日本の店舗における誠実さと安全の例

発表

日本は人々の安全と誠実さで有名であり、人々が密集している場所でも、日本人は安全を気にしていないようで、人々の誠実さを信頼しています。この記事では、日本の店舗における誠実さと安全性の例をいくつか紹介します。

日本のすべての人が正直であるとは限らず、国が100%安全であるとは限らないことを心に留めておく必要があります。日本人は善行を目指して努力しますが、世界のどこにでも常に悪い人がいます。日本の誠実さと安全の例だけが他の国をはるかに上回っています。

私たちのような国では、正直な行為は愚かであると見なすことができます。日本では、何百万円も失った財布を持ち主に返還するのが一般的です。私自身、持ち物を一か所で忘れてしまい、日本人の正直さを体験しました。通りを歩くときの安全と静けさは言うまでもありません。

Exemplos de honestidade e segurança nas lojas do japão

発表

日本人は外見に関心があり、誰もが社会の基準や期待に応えるよう努めています。日本人は文化的に影響を受け、子供時代から規則を疑うことなく従うように教えられました。これは、日本の安全と誠実さを左右する主な要因の1つです。

日本の店舗のセキュリティ

ほとんどの日本人が社会の規範に従うよう努めているので、店主は彼らの顧客への信頼を築いてきました。たとえ少なくても、盗難の心配はありません。市内に点在する販売機は、安全装置の需要が少ないため、自信が高まります。

以下のビデオは、日本の店舗で誠実さとセキュリティがどのように普及しているかを示しています。

さまざまな店舗が、警備員やカメラなしで通りの歩道に製品を展示しています。人が少ないか多いかは関係ありません。店主は泥棒のことを心配せず、人を信頼します。ではない 必要 警備員またはカメラ。

発表

複数の店舗が1つのスペースを共有することは珍しくありません。いくつかの異なる店舗が同じ場所にあり、仕切りや壁はありません。店主は、あなたが店から何かを拾い上げて、あなたが去る前に支払うことを単に期待します。あなたが間違ったキャッシャーに行くことになった場合、彼らはあなたに製品の支払いをする正しい場所を教えてくれます。

店員が忘れ物を警告したり配達したりするために顧客を追いかけているという報告がいくつかあります。間違った変更であっても、正直さを示すのは店主または顧客の義務です。これに関連する問題のために警察に対処しなければならない人さえいました。

Exemplos de honestidade e segurança nas lojas do japão

安全と誠実さの例

公正で正直な社会と協力する努力に加えて、日本人もこれらのことをあまり重要視していません。金持ちの人の中には、金持ちに見えることを気にしない人もいます。いくつかの新聞は、あなたが大富豪の隣人であり、彼らの家があなたの家とまったく同じであるため、それを知らない可能性があると報告しています。

日本の経済情勢は正直に協力していると考える人もいます。これはある程度真実ですが、日本はいくつかの経済問題に直面しており、多くの日本人は賃金の限界に住んでいます。日本では盗む理由、機会、方法が不足していませんが、それでも日本人はこれを可能な限り避けています。

理由もなく読んだ人のために、この記事でそれを明確にする価値があります: これは相対的です! 完璧な世界には場所がなく、泥棒がいて、何人かの店主は心配して適切な予防策を講じています。彼らは法律を信じているので、悪いことはほとんど起こり得ないと信じています。しかし、彼らは泥棒の処分に高価な製品を置きません。

発表

Exemplos de honestidade e segurança nas lojas do japão

ブラジルの一部の店舗では、国の法律に依存していなくても、服や製品を歩道に置いています。同様に、日本人も店の窓に製品を置きます。日本とブラジルの唯一の違いは、日本人は正しいことをしようと努力しているということであり、法律はこれらの人々を支援するためにあります。

日本には他にも多くの正直さの例があります。私はすでに日本の正直さと安全の例について話しているいくつかの記事を書きました、私はあなたが読むためにリストを残します(ただクリックして完了してください)。