日本の3つの最大かつ本当の謎

によって書かれた

この記事では、日本で大きな謎となった実際の出来事を見ていきます。都市の伝説とは異なり、これらは実際に存在するものであり、モンスターや悪魔について語られた物語ではありません。日本では、この記事で議論する歴史的な出来事、ピラミッド、その他多くの謎があります。

日本の不思議な地下ピラミッド

日本最大の謎のひとつは、ヨナグニという島で発見され、日本のダイバーによって発見されました。 荒竹喜八子 1995年、研究者たちはピラミッドが11、000年以上前のものである可能性があると述べています。

日本最大の本当の謎

与那国島の海底には、総面積28平方キロメートルの巨石遺跡が隠されています。記念碑の1つは、幅600フィート、高さ90フィートで、合計で高さ27メートル、幅182メートルを超えます。

これらのピラミッドは、スメリア、エジプト、インド、中国と同じくらい古い文明からのものであると主張する人もいます。メソポタミアのジッグラトとの類似点を見つけた人もいれば、アトランティス、レムリア、ムーであると主張する人もいます。この日本の謎についてどう思いますか?

悪魔の海-ドラゴントライアングル

まの海 [魔の海]はバミューダトライアングルの日本語版で、日本海の不思議なエリアで、いくつかのボートや飛行機が姿を消しました。その数はバミューダトライアングルよりもさらに多くなっています。

行方不明の船に加えて、あなたは識別せずに幽霊船やボートを見つけることができます。このエリアは東京から南にわずか100km、三宅島周辺にあります。領域はグアムと百万人以上平方メートルを合計マリーナ諸島に到達しました。

日本最大の本当の謎

1952年から1954年の間に、日本は悪魔の海で5隻の軍用船を失い、合計700人を失いました。その後まもなく、調査のために送られたさらに100人の科学者を失いました。

興味深いことに、悪魔の海はバミューダトライアングルと同じ緯度にあり、研究者はその場所に何らかのつながりやワームホールさえあると信じさせています。

日本人は、悪魔の海が日本で最も危険な海であるとは信じておらず、これらの悲劇は自然災害、火山、その他の異常なもののせいであると考えています。あなたなの?悪魔の海についてどう思いますか?日本からの大きな謎ですか?

本能寺の変の謎

当時の有名な本能寺の変 戦国、日本の統一を20年遅らせる責任があります。これは日本で最も人気のある物語の1つですが、今日まで議論や謎を生み出しています。

人々は1582年に起こった偉大な小田信永の殺害の背後にある動機を理解しようとしています。暗殺者明智光英は小田信永の信頼され尊敬されている将軍の一人であり、裏切りの場所は友人や仲間でいっぱいであり、安全を確保しました。

日本最大の本当の謎

なぜ光秀トライウ信永なのかは定かではない。原因は個人的な恨み、革命への恐れ、日本を征服したいという野心、あるいは日本の帝国裁判所を守りたかっただけだと考える人もいますが、13日後に織田の同盟国である信永に殺害されたため、謎に包まれています。

これらの日本の謎を知っていましたか?どう思いますか?あなたが好きなら、それはあなたのコメントを共有して残すことを忘れないでください。ありがとう、また会いましょう!

Compartilhe com seus Amigos!