日本の現状と教育問題

によって書かれた

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

日本は、技術志向の強い先進国として知られています。したがって、その教育システムは申し分のないものであり、さまざまな分野で世界クラスの専門家を訓練することができるように思われるかもしれません。それでも、それは現実にはほど遠いです。 THE 日本の教育 それは、子供たちが適切な教育を受けることを困難にするさまざまな不平等と条件に苦しんでいます。その可能性に関して、日本の教育は、国内の学生の教育条件と成果を改善するために再形成されなければなりません。日本の教育制度の特徴と問題についてもっと学びましょう。

Situação atual e questões sobre educação no japão

日本の教育の特殊性

日本は第二次世界大戦後に浮き沈みがあり、世界の多くの分野で独立した自信のあるリーダーになりました。あなたの教育システムもまた異なる時代を知っています。最も重要なポイントは次のとおりです。

  • 第二次世界大戦後の急速な回復により、安定した堅実な教育開発が可能になりました。       
  • 全体論的アプローチは、日本の教育システムの質の高さを保証しました。       
  • 教育システムは主に工学、技術、科学を中心としています。       
  • 日本は2015年に2番目に教育水準の高い国としてリストされました。       
  • 日本の法律は、さまざまな社会経済的背景を持つ学生に平等な教育の可能性を保証し、サポートしています。       
Situação atual e questões sobre educação no japão

調和、平等主義、社会的平等を具現化するという日本の教育の保証にもかかわらず、実際の状況は異なります。日本の教育制度は、豊かな未来を築く機会を与えるのではなく、現代の課題に追いつくのに苦労し、学生を制限しています。

日本の関連する教育問題

日本の教育には深刻な問題があり、学生を快適な学習条件と実りある結果で補完するために解決し、修正する必要があります。今日の日本の教育制度が直面している一般的な問題は次のとおりです。

Situação atual e questões sobre educação no japão
Situação atual e questões sobre educação no japão
  • 試験中心の教育–日本の教育システムの最も優れた特徴は、最大の欠点でもあると考えられており、試験中心の性格です。高等教育機関に入学するには、学生は可能な限り最高のスコアで入学試験に合格する必要があります。さらに、学校での生徒の成績や上流階級の活動の成果は考慮されていません。これは、教師が資料の退屈な暗記、ディスカッション、プロジェクト、その他のインタラクティブな活動をスキップすることにもっと注意を払うことを意味します。その結果、学生は分析的、創造的、その他の重要なスキルを身に付けることができません。       
  • フルスケジュール–ほとんどの学校、カレッジ、カレッジでは毎週の試験とテストがあります。これは学生のために自由と休息のための時間を残しません。彼らはカリキュラムに追いつくために週末と休日の間に一生懸命勉強しなければなりません。多くの学生がこのような忙しいスケジュールですぐに遅れるので、彼らは身に着けざるを得ません 安いライティングサービス 学校が主催する補足クラスに参加します。これは、自由時間の不足、学生の疲労、そして一般的な教育の質の低下につながります。       
  • キャリアガイダンスなし–試験中心のシステムは日本の教育に別の悪影響を及ぼします。日本の名門大学は、統一入試で最高得点の学生のみを受け入れています。それぞれ、学校の名声は、入学試験での生徒の成績に依存します。つまり、学校の教師は、生徒が試験に合格して一流の大学に進学する準備をすることに関心を持っているだけではありません。それ 学生への圧力 時間も将来のキャリアについて考える可能性も残さず、高等教育にのみ焦点を当てます。これは、一般的に、教育はその主な機能を果たしておらず、学生が成功する職業上の将来に備えることができないことを意味します。       
  • 国のカリキュラムの制限–国レベルで作成されているため、教育システムは学生のニーズと期待に応えられません。立法および国レベルで行われた間違いは、地域レベルまたは私立学校のイニシアチブによって修正することは合法ではないため、修正することはできません。つまり、学校やその他の教育機関は、結果や条件に関係なく、統一されたカリキュラムに従わなければなりません。これは別の問題につながります。学生には、カリキュラムで指示されたのと同様のペースと条件で勉強する以外に選択肢がありません。       
  • 時代遅れの教材–日本経済は急速に発展し、教育システムは国レベルで管理され、指示されているため、日本の教育は学生に最新の教材と学習条件を提供することができません。       
  • 社会的ギャップの拡大–日本の教育システムは、異なる社会経済的背景を持つすべての学生に対して平等で統一されていることが保証されていますが。実際には、状況は逆です。教育費は、大学周辺の名声やヤミ金融とともに上昇しているため、下層階級には入学するお金がほとんどありません。       

前世紀の日本の教育制度の急速な発展にもかかわらず、現在の状態はより良くなることを望んでいました。試験中心であるため、日本の教育システムは、関連性、個別のアプローチ、教えられた実践的なスキルと重要な結果を欠いています。それは、平等、実践的なアプローチおよびバランスの前述の保証された原則を満たしていません。