日本の子供の歩き方は違う?

[ADS]広告

日本の子供たちは、他の国の子供たちと比較して、歩くという行為の発達が異なることが、Scientific Reports 誌に掲載された研究で明らかになりました。研究者は、サンプルに 3D 分析システムを使用しました。

観察したところ、歩き方は 日本の子供たち 2 番目の幼児期は年齢によって異なりますが、6 歳から 12 歳の間では歩行パターンは変わりません。この年齢層を過ぎると、他の文化と比較して発達が異なります。この研究では、彼らの歩行に関連して 4 つの違いが見つかったことを詳しく説明しています。

4つの理由

第一の理由はケイデンス、つまり1分間に歩ける歩数の増加であると考えられ、11歳から12歳の子供と6歳から8歳の子供を比較した。 2 番目の理由は、 11~12歳のお子様 年および9年から10年の間。 3 番目の違いは、11 歳から 12 歳の思春期前の若者の歩行中の膝の可動範囲の低下に関連しています。

そして 4 つ目は、子供が成長するにつれて、底屈の瞬間が増え始めることです。これは伸展とも呼ばれ、バレリーナのように指を下に向ける動きです。彼らは、歩行運動の開始時にこの動きを使用します。

科学者によると、この歩行の不一致に寄与する要因は、主に文化とライフスタイルです。しかし、彼らはまた、日本の子供たちの歩き方は健康に影響を与えないと主張しています.収集された結果は、整形外科治療の有効性にとって不可欠です。

子供たちは一人で日本の学校に行ったり来たりします!なぜなら?

お薬のお手伝い

科学者のグループ - からの専門家を含む 名古屋大学 それはからです 医療リハビリセンター Aichi Mikawa Aoitori – 調査のために 2 つの小学校から 6 歳から 12 歳までの 424 人の子供を評価しました。研究は、歩行に関与する力を理解することが、運動障害のある患者の治療に役立つ可能性があると結論付けています.

報告書は、日本の子供たちの「股関節と膝の屈曲角度と時空間的基準」は確かに異なっていることを示していますが、それは彼らの健康を妨げるものではありません.結果は、「正常な歩行と病理学的な歩行を評価するための重要なツールを提供します」。つまり、他の運動障害に対する整形外科的リハビリテーション治療の有効性を判断し、異常を特定することができます。この調査についてどう思いましたか?

子供たちは一人で日本の学校に行ったり来たりします!なぜなら?

この記事を共有する: