エスカレーター:日本での使用に関するガイドラインの違いを知る

[ADS]広告

As 階段 ローリングモールは、ショッピングモール、地下駅、店舗、空港などで非常に効率的な移動手段として、人々の日常生活の一部となっています。

ほとんどすべての人の日常生活の一部であり、空間での移動を促進する役割を果たしています。

大型で頑丈な機器であるため、エスカレーターを利用するすべての人が、エスカレーターを利用する際に正しい認識を持ち、正しい行動をすることが、あらゆる事故を回避するために非常に重要です。

このように、誰もが日常的に使用しているツールだからこそ、携帯電話などの気が散らないように、使用方法や扱い方にはより一層の注意が必要です。

そのため、以下のことが必要となります。 コントロールとシグナリング、使用中に特別な注意と指示があり、情報が本当に定着し、常に全員の心に残るようにします.

この機器の安全性がどうなっているのか、普段はあまり考えないのが普通ですが、エスカレーターの場合、その先端には緊急時に作動する赤いボタンが付いています。

つまり、エスカレーター自体が、利用者の安全を守るための安全ツールとして、その 金属構造 頑丈で、安全でアクセスしやすいベースを提供します。

エスカレーターは誰もが利用できるものであり、正しく利用すれば危険はありません。しかし、中には安全会社が定めたルールを守らずに、この機器の上で自分を傷つけてしまう人もいます。

事故は一日中、連続して起こるものだと思います。そのため、他人を危険にさらすことのないよう、慎重かつ正しく使用する必要があります。

伝統的な衣装を身にまとった日本の女性たち
ザ・ダス・ダス・ダス

日本におけるエスカレーターの使用状況

どの国にも価値観や習慣の違いがあります。これはエスカレーターも例外ではありません。エスカレーターに乗るときは、国によって規制が異なります。一見シンプルな仕組みのように見えますが、規制やルールは異なります。

例えば、人口の多い日本では、いたるところにエスカレーターがあり、利用者が安全に利用するためのルールもあります。

例えば、国内最大の都市である東京であれば、右にも左にも行かなければなりませんが、大阪ではその逆です。なぜ国によってマナーが違うのか、地元の人でも誰も知らない。

でも、もし迷ったら、目の前の人に従ってください。失敗は許されないし、この動きがどのようにして起こるのか、また、この動きに場所がどのように適応するのかを実際に理解する必要がある。

首都東京をはじめとする日本の都市では、駅や地下鉄、ショッピングモールのエスカレーターは伝統的に左側に設置されており、上り下りする人は右に曲がらなければなりません。

エスカレーターには プレハブ構造その構造や形状に大きな変化はありませんが、日常の中でのラダーの使い方や立ち居振る舞いは様々であり、使い方にも違いがあります。

このようなルールに直面したとき、人々は流れを理解し、日々の生活の中でこの関わりの一部となる必要があります。実際には、その場の日々の流れに慣れ、日々の必要性に応じて最適な側を選択するように管理します。

しかし、大阪をはじめとする近隣の都市では、その逆の習慣があり、日本人や外国人観光客が戸惑うことが多い。

そこで自治体は、2020年の東京オリンピックをはじめ、今後数年間に予想される観光客数の増加や、すでに開催されているさまざまなイベントに注目し、この伝統を変えるための対策を講じることにしました。

を頼りにしています。 評価工学企画とは、これらのイベントを最高の形で開催するために、法律を施行したり、主要な設備を整えたりすることです。

しかし、この取り組みに賛同した地域の鉄道会社であるJR西日本は、マスコットキャラクターの作成を発表しました。ひだまりデッセ「大阪の方言で「左!」と言いますが、これは階段を上る人のために右を空けて、左で止まっていることを意味します。

このような手段でさらに多くの取り組みやキャンペーンを実施することで、人々が、これまでとは異なる教育的な方法で、映画の使用規則を理解し、尊重することを達成することができるのです。 輸送手段.

日本 - エスカレーター:日本で使用する際の向きの違いを学ぶ
エスカレーター:日本で使用する際の方向性を学ぶ

安全のための対策

エスカレーターで何らかの事故が起こることを知らず、考えず、安心して使い続けている人が多いので、常に危険性を認識しておく必要があります。

多くの場合、すべてが非常に遠い存在であり、毎日エスカレーターを上り下りしている人にはめったに起こらないことだと考えているため、激しい日常生活のために、あるいは単に習慣的に、注意や配慮をあまり示さないのです。

しかし、エスカレーターは、事故や他の人の行動を遅らせることのないよう、正しく使用する必要があります。 設備の電気的報告 や、仕事の時間に間に合わない。 

エスカレーターの安全警告は目に見える形で表示されていますが、多くの人が注意を払わずに終わってしまいます。しかし、ちょっとした気の緩みが命取りになり、転倒につながってしまうこともあります。

例として、ある場所を挙げてみると 消火プロジェクト火災が発生したり、必要な状況を経験したりすると、このアラームが作動し、指示に従うことになります。

そのため、製品をよりよく使用するためには、サイトのガイドラインに従うことが必要です。

2012年から2016年の間に、1,400人の方が 日本の病院 東京消防庁のデータによると、エスカレーターで起きた事故による年間の死亡者数は60%で、そのうち65歳以上の高齢者が多かった。

エスカレーターを上り下りすることがあまりにも当たり前になっているため、人々は鉄の巨人が交通手段でもあり、危険な存在であることに気づかずに終わってしまいます。

ほとんどの場所にあるため、人々はその危険性や、この機器によって引き起こされる可能性のあるすべての結果について考えることはほとんどありません。

エスカレーターの安全性を高めるためには、いくつかのポイントを押さえることが必要です。

- エスカレーター:日本で使用する際の方向性を学ぶ

エスカレーターを上手に使うコツ

エスカレーターの事故は、利用者が正しい使い方を理解していれば、ほとんどの場合、回避することができます。

しかし、日本でも世界でも、多くの人がルールを無視し、誤用のリスクを真剣に考えないままに終わっています。

そのため、以下のような一般的な使用ルールを守る必要があります。

  • 階段の横にある注意書きに注意し、それを守ってください。
  • 固定されたエッジには触れないようにしましょう。
  • 階段には絶対に座らないでください。
  • 階段を駆け上がらないでください。
  • 丈の長い服を着ていると引っかかることがあるので注意が必要です。
  • 転倒防止のため、必ず手すりを支えにしてください。
  • 足がステップの中央にあることを確認してください。
  • 10歳未満のお子様には、大人の方のご同伴が必要です。

さらに、高齢者、乳母車を使用している人、運動機能が低下している人、身体障害者は、利用可能な場合は、リフトを使用してください。 リフトアシスト これらのメディアのケアと監視を強化するために

つまり、安全は常に機器の予防的なメンテナンスから始まり、その後にユーザーのケアと意識が続くのです。 

これらの点を考慮すると、広く普及しているこの機器をどのように使うか、意識することの重要性を理解することができます。

これは、事故の原因となる妨害を避けるための唯一の方法であり、日常の作業を容易にし、スピードアップするためにエスカレーターを利用する人々の流れを妨げることになります。

日本のような人口密度の高い国でも、小さな町でも、エスカレーターは移動手段であり、自動車やバイクと同じように、使い方のルールを守らないと事故を起こす可能性があります。

世界のどこにいるかによってルールは異なりますが、このツールを使っている他のユーザーを意識し、尊重することが上手な使い方の基本です。

を使用する際には注意が必要なように 電動ローラードアまた、エスカレーターを利用する際には、それぞれの場所のルールを守り、気をつけることが必要です。

この記事を共有する: