日本の技術と交通法

によって書かれた

ゴールデンウィークウィークが始まりました!無料の日本語クラスがいっぱいのイベント!ここをクリックして今すぐご覧ください!

日本は、市民の生活向上を目指す先進技術の活用と創造で世界的に知られています。ドライバーの生活を楽にするためにも適用されていますか?そして、交通法は世界で最も厳しい国の1つでどのように機能しますか?もう少し理解しましょう。

Tecnologias e leis de trânsito no japão

日本の交通法 

国内の他の法律と同様に、交通法も非常に厳しく、罰則は非常に厳しく、ドライバーを刑務所に連れて行くことさえあります。政府の厳格さとドライバーへの懸念により、国は国内の交通事故の数を大幅に減らしました。

Data SUSが実施した調査によると、1970年の死亡者数は10万人あたり約16.2人でしたが、最近では10万人あたり3.2人です。法律とその罰についてもう少し学びましょう:

  • 酔って運転しないでください

このルールは、いずれかの国では基本的なものですが、日本では、あなたがアルコールを飲んだ後運転キャッチされたとき、それは注意が必要です。運転手は、ライセンスの一時停止に加えて、摂取したアルコールの量に応じて、3年から5年の刑期を宣告される場合があります。 

  • 励ましたり、酔った運転手になったりしないでください

そうです、アルコールを飲んだドライバーと一緒に車に乗っていると、ペナルティも適用されます。もう一つの興味深い点は、運転手が彼の施設で飲み物を飲んだ場合、バーの所有者も罰金を支払うことができるということです。

  • 携帯電話を使って運転する

運転中に携帯電話を使用することの危険性はもはや誰にとっても秘密ではありませんが、日本では状況が少し変わる可能性があります。車種にもよりますが、罰金は25,000円に達し、運転手は最大3ポイントの免許を失う可能性があります。注目すべき点は、違反が再発するとドライバーが逮捕される可能性があることです。

  • 飲んだペダル 

昇る太陽の国で罰せられるのは自動車の運転手だけでなく、アルコールを飲んだ後に運転していると捕らえられたサイクリストも罰せられます。違反の結果にもよりますが、罰金は100万円に達し、最長5年の懲役が科せられます。 

これらは、日本が持っている多くの法律のほんの一部です。主なアイデアはブラジルのアイデアと似ていますが、罰則ははるかに厳しく、交通をより安全にします。交通の安全にも貢献するもう一つの要因は、国が提供する技術です。

Tecnologias e leis de trânsito no japão

トラフィックに適用されるテクノロジー

最近DETRAN-BAや他の州で適用された文書のデジタル化(CNHとCRLV)の場合のように、ブラジルがすでに新しい促進技術を使用していることは否定できませんが、日本は問題技術において数歩進んでいます。 。それらについて少し知り、その使用が国にとってどのように役立つかを理解しましょう。

  • スマートトラフィックライト 

スマート交通信号はその場で渡している車の必要性と量に応じて、トラフィックのエージェントと仕事としての役割を果たす。デバイスは、交通信号灯の正面に設置され、渋滞を回避する、自動調整時間を持つことになり、中央に送信される情報を、収集します。 

  • 公共交通機関

質の高い公共交通機関がある国は、交通事故が減ることを意味します。この国は、高速で、あるいは生態学的な輸送で知られています(いくつか)。 2020年にテストできる目新しさは、国の路上を一人で運転する自律型タクシーです。 

  • 高齢者向け機器

日本では65歳以上の人を巻き込んだ事故が多発しています。そのことを念頭に置いて、日本のエンジニアは、一般的に、車両の操縦や取り扱い中にドライバーを支援するデバイスを開発しました。この年齢層の人々の事故を減らすという考えです。 

技術と交通法が相まって、日本は最も安全に運転できる国の1つになっています。訪問または移動を計画している場合は、予期しない出来事が発生しないように、施行されている法律を知ることが重要です。 

エドゥアルドソアレス、SEOスペシャリストであり、読み書きに情熱を注いでいます