日本の学校はどうですか?50の好奇心とルール

[ADS]広告

日本の学校がどのように機能しているのか疑問に思ったことはありませんか?日本の教育制度はどのようなものですか?このガイドでは、日本の学校に関する事実、好奇心、ルールを紹介します。日本の文化に浸る準備をしてください。

日本人は彼らの文化、教育、誠実さ、安全保障、技術そして知性で有名です。これの多くは日本の学校での良い教育の結果です。日本の教育制度はまったく異なり、独特です。

他の国と同じように、日本の教育制度にも欠点があります。それでも、日本は常に教育ランキングのトップの座をフィンランド、スウェーデン、韓国と争っています。

公立も含めて全ての学校が支給され、支払いが困難な場合は政府が援助し、授業料は家庭の状況に応じて調整されます。日本の教育制度は、衛生、時間厳守、協力、チームワークを高く評価しています。

羨望を引き起こす日本の教育についての25の好奇心

日本の学年

日本の学年についてお話ししましょう。いつから始まりますか?日本の休日はいつですか?学年度中にどのような学校行事やお祭りが行われますか?日本人は遠足に行きますか?今調べてみましょう!

修学年限は「初学」6年、「中学」3年の計9年です。日本での授業は約 6 時間続きます。学校によっては、クラブやスポーツなどの追加の活動もあります。土曜・日曜は授業がありません。

日本では高等学校は義務教育ではありませんが、約 94% の中学生が高等学校に進学しています。

日本の教育制度-日本の学校はどのようなものですか?

学年は4月1日から始まります

エイプリルフールに日本人は勉強を始め、通常は入学式と呼ばれる入学式で迎えられます。桜が満開で満開なので、勉強するのに最も美しい時期です。閉会式もあります。

4月と5月頃、教師が生徒の両親を訪ねます。目標は、両親、家族の環境を知り、学生が学校の外で直面する可能性のある問題をチェックすることです。両親も年に数回学校で子供たちを訪ねます。

あまりにも読んでください: 花見ガイド–日本で花を鑑賞する

日本の学年には3つの四半期と休日があります

12月末から1月まで、日本人は2週間の休暇があります。3月末から4月まで、さらに2週間の休暇があり、7月と8月には、40日間に達する夏休みがあります。休日やゴールデンウィークは言うまでもありません。

学年度は3つの期間に分けられます。

  • Ichigakki -4月から7月-7月は30日から40日に相当する夏休みがあります。
  • Nigakki -9月から12月-12月には2週間しか続かない冬休みがあります。
  • Sangakki -1月から3月-3月に春休みがあり、4月に新学期が再開します。
羨望を引き起こす日本の教育についての25の好奇心

学校行事、お祭り、遠足

日本の学校にはお祭りがあり、学校は誰にでも開かれており、生徒たちは訪問者のために一種のフェアやショーを準備しています。また、運動会と呼ばれる学生同士が競うイベントや、スポーツや演劇のチャンピオンシップもあります。

学校では、小旅行、ピクニック、キャンプ、さらには学生との海外旅行を企画するのが一般的です。城や公園への小旅行もあれば、山中部で一晩滞在する小旅行もあります。

あまりにも読んでください: Undokai-日本の学校のジムカーナ

羨望を引き起こす日本の教育についての25の好奇心

日本の授業への好奇心

日本語科目には、国語、社会科、理科、数学、音楽、芸術、保健体育のほか、家事労働、工業労働、道徳教育、市民権などのさまざまな授業が含まれます。

成績と不承認がなければ、証拠は優先事項ではありません

小学校の時は、成績の入ったレポートカードはもらえず、つうちひょうという掲示板が届きます。この表には、学生のパフォーマンスに関するさまざまな情報があります。

その年の間、彼らは礼儀正しくマナーを身につけるように教えられています。失敗はありません。生徒のパフォーマンスが悪い場合、彼は回復します。高校生だけで、日本人の生活の中で間違いなく重要なテストがあります。

高校に入学すると、学生はどの学校に通うかを決定するためにテストを受けなければならず、大学に行くときも同じことをしなければなりません。この入試の準備に 3 年間丸ごと費やす人もいます。

クラブや課外活動があります

学校内の学生が運営する一部のクラブでは、学生は課外科目を選択する必要があります。

これらのクラブには、スポーツ、音楽、芸術、文化、料理、コンピューター、および学校の​​許可を得た創造的なアイデアなどの活動が含まれます。

あなたを嫉妬させる日本の学校についての25の楽しい事実

クラスと休憩の期間

各クラスの平均時間は 45 ~ 50 分で、その間に短い休憩があります。学生が一人で自由に勉強できる自習クラスがあります。学生はしばしば同じ部屋で勉強します。

あなたを嫉妬させる日本の学校についての25の楽しい事実

日本の学校の生徒に対する好奇心

日本の学校の生徒は十分な教育を受ける必要があります。授業の始めと終わりに、責任ある生徒がキリツと言い、他の生徒を起立させ、先生の前で敬意を表します。

また、彼らは自分の食べ物を取り、提供します。高校では食堂があるのが一般的ですが、それ以外の年では生徒は教室で昼食を取ります。保護者の方は、お子様のために芸術的なタッチを加えたお弁当を用意することがよくあります。

日本の学校、特に高校では、一部の生徒がからかわれてイジメ(いじめ)を受け、うつ病や自殺に至ることもあります。これは、日本の学校で発生する大きな問題の 1 つです。

あまりにも読んでください: いじめ–日本の学校でのいじめ

子供たちは6歳で一人で学校に行きます

これは、国が提供する安全に加えて、子供たちが責任を持って自立するための方法です。彼らは通常グループで行き、黄色いヘルメットをかぶって身分を証明し、一部の通りは通常、これらの時間に車の通行が禁止されています.

羨望を引き起こす日本の教育についての25の好奇心

基本的に彼らはランドセルと呼ばれる標準的なバックパックを着用します

子供たちは、この美しくパワフルなバックパックを就学初期に使用します。それらは高価であり、多くの場合、世代から世代へと受け継がれます.それらは非常に耐性があり、実用的でエレガントです。

小学生はグループで通学するため、背骨に負担をかけないように設計されています。高いコストにもかかわらず、これらのバックパックはファッショナブルになり、一部の伝統的な学校では義務付けられています。

学生は学校を掃除する責任があります

清掃は通常、グループに分けられ、それぞれが清掃を担当します。自分の食事を提供することに加えて、部屋、バスルーム、プール、コート、その他の学校施設を掃除することができる人もいます。

学校の外や近所でも掃除をすることがあります。小学校以来、彼らは自分たちの掃除の世話をするように訓練されています。一部の学校では、生徒は植物や動物の世話をする必要があります。

羨望を引き起こす日本の教育についての25の好奇心

ほとんどの学校では制服が義務付けられています

ほとんどの日本の学校では、制服が義務付けられています。ロゴ付きのシンプルなシャツの代わりに、各学校には独自のユニフォームがあり、独自のスタイルを持っています.制服を必要としない学校はほとんどありません。

これらの日本のユニフォームは通常セーラースタイルです。男の子はスーツを着、女の子はスカートを着ます。冬、夏、体操、水泳用のユニフォームがあります。小学校では、誰もが制服を着ているわけではありませんが、頭にヘルメットをかぶっています。

あなたを嫉妬させる日本の学校についての25の楽しい事実

日本の学校の規則

日本の学校でのルールや禁止事項を見てみましょう。物事は時間の経過とともに変化し、各学校は互いに異なることを覚えておく価値があります。したがって、すべてがかなり相対的であり、よりリベラルな学校もあれば、より厳格な学校もあります。

ここで取り上げるルールのほとんどは、中学校と高校の生徒 (12 ~ 18 歳) を対象としていますが、どの学年がどの学年に属しているか、またどの学校にそのようなルールがあるかは特定しません。すべての学校にそのような規則があるとは思わないでください。

外観ルール

すでに述べたユニフォームに加えて、外観を含むいくつかのルールがあります。

自然な見た目を変えることはできません。たとえば、髪を染める、化粧をする、カラーコンタクトレンズを着用する、眉毛を抜く、爪を塗るなどです。 

ジュエリーやアクセサリーを身に着けることはできません。たとえば、ネックレス、指輪、時計、イヤリングなど。もちろん、この領域には例外といくつかの許可があります。

冬の間は、明るい色のセーターを着たり、ユニフォームの上にコートを着たりすることはできません。グレー、ネイビー、ブラック、ニュートラルなどの色のみ。 これらはすべて学校によって異なります。 

男の子は長い髪や非常に大きなひげを持つことはできません。靴下は必須です。 女の子の前髪は眉を超えて伸びることはできません。短縮、塗装、色の変更など、ユニフォームに特定の変更を加えることはできません。

また、これらのルールはすべての学校に適用されるわけではなく、生徒と学校の見栄えを良くするために設計されたルールは他にもたくさんあります。

制服を着用する際には、これらの規則が学校の外にも適用されることを覚えておく価値があります.しかし、誰もがルールに従っているわけではなく、ほとんどの女の子は学校を休むとスカートを短くする傾向があります.

日本の学校はどうですか? 50の好奇心とルール

校則

授業の開始時と終了時に、生徒は起立してお辞儀をし、あいさつをします。学生は自分の食事を持参する必要があり、特定の食品や工業製品の販売と消費は許可されていません。

生徒はマンガを学校に持ち込むことはできません。学校では携帯電話を使用してはいけません。生徒が欠席する場合、保護者は理由を添えて電話する必要があります。任意のクラブへの参加が必要です (スポーツ、文学、音楽など)。

学校は、学生が特定の種類の仕事をしたり、仕事をしたりすることを許可していません。卒業間近の学生がアルバイトやバイトと呼ばれる雑用をすることはよくあることです。

日本の学校はどうですか? 50の好奇心とルール

一部の学校では、国の存在なしに子供がアーケードやカラオケに行くことを禁止しています。友達の家で寝ることさえ禁じられていることもあります。学生は門限(22:00)の前に家にいなければなりません。生徒は、教師に通知せずに追加のクラスやコースを受講することはできません。

誰かとの親密な関係を含め、学校や学生の名前を恥ずかしいことをすることは許可されていません。多くの の学生はこれらのルールを適用しないことを覚えておく価値があります。 

私たちのような他の国の学校には存在しないルールが他にもたくさんあります。規則がたくさんあるからといって、日本の教育制度は完璧だ、多くのことが教師に見過ごされたり無視されたりしている、いじめのケースが多い、一部の人が考えるほど日本人は従順で完璧ではない、などと考えないでください。

日本の教育に関するその他の好奇心

  • 中等学校や大学での教育は常に支払われ、公立のものでさえ有料です。
  • すべての日本の学校には、靴を履いて適切な靴を敷地内に入れるためのロッカーがあります。
  • 日本の学校の主な科目は次のとおりです。数学、言語研究、社会科学、工芸、音楽、体育。
  • 日本の義務教育は 9 年ですが、高校は義務教育ではありませんが、70% を超える学生が大学を卒業しています。
  • 日本の教育システムは、衛生、時間厳守、協力、グループワークに大きな価値を置いています。
羨望を引き起こす日本の教育についての25の好奇心
  • 学生は休暇中に宿題を受け取ります。
  • 一部の学生は学校に行き、週末でもクラブ活動に参加します。
  • すべての学校には、学生の食事と食事を担当する栄養専門家がいます。
  • 大学では、学生は好きな科目を自由に選択できます。大学は人生で最高の時期と考えられています。
  • 伝統的な科目に加えて、日本人の学生は日本の書道や詩のような伝統的なことを学ぶ必要があります。

日本の学年

日本の教育制度はアメリカの制度と似ていますが、大きな違いがあります。教育システムは、以下の表に示すように5つの部分に分かれています。

レスポンシブテーブル: 指でテーブルを横に転がします>>
IdadeGrauNome
3-4 幼稚園
(幼稚園 Yōchien)
4-5 
5-6 
6-71小学校
(小学校 Shōgakkō)
義務教育
7-82
8-93
9-104
10-115
11-126
12-131中学校
(中学校 chūgakkō)
義務教育
13-142
14-153
15-161中等学校
(高等学校 kōtōgakkō、略語。高校 kōkō)
16-172
17-183
19…大学-学部
大学 (大学寮):
平均期間は 4 年間です。

ブラジルと同様に、小学校では、教師が各クラスのすべての科目を教えており、平均して30〜40人の生徒がいます。教室内のクラスに加えて、学生は実験室内の課外クラスと実践的なクラスを持っています。高校では、生徒には数人の教師がいて、中には別の部屋でクラスを持っている人もいます。

ビデオ 日本学校について

日本の学校がどのようなものかについて少し示している以下のいくつかのビデオを参照してください。重要なことを忘れてしまったと思われる場合は、コメントも忘れずに残してください。コメントと共有をありがとう。

この記事を共有する: