弁護士と日本の弁護士

[ADS]広告

弁護士と裁判官は、世界中で高く評価されています。それを念頭に置いて、この記事では日本の法律の仕事について少しお話しします。

日本では、弁護士は弁護士 [弁護士] として知られています。日本には、公法弁護士と私法弁護士の 2 種類の弁護士がいます。公的弁護士は政府のために働き、刑事事件を扱いますが、私的弁護士は個人や企業のために働き、民事事件を扱います。

世界最大の経済大国の一つであり、世界有数の金融センターである日本は、多くの国際弁護士にとって魅力的な目的地です。国の法制度は民法に基づいており、ドイツとフランスの法律の影響を強く受けています。

日本は、国際的な子の奪取の民事上の側面に関するハーグ条約の加盟国であり、外国仲裁判断の承認および執行に関するニューヨーク条約の署名国です。

また、以下を読むことをお勧めします。

日本で弁護士になる

弁護士が日本での業務を選択する理由はいくつかあります。この国には大規模で洗練された法律市場があり、国際的な経験を持つ弁護士には多くの機会があります。

日本の法制度は、その効率性と公平性で知られ、世界で最も優れたものの 1 つにランクされています。日本はまた、犯罪率が低く、生活水準が高い、安全で安定した国です。

日本で弁護士になるのは簡単なことではありません。まず、難しいことで知られる司法試験に合格する必要があります。試験を受けた人の約 10% だけが合格します。

司法試験に合格したら、2 年間の法律研修プログラムを修了する必要があります。その後、ようやく法律を実践できるようになります。

外国人で、母国ですでに司法試験に合格している場合は、日本でこれらの手続きを行う必要はありません。外国法事務弁護士として認定されます。

日本の法制度は非常に複雑で、弁護士はその中で重要な役割を果たしています。日本で弁護士になることに興味があるなら、長く困難な道のりに備えておくことが重要です。

日本の弁護士-もう少し知りましょう

日本の弁護士文化

日本の慣習が法的関与に対して一定の恐怖を与えているという歴史的事実.これは、儒教の教義と日本の調和の原則に基づいています。はい、日本文化の最も興味深い点の 1 つは、和の感覚に対する彼らの情熱です。

基本的には、刑事または民事の問題で法廷に持ち込まれた誰かが、公的および私的な屈辱を被ったと言っています。これは何らかの方法でハーモニーを中断するためです。もちろん、正義の介入が必要な場合もありますが、それは各個人の裁量に委ねられています。

弁護士の業界

100 を超える大学に学部レベルのロー スクールがあります。ここで日本のいくつかの大学をチェックしてください。そのため、大学で法律を学び、法とは関係のない企業に就職する人も少なくありません。ただし、弁護士になるには、ロースクールに通い、司法試験に合格し、LTRIを修了する必要があります。

2014年8月現在、日本の法律事務所に登録されている弁護士は35,031人であり、日本の弁護士の初任給は通常約1,000万円(US $ 100,000)です。つまり、確立された法律事務所と日本企業の約半分で。

木製の小槌と日本の国旗を判断します。法と正義。合法性の概念。

バー試験

現在、試験は私たちのOAB試験のようなものです。卒業生がテストされ、トレーニングの証明書を取得する場所。しかし、日本では、バー試験は職業生活への第一歩にすぎません。

試験は2つの段階に分かれています。最初のステップは、6つの法律と行政法に関する1日の迅速な対応試験です。第2段階は、公法、大陸法、刑法のエッセイと、受験者が選択できる科目(労働法、環境法、国際公法、国際私法を含む)に関する3日間の試験です。

さらに、ロースクールの要件が導入されました。すべての入試参加者は、2年または3年の大学院プログラムを完了する必要があり、卒業後5年以内に試験を受けることに制限されています。

日本のバー試験は、世界で最も難しい試験の1つとして知られています。2006年の構造改革後、バー​​パス率は上昇しているものの、障壁を越えた大学卒業生は約20%に過ぎません。

学生は5回しか使用できず、その後は失格となります。独立した私立学校で入学試験に合格するために勉強しているほとんどの学生。試験に合格する人の平均年齢は28歳から29歳です。

最高裁判所法務訓練研究所

入学試験に合格した者は、LTRIで実践的なスキルを学ぶための1年間のトレーニングプロセスに参加します。 LTRIのトレーニングは、グループトレーニング、クラスルームでの指導、およびフィールドトレーニングで構成されています。

LTRIは、訴訟スキルの指導に重点を置いています。学生がLTRIの最終試験に合格すると、弁護士、検察官、または裁判官になります。検察官と裁判官はLTRIによって厳選されています。

読むことをお勧めします: 日本のフランチャイズ:投資する8つのベストセグメントを発見する

日本の弁護士

日本の弁護士-もう少し知りましょう

とにかく、私たちが見ることができるように、弁護士になるための人生はまったく簡単ではありません。さらに、それは価値の低い職業である可能性が非常に高いです。誰も平和を壊したくない、というか、ほとんどの人が望んでいないのは猫です。

したがって、弁護士は最後の手段として残されています。しかし、特にここブラジルでは、法律事務所に頼ることは常に可能です。結局のところ、友達との会話ですべてを解決するよりも良いことはありますか?しかし、今はあなた次第です。コメントで記事についてどう思ったか教えてください.

ソーシャルネットワーク上でサイトを利用して共有すると、非常に役立ちます。また、日本の弁護士について質問や懸念などがあれば、コメントに残してください。もう、ここの記事を読んでくれてありがとう、さようなら。

この記事を共有する: