日本の原子力エネルギー– 事実と好奇心

みなさん、こんにちは。日本は原子力発電所に依存しているとほとんどの人が聞いています。そしてこの記事では、原子力についてもう少しお話します。日本とこの種のエネルギー生成との関係は、この媒体の中で最も危険なものの1つです。

その危険性の例としては、2011年の津波後に発生した福島の大事故があります。さまざまな予防措置と保護措置を講じた後でも、放射線のリスクは事故現場に非常に大きな影響を及ぼし、部品は完全に隔離されています。とにかく、私は記事を通してより冷静に主題を議論します。

日本とそのエネルギー産業

日本初の商用原子力発電所は1966年に稼働を開始し、1973年以来、原子力発電は国家の戦略的優先事項となっています。これは2011年の福島事故後に問題になりましたが、確認されています。結局のところ、それは欲しがってやることだけで解決できる状況ではありません。

2011年までに、日本は原子炉から約30%の電力を生成し、2017年までに少なくとも40%に増加すると予想されていました。現在の見通しは、枯渇した艦隊からのその3分の2です。

現在、42台の原子炉が稼働しています。最初の2台は2015年8月と10月に再起動し、その後7台が再起動しました。17台の原子炉は現在承認を再開中です。これは、2011年の核事故の後でも、なぜ彼らがこれを行っているのかについて、私たちに重い疑問を残します。

核兵器の壊滅的な影響を受けた唯一の国であるにもかかわらず、日本はかなりの量の電力を生成するために核技術の平和的利用を採用しました。

しかし、19,000人が死亡し福島核事故を引き起こした津波の後、法的な犠牲者を出さなかったにもかかわらず、その地域の人々の心身の健康に大きなトラウマを残し、日本中の多くの人々に後悔を感じました。世界中の人々。

それに伴い、国民の感情も劇的に変化し、原子力発電の放棄を求める国民の抗議が広まりました。 この大衆の感情と信頼性が高く手頃な電力供給の継続性とのバランスが政治的に議論されています。

日本の原子力発電-事実と好奇心

日本のエネルギー事情

日本の鉱物とエネルギーの不足は、20世紀の政治と歴史に大きな影響を与えました。今日では、一次エネルギー需要の90%以上を輸入に依存しています。 これは日本の規模の国にとっては非常に少ないです。

彼が第二次世界大戦の損失から回復し、彼の産業基盤が比較的短期間で成長したとき、彼は化石燃料、特に中東からの石油の輸入を必要としていました。この地理的および商品の脆弱性は、1973年のオイルショックにより不安定になりました。

当時、日本はすでに核産業が成長しており、5つの原子炉が稼働しています。 内部エネルギー政策の再評価により、特に重要な核建設プログラムを多様化するための措置が講じられました。 非常に重要な焦点が当てられました。国の石油輸入への依存を減らすことについて。

しかし、2011年10月の福島事故後、政府は核エネルギーの役割を減らそうとしたが、国民を満足させるには不十分であり、選挙でほとんどの政治家の地位を失った。

福島事故後の政府

新政府は2014年に第4次基本エネルギー計画を採択しました。20年の進展があり、核エネルギーは基本料金の基本エネルギー源であり、需要に応じたエネルギー供給を得るために安全に使用されることを確認しています。地球温暖化防止策であることに加えて。

2015年、政府は、基本負荷源が2030年までにエネルギーの60%を供給し、その3分の1が原子力発電になることを意味すると宣言しました。地球革新技術研究所の分析によると、エネルギーコストは現在の状態と比較して年間200億ドル削減されると推定されています。

同時に、43の石炭発電プロジェクトが計画または進行中であると報告されました。 消費が20%増加した石炭エネルギーの復活と同様に、日本からのLNG輸入は2010年に約200億ドル増加しました。 2013年には700億ドル。

核計画の開発

詳細を空白にしないために、これまでの日本の状況の概要をこのトピックに関連して示しただけですが、これからは問題をより深く掘り下げて議論しますが、それを維持するように努めます。同じレベルの容易さ。理解において。

核研究プログラムは1954年に開始されました。 核技術の使用を平和目的に厳密に制限する基本原子エネルギー法は1955年に可決されました。この法律は、民主的方法、独立した管理、透明性という3つの原則を推進しました。核研究活動の基盤。

1956年の原子力委員会(JAEC)の発足は、原子力エネルギーの開発と使用を支援し、その直後に、この主題に関する他のいくつかの機関が設立されました。

日本の原子力発電-事実と好奇心

日本の原子力エネルギーへの第一歩

日本で最初に発電した原子炉は、沸騰水型原子炉のプロトタイプでした。日本電力実証原子炉(JPDR)は、1963年から1976年まで運転され、後の商用原子炉に多くの情報を提供しました。彼は日本の歴史に特別に参加していると思います。

日本は、英国から最初の商用原子炉である東海1-を輸入しました。これは、GECによって建設された160 MWeのガス冷却炉(マグノックス)です。 1966年7月に運用を開始し、1998年3月まで継続しました。

このユニットが完成すると、濃縮ウランを使用する軽水炉(LWR)、または沸騰水型原子炉(BWR)または加圧水型原子炉(PWR)のみが建設されました。早くも1970年に、これらの原子炉の最初の3つが完成し、商業運転を開始しました。

間もなく、日本企業は米国からプロジェクトを購入し、次のステップを管理するためのライセンスを取得したため、これらのユニットを構築する能力をすでに獲得していました。 Hitachi Co Ltd、Toshiba Co Ltd、Mitsubishi Heavy Industry CoLtdなどの企業が能力を開発しました。独自にLWRを設計および構築します。

日本の原子力エネルギー改善策

技術が常に進歩するにつれて、原子炉はいくつかの側面で罪を犯し、その操作のために絶え間ない見直しを必要としたため、改善する必要がありました。間もなく、日本政府は、国にとって非常に重要になったこの技術の開発と改善を支援するための措置を講じました。

そして1975年に、LWR改善および標準化プログラムは、通商産業省(MITI)と原子力産業によって開始されました。彼は1985年まで、LWRプロジェクトを3つのフェーズで標準化しようとしました。

フェーズ1と2では、既存のBWRプロジェクトとPWRプロジェクトを変更して、運用と保守を改善する必要があります。プログラムの第3フェーズには、原子炉のサイズを1300〜1400 MWeに増やすことと、プロジェクトの大きな変更が含まれていました。これらは、Advanced BWR(ABWR)とAdvanced PWR(APWR)になります。

日本の原子力エネルギー研究センター

プログラムを作成するという同じ目的で、日本政府はこの分野を支援するためにいくつかの研究センターも作成しました。これは、彼がこの技術を進歩させることに関心を持っていたことと、核エネルギーが国内で得られていることの重要性を示しています。

1990年代後半までの研究と燃料サイクルの主要な中心地の1つは、PNC。&Nbspとしてよく知られているPower Reactor and Nuclear Fuel Development Corporationでした。その活動は、オーストラリアでのウラン探査から高レベル廃棄物の処分にまで及びました。

しかし、2つの事故とPNCからの不十分な対応の後、政府は1998年にPNCを最も完全な核燃料サイクル開発機構(JNC)として再構成しました。その目的は、高速再生原子炉の開発、高燃焼燃料の再処理に焦点を当てることでした。 、とりわけ。

しかし、すぐにJNCとJAERIは2005年に合併し、現在重要な統合核研究開発組織である日本原子力研究所(JAEA)の創設を担当しました。今日まで果たす役割。

日本の原子力発電-事実と好奇心

エネルギー政策の変更

福島の事故により、政府は核エネルギーに関する2つの活動の多くを中止せざるを得なくなった。これは、国民自身からの圧力と、今回の事故による国外の圧力と、地震後に国内で起こった悲劇によるものである。世界中のニュースになっています。

これらおよび他のいくつかの理由により、政府は国が巨大な規模のエネルギー危機に苦しむことがないようにいくつかの変更を行わなければなりませんでした。そして、そのうちのいくつかについては、これから説明します。

2011年7月、エネルギー環境評議会(EnecanまたはEEC)は、2050年まで日本のエネルギーの未来を推進するために、国家政策ユニットの一部として、日本の民主党(PDJ)事務所の内閣によって設立されました。

この機関の目的は、国家政策が将来の原子力への依存に焦点を合わせるのを助けることでした。そして彼の最初の勧告は、原子力エネルギーの電力への貢献は、中期的には0%、15%、または20-25%に向けられるべきであるというものでした。

原子力委員会(JAEC)と中央環境評議会は2011年にエネカンの指揮下にあるように見え、2012年に以前の状態に戻った。一方、三井や三菱などの大企業は、LNGの生産能力に多額の投資を始めています。

最近のイベント

2015年6月、2030年までの政府の発電計画が承認された。これは、2030年の20-22%の原子力、再生可能な22-24%、LNG 27%、および石炭26%でした。目標は、2013年のレベルと比較して2030年までに21.9%のCO2排出量を削減し、エネルギー自給率を2012年の6.3%から24.3%に改善することです。

同年7月、政府は2014年度のエネルギーに関する白書を承認した。化石燃料からのエネルギーの割合が4年間で62%から88%に増加したことが示された。

また、原発停止による燃料費の増加は、2011年に23億円、2012年に31億円、2013年に3.6兆円(2014年3月まで)であった。国内のエネルギー費用は、4年間で平均13.7%増加しました。

2017年7月、内閣は、JAECが2年間にわたって開発した、公開協議を含む核エネルギーの使用に関する基本概念プロジェクトを承認しました。 核エネルギーの安全な使用の基本目標を達成するための8つの優先活動について説明しています。その利益を促進する。

日本の原子力発電-事実と好奇心

私の意見

正直なところ、原子力発電所は社会にとって危険だとは思いません。私は、権力を示す手段として核エネルギーを使用している国々や、戦争の武器としての役割を果たすことのみを目的としたロシアや米国とその原子兵器庫をもっと批判したいと思います。

海外では、インフラやセキュリティに関しては通常怠慢ではなく、商業、都市、国内、産業のインフラを問わず、常にお客様のニーズを満たす技術を開発しています。お金を稼ぐことだけを考えている怠慢な国とは異なり、彼らは常に改善を目指しています。

その上、日本がブラジルのように天然資源に恵まれているわけではありませんが、平野ほど資源は非常に限られています。知らない人にとって、日本は主に山岳国であり、平野が少ないのでスペースが必要であることを説明しています。

このテーマについては意見が異なります。コメントにあなたの意見を残して、私たちが同意しないか同意するかを確認してください。しかし、最初に覚えておいてください。事故は、当時日本を襲った巨大な津波が原因で発生し、何千人もの人々が亡くなりました。そして、地震は工場のユニットに与えられた損害の原因ではありませんでした。

さて、この記事は以上です。質問、提案、批判などがあれば、コメントを残してください。また、この記事をこれまでと次の記事まで読んでいただき、ありがとうございます。

研究ソース;

この記事を共有する: