日本のマスコット– 好奇心とかわいらしさ

発表

日本だけでなく、マスコットは世界各地に散らばっています。企業はペットを使用し、サッカーチームはペットを使用し、ゲームでさえペットを使用します。日本はほとんどどんな状況でもペットを使います。場所、都市、地域、テレビ局、イベント、組織、空港、アニメ、観光スポット、政府、さらには道路標識を表すマスコットを使用するのが一般的です。

なぜマスコットがこんなに多いのか不思議に思ったことはありませんか?まず、大企業や組織がペットをよく使用する理由を分析する必要があります。マスコットの主な焦点は、完成品、場所、または製品のマーケティングです。しかし、マスコットの本当の意図は何か大きなものであり、会社にアイデンティティと個性を与えます。人々は他の人と話したり、付き合ったり、購入したりすることをより快適に感じます。派手な名前の会社は、彼らに個性を表現して示すために何かを必要とします。そのため、マスコットを使用します。

日本が影響を受けていることはすでに知っています カワイイ文化しかし、考えるのをやめると、マスコットの数が多いのは、日本の恥ずかしさ、社交の難しさ、その他のいくつかの文化的要因によるものです。これをよりよく理解するには、日本のマスコットを分析する必要があります。日本のマスコットを指す最も一般的な用語は ゆるキャラ (またはゆるキャラ)。これらのマスコット、音楽、ゲーム、プレゼンテーション、テレビ番組などについて、いくつかのものが作成されます。

最も人気がありかわいい日本のマスコット

記事の前半に、いくつかのペットの写真があります。最初 ふっかちゃん 深谷の街を代表するウサギとセルボの交配です。2番目は カパル 四季市のカッパ洋会のバージョン。そして3番目は エビーニャ エビの帽子(えび)といちごの体をした、エビナの街の陽気なマスコット。

発表

最も有名なマスコットは くまもん それは彼らが弾丸列車を開いたときの熊本の街を表しています。もう一つのかわいいマスコットは ちはなちゃん それは千葉の街とその美しい花を表しています。

日本のペット-好奇心とかわいらしさ

それから私たちはかわいい ヤチニヤン、志賀市日根にある商店街や四番町広場に観光客を惹きつけるために作られた子猫。続く名前の緑のクマ アルクマ。長野のさまざまなスパイスを表すいくつかの帽子で作成されました。各帽子は、リンゴ、栗、柿、キノコ、レタス、そば、ワインなど、1つのものを表しています。

日本のペット-好奇心とかわいらしさ

タガタン 田川市の鉱業・建設業を代表するほくろです。 佐野丸 東京に近い佐野市を宣伝するために作られたかわいい侍です。お椀型の帽子と、佐野ラーメンなど街の名物を代表するアクセサリーを持っています。

発表
私にとっては Yachinyanはかわいいペットです... 

日本のペット-好奇心とかわいらしさ

むすびまる 宮城の稲作を代表するように設計されました。伊達正宗をベースにした武士の鎧と鬼切ライスケーキの頭を持っている。  群馬ちゃん、名前が示すように、彼は1983年から軍馬のマスコットでしたが、彼の現在のデザイナーは2008年に作られました。彼は軍馬が馬の繁殖をした最初の地域であることを表す馬の顔をしています。最後に どーもくん NHKテレビ局の有名な公式マスコット。

日本のペット-好奇心とかわいらしさ

これらはいくつかの人気のあるペットです。日本には他にも何千匹ものペットがいますが、この記事で言及されているペットよりもさらに人気のあるペットもいます。覚えているものがあれば、コメント欄でコメントしていただければ幸いです。