日本のサッカーの歴史

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

多くの人が考えていることとは逆に、サッカーは日本で一番のスポーツです。野球や相撲などの他のスポーツの人気にもかかわらず、サッカーは北米の「サッカー」という言葉の由来である「サッカー」と呼ばれる東部の国の王様のスポーツです。

今日、日本のサッカーは残忍な方法で進化し、その選択は国際的なサッカーと一致し、日本の選手はヨーロッパのいくつかのチームで輝いています。そして、たとえば仮想賭博の世界では、Jリーグチャンピオンシップはブックメーカーを通じてブラジルのトレーダーにとってますます魅力的になっています。

日本のサッカーの歴史はブラジルと密接な関係があります。世界は常にブラジル人をサッカーの王者と見なすことに慣れてきており、日本でも状況は変わりませんでした。しかし、それはジコがに移動したときでした 鹿島アントラーズ、1991年に、関係が狭まったこと。元カナリアンインターナショナルは日本人にとって本物のアイドルになり、その国でのサッカーの成長と人気に責任を持つようになるでしょう。現在のプロサッカーリーグであるJリーグの創設につながる指数関数的成長。

発表

この関係は、世界的に国際的な成功を収めたシリーズ「スーパーカンペス」ですでに行われていることに注目してください。 1980年代に日本政府がサッカーの人気を高めるために後援したこのアニメでは、主人公のキャプテン翼がブラジルのために正確にプレーすることを夢見ていました。

A história do futebol no japão

ケマリ、サッカーの創設者

サッカーは19世紀の終わりにイギリス人によって発明されたという話がありますが、真実は、何十年にもわたって、他の多くの文明がすでに同様のスポーツを実践しているということです。日本人も中国人も、ケマリと呼ばれる非常によく似たスポーツをしていました。そして、それはサッカーの起源ではありませんでしたが、それは重要な前兆であったと考えることができます。

ケマリは中国語の蹴鞠に由来し、ポルトガル語に直接翻訳されて、「ボールを蹴る」という意味です。しかし、サッカーとは異なり、それは競争力のあるスポーツではありません。つまり、ゲームに敗者や勝者がいないことを意味します。目標は、ボールを床に落とさず、手を使わずにプレーヤー間でボールを交換することです。法廷を離れることなく、これらすべて。 

これは、身体活動だけでなく、個人のスキルを促進することを目的としたモダリティです。次に、サッカーはチームワークとチーム間の競争を促進することを目的としています。ケマリは今日でも日本で、つまり、プレイヤーが当時使用されていた伝統的な服や靴を履くお祭りで練習されています。

発表
A história do futebol no japão

今日の日本のサッカー

日本のサッカーは完全に発達しており、アジア大陸で最も強いサッカーの1つです。アジアで2番目に多くのタイトルを獲得した国であり、5つで韓国を上回り、10でした。2005年に日本は最初のワールドカップを開催し、この認識をさらに強化しました。

日本のリーグはマイナーリーグとして知られており、大スターが金のイメージチェンジを探しに行きました。ゲーリー・リネカー、サルヴァトーレ・シラチ、ドラガン・ストイコビッチなどの元インターナショナル選手が最初に日本のサッカーを体験しました。しかし、1991年以降、ジコ革命により、日本のサッカーは上向きの進化を始め、Jリーグの創設に統合されました。

今日、Jリーグは非常に魅力的なリーグであるため、オンラインスポーツベッターに非常に人気のあるチャンピオンシップです。それはまだあまり人気のない競争であるため、オッズはさまざまなオンラインブックメーカーでより魅力的であり、世界中のトレーダーに大きな利益を保証します。さらに、日本のサッカーの競争が激しくなるにつれて、娯楽と追加収入を組み合わせることがより面白くなります。 

発表

オンラインスポーツベッティングは過去10年間で指数関数的に成長し、国際的なプレーヤーにとってますます望まれています。結局のところ、ネットはますます安全で規制されたセクターであり、月末にここで収入を増やす方法を見つけるベッターの保護と安全を保証しています。そして、期日が終わったときに余分なお金を持ちたくない人は誰ですか?