ゲタ– 日本の木製靴

によって書かれた

映画に出ていても、誰かがゲタを着ているのを見たことがあるでしょう。なぜだろうと思ったことはありませんか?必要は何ですか?それはなんのためですか?この記事では、これらすべての疑問を取り除きます。

入手する 下駄は下駄とされ、下駄に似た木の土台があり、足が地面に接触するのを防ぎます。彼らは、などの伝統的な日本の服と一緒に使用されます 着物またはゆかた、&​​nbsp;または夏の間。 

下駄-日本の木製の靴

ゲタとは?

彼の目標は、足が雪や雨に触れないようにし、足を乾いた状態に保つことです。また、着物が地面に引きずられるのを防ぎます。最も単純な形では、下駄は一枚の木で支えられた厚い木製のサンダルです。一番下の木片は歯と呼ばれます(有る [歯])。 1本の歯だけで使用することは多くのバランスを必要とするので、今日ほとんどは2本の歯を持っています。

ゲタは通常、ゆかたやその他のカジュアルな服装でのみ着用されるため、靴下を着用する必要はありません。  giを使用するよりフォーマルなケースでは、 サンダル ゾリ 稲わらまたは他の繊維でできています。

下駄-日本の木製の靴

これらの高厚底靴を履く理由は、ファッションのためではなく、実用的な理由のためです。高価な着物を着ているなら、泥だらけにしたくないでしょう。 

ゲタを巻き込んだ好奇心

カランコロン- ゲタは歩くと音を立てます。この音は日本語では「カランコロン」と呼ばれています。

芸者- 芸者と舞子 (見習い)通常、ぽっくり下駄(または「ぽっくり下駄」と「ぽっくり下駄」)と呼ばれる下駄を使用します。ぽっくり下駄は非常に背が高く、通常、歯ではなく柳の木のブロックで作られています。 

下駄-日本の木製の靴

断線- ゲタワイヤーの断線が考慮されます 不運。このため、安い靴を買わない人も多いのですが、意外と壊れやすいです。壊れたときに修理する場所を見つけることはまだ可能です。

哲ゲタ- それらは3から5キログラムの重さの鉄のゲージです。それらは歴史的にの学生によって使用されてきました 武道 空手と同じように、足を強化します。

ゲタの種類

さまざまな種類があります 入手する、通常、それぞれの特別な機能によって分類されます。次に、既存の日本の詰まりの種類をリストします。

芦田 [足脱]-背の高い下駄;雨が詰まる;

山月 [山下駄]-山下駄、グロス下駄、通常は日本の杉から作られます。

こうし 【厚歯】-前後方向に太い歯が詰まっています。一部の学生からブンカラと呼ばれています。

柳ゲタ 【柳下駄】-柳でできた下駄。

うまげた [馬下駄]-異なる歯と正方形の杉で作られた祖先。馬の靴に似ています。

こまげた [下下駄]-どんな気候でも使える下駄。 17世紀後半に導入され、広く使用されています。すべてのために。

キリゲタ [桐下駄]-当初は黒く塗られていましたが、高級品として使用されていました。

哲ゲタ [鉄下駄]-木の代わりに下駄。

高ゲタ [高下駄]-縦方向に長い歯を持つ背の高い下駄。

タゲタ [田下履]-弥生時代の名残から抽出された、日本最古の履物。それらは水田や沼地で使用されたと考えられています。

一本葉 [一本歯]-山歩きに使用され、山で修行した僧侶が使用します。天狗下駄とも呼ばれる天狗の起源と言われています。

吉原ヶ田 【吉原下駄】-山下とほぼ同じですが、杉でできています。皮ひもは竹の皮でできています。

助六ゲタ 【助六下駄】-歌舞伎18「助六」で主人公が履いている下駄。デビュー(1713年)の時に人気を博しました。

うこんげた [右近下駄]-曲面のある歯のない障害物。足の周りが発掘されています。

ひよりりがた [日和下駄]-乾燥した天候で使用する下駄。

利ひさげた 【利休下駄】・千利休が発明したそうです。

あずまげた [吾妻下駄]-畳の中敷きの女性の下駄のタイプ。

日光ゲタ [日光下駄]-日光伝統。

小田原ヶ田 [小田原下駄]-小田原からは、歯の根が出ていないので交換できます。

神職下下駄 [神職用下駄]-サルセドートが使用する丸い白い合成皮革の下駄。

ポックリゲタ [ぽっくり下駄]-音からこの名前が付けられ、芸者や舞妓さんに使われています。

Getasukēto [下駄スケート]-スケートブレードの下駄。

ロボウ [露卯]-テーブルの上の歯のホゾを見ることができる、さまざまな歯の下駄。

はちつわり (やつわり)[八ツ割(ヤツワリ)]-歯のない下駄。

ゲタに関する動画

記事を終えるために、私はあなたが見るためにビデオを残します  getaが作る音、それがどのように使われ、それと一緒に歩くか。それが7つの頭のバグではないことを確認してください。

Compartilhe com seus Amigos!