Rohan (1867–1947)
  • Kyokutei Bakin (1767–1848)
  • Kyōka Izumi (1873–1939)
  • Kōbō Abe (1924–1993)
  • Kōda Rohan (1867–1947)
  • Lafcadio Hearn (1850–1904)
  • Lafcádio Hearn (1850–1904)
  • Machiko Hasegawa (1920–1992)
  • Masaoka Shiki (1867–1902)
  • Masuji Ibuse (1898–1993)
  • Matsuo Bashō (1644–1694)
  • Meiji (1852–1912)
  • Michitsuna no Haha (935 – 995): Kagerō Nikki
  • Mitsuharu Kaneko (1895–1975)
  • Miyamoto Musashi (1584–1645): The Book of Five Rings
  • Mori Ōgai (1862–1922)
  • Motojirō Kajii (1901–1932)
  • Motoori Norinaga (1730–1801)
  • Murasaki Shikibu (973 – 1025): The Tale of Genji
  • Murasaki Shikibu 978 d.C.–1016 Saigyō (1118–1190)
  • Nakane Kōtei (1839–1913)
  • Naoya Shiga (1883–1971)
  • Natsume Sōseki (1867–1916)
  • Ogura Hyakunin Isshu (1235)
  • Ono no Komachi (825 – 900)
  • Osamu Dazai (1909–1948)
  • Ozaki Kōyō (1868–1903)
  • Ryōtarō Shiba (1923–1996)
  • Ryūnosuke Akutagawa (1892–1927)
  • Sakae Tsuboi (1899–1967)
  • Sakunosuke Oda (1913–1947)
  • Santō Kyōden (1761–1816)
  • Sawako Ariyoshi (1931–1984)
  • Sei Shōnagon (966 – 1017): The Pillow Book
  • Shigeji Tsuboi (1897–1975)
  • Shigeko Yuki (1900–1969)
  • Shōhei Ōoka (1909–1988)
  • Shūsaku Endō (1923–1996)
  • Sugawara no Michizane (845–903)
  • Sugawara no Takasue no musume (1008 – 1059): Sarashina Nikki
  • Sugita Genpaku (1733–1817)
  • Takeo Arishima (1878–1923)
  • Takiji Kobayashi (1903–1933)
  • Takuboku Ishikawa (1886–1912)
  • Tamiki Hara (1905–1951)
  • Tatsuzo Ishikawa (1905–1985)
  • Tatsuzō Ishikawa (1905–1985)
  • The Tale of the Heike (1212–1309)
  • Toyoko Yamasaki (1924–2013)
  • Tōson Shimazaki (1872–1943)
  • Ueda Akinari (1734–1809)
  • Yaeko Nogami (1885–1985)
  • Yamamoto Tsunetomo (1659–1719)
  • Yasunari Kawabata (1899–1972)
  • Yoko Ono Kamo no Chomei (1155–1216)
  • Yokoi Yayū (1702–1783)
  • Yonejiro Noguchi (1875–1947)
  • Yosa Buson (1716–1784)
  • Yoshida Kenkō (1283–1352): Tsurezuregusa
  • Yoshio Toyoshima (1890–1955)
  • 齋藤有希
  • Yukio Mishima (1925–1970)
  • Yuriko Miyamoto (1899–1951)
  • Yūzō Yamamoto (1887–1974)