日本のナイトライフのヒントとケア

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

日本でのナイトライフを想像したことがありますか?多くの観光客は、東京に到着して歌舞伎町のような近所に行き、女の子を迎えに行くことを想像しています。さらに進んで、特別なサービスを雇いたいという人もいます。あなたがこれらの変なことをするつもりであるか、または単に日本の赤信号地区で夜を過ごしたいならば、この記事はあなたがこれらの近所がもたらすことができる問題に賢くするのを助けるでしょう。

夜のあなたの意図に応じて、問題を避けるために友達と一緒にいてください。ほとんどの場合、心配する必要はありません。日本は安全な場所です。夜はクラブやコンサートホールで、 ホステス ラブホテル。これらの赤信号の夜の宿舎の大きな問題は、彼らがあなたのお金を奪い、さらにはそれを盗もうとする下心のある人々でいっぱいであるということです。

Dicas e cuidados com a vida noturna no japão

発表

価格で賢くなる

これらの夜の地区は、サービス、クラブの規模、パートナーの質に応じて価格が異なる傾向があります。ドリンクなしで7,000円もするバーもあります。それらの特別ショーは簡単に10,000円を超えることができます。本当にサービスが欲しいなら2万円以上用意してください。

不審な人々はしばしば通りで観光客に安いオプションを提供して近づきます、少なくとも彼らはそれを思わせます。安いと思っても、戦略を使って値上げするので注意。通常、事前に顧客に通知すると、アカウントに追加料金が追加されます。1万5千円と言っていたかもしれませんが、結局2万円を請求することになり、初心者などの言い訳に義務付けられています。

Dicas e cuidados com a vida noturna no japão

発表

4,000円の請求書を約束したにもかかわらず、一部の顧客から260万円も請求するバーがありました。この事件では、詐欺の被害者は支払いを拒否した後、暴力の脅威にさらされました。あなたのお金を盗むように設計されたこれらの近所には何千もの戦略があります、賢くしてください!ほら、日本人だけでなく外国人もあなたのお金を吸い込もうとしているのです。でも 秋葉原 これらのしゃぶり男が現れ、大阪では多くの若い女性が潜んでいるのを見ました。

ナイトライフで賢くなる

これらの不審な人々はまた別の方法でだまし、美しい若い女性のポスターを提示することができますが、実際には中年の女性が必要です。

男性でさえ、女性は注意する必要があります。外国人は日本で際立っており、日本人はステレオタイプを作成することができ、日本人が女性をラブホテルに引きずり込む事例をすでに聞いています。おそらく言語の障壁がこれに貢献しています。

発表

Hostess

日本では、法律は売春を禁止しています!同じように?すべての法律には抜け穴があるため、これらのサービスに関するいくつかの報告を聞いたことがあるかもしれません。日本では、雇われた女の子があなたのパートナーになり、あなたはデートに行きます。あなたがカップルになると、たとえ一時的であっても、法律はあなたがセックスすることをもはや禁止していません。このエンターテインメント業界は賢いですね。おそらくこれが非常に多くの理由の1つです 無実のサービス 女の子はデートに出かけるだけで、関係はありません。

また、注意してください ヤクザ、彼らは歌舞伎町のような夜の宿舎にいる傾向があります。それはそこで彼らのビジネスが運営されているからです。しかし、ヤクザを恐れる必要はありません。危害を加えないように注意してください。薬座は公認の組織であり、警察と協力してこれらの地域の平和を維持しています。彼らは人々が地元の規則を破るのを嫌い、トラブルメーカーにならないでください。

発表

ナイトライフの最後のヒント

外国人が禁止されている場所には立ち入らないように注意してください。通常は標識が貼られていますが、このライトショーでこの標識が見つかるとは限りません。これらの夜の宿舎のいくつかの場所では、入場するために日本の知識が必要です。

Kichijoji

ナイトライフにぴったりの赤信号地区を探しているなら、最も有名なのは東京の歌舞伎町、福岡のなかす、札幌のすすきの、大阪の飛田新地です。危険ではありませんが、賢くしてください!安心して基本的なナイトライフを楽しみたいなら、日本中に似たような安くて安全な地域がたくさんあります。

そして、あなたはこの記事のために近所を恐れる必要はありません。日本の赤信号の近所にいることは、ブラジルで日中歩くのと同じくらい安全です。近所は人や観光客でにぎわっています。歩いて有名な有名なバーに足を踏み入れたいだけの観光客なら、恐れることなく行くことができます。日本の赤信号地区を訪れたことはありますか?ナイトライフを見たことがありますか?あなたの経験は何ですか?コメントと共有に感謝します。