日本のトイレからの幽霊!

[ADS]広告

バスルームをなめるゴブリンからローカルバージョンのブラッディメアリーまで。日本のトイレは、そこに生息していると思われる幽霊の有名な伝説のいずれかを信じるなら、恐ろしいことがあります。この記事では、日本の浴室の幽霊のこれらの奇妙な伝説のいくつかを知るつもりです。

別名-名前

別名名を信じている限り、バスルームに掃除用品は必要ありません。汚れたバスルームに溜まった汚れを食べる日本の怪物「ダートサッカー」。この怪物は人間に似た体を持ち、ゴブリンの顔をしていて、ぬるぬるした髪、両足に伸びた爪、そして有毒な唾液を持った長い舌を持っていると言われています。有毒な舌で舐められない限り、別名は比較的無害です。

Hanako

第二次世界大戦中の花子という少女の幽霊と顔を合わせたくない場合を除いて、学校の3階にある3番目のバスルームの屋台には近づかないでください。 3番目の箱を3回叩いた後、花子が3回いるのかと尋ねると、髪の短い女の子と赤いスカートの女の子が現れるという噂があります。それは一般的に無害であると考えられていますが、最も恐ろしい話は、獲物をトイレに引き込んで溺死させると言っています。この伝説が悪名高い「BlondiefromtheBathroom」と類似していることに注目するのは興味深いことです。

別名クローク

別名マント(赤いマント)は、次の犠牲者を追いかけている間、彼のたまらなく美しい顔を覆うために赤いマントと白いマスクを身に着けています。物語のバージョンによっては、彼は自分の女性の獲物を見つけて、「赤いマントはいかがですか?」と尋ねます。犠牲者の答えが肯定的である場合、別名マントは犠牲者の皮膚を引きはがし、獲物を自分の皮膚で包み、犠牲者を赤いマントに奇妙に似たままにします。このひどい結果を避けるために、単に「いいえ、ありがとう」と答えてください。これにより、別名クロークは彼の道を離れ、彼は次の犠牲者に行きます。

Akamanto

鹿島玲子

伝説によると、鹿島玲子はバスルームで殴打され虐待された男性のグループに襲われ、彼女を死なせた。まだ意識があり、少女は這い始め、助けを求めて叫びました。彼女がどんなに大声で叫んだとしても、誰も彼女の声を聞くことができませんでした。ついに彼女は疲れ果て、名神高速道路沿いのいくつかの線路に落ち、そこで列車がやって来て腰を半分に切り、彼女を殺した。

今、彼女は「私の足はどこにあるの?」と言ってバスルームに出没し始めます。次に、「Vila ExpressaMeishinで」と言わなければなりません。そうでなければ、彼女はそれを半分に切るか、お土産を家に持ち帰ります:彼女の足。彼女が尋ねたら、「誰があなたにそれを言ったの?」 「鹿島玲子が教えてくれた」と答えた方がいいですし、別の足を切断する可能性もあります。

物語の別のバージョンは、彼女が彼女の手で動くとき彼女が作る音にちなんで名付けられた、テケテケという名前の同様に分割された女性を特徴とします。しかし、テケテケはトイレとは何の関係もありません。

赤井神、葵神

トイレットペーパーがなくなったことに気付くためだけにバスルームを使用しました。突然、近くの声で赤か青のどちらかを選択するように求められます。あなたはそれを奇妙なジェスチャーと考えることができます、そしてそれを知らずにあなたはちょうど赤海神、葵神(赤い紙、青い紙)の犠牲者になりました。いずれにせよ、あなたはすでに運命にあります。

赤いトイレットペーパーを使うことにした場合、赤マントは喉を切るか、体から皮膚をすべてはがします。それで、あなたは青がより安全だと思いますか?もう一度考えて。葵神はあなたを爆破して首を絞め殺し、顔を紫青色にします。

では、どうすればこの悪夢を乗り切ることができますか?一部のバージョンでは、異なる色で応答することを提案しています。これにより、ゴーストがスタックしたままになります。他の人は、それは犠牲者が地下世界に引きずり込まれる結果になるだけだと言います。最も安全な方法は、黄色に答えることです。これは、残念ながら、尿に浸ることを意味します。これは不快ですが、少なくともあなたはあなたの肌を無傷で逃げることができます!

インスピレーションの源:日本について。

この記事を共有する: