日本人はイルカを殺して食べますか?

発表

今日のメディアは誤った情報でいっぱいであり、今日の人々は彼らが聞いたものを推論して信じ、それをアイデアとして置くことに慣れていません。中国のある都市での中国人食い犬祭りを示す簡単な報告は、中国人の99%でさえ、中国人が犬を食べたことがないという考えを根付かせることができました。

これらの報告のために、人々は国や国籍の広範なアイデアを生み出す傾向があり、ブラジルではウサギ、カエル、アルマジロ、牛の睾丸、モコト、チョリゾ、サラパテルなどを殺すなどの同様の慣行が行われていることに気付くことさえありません使用できる食品。奇妙で嫌な人もいます。その考え 日本人は生きた魚介類を食べる、今では日本人はイルカを食べると言われています。何が起こるのかを本当に理解しようとしましょう。誰がこれを行うのかは、一般化の口を閉ざすことです。

はい、彼らはイルカを殺します

と同じように 捕鯨、イルカの捕獲には他の目的があります。クジラとは異なり、イルカは絶滅の危機に瀕しており、日本の狩猟は絶滅の危機に瀕していることをクジラに伝えています。イルカを食べることの心配の原因は肉そのものではありません。かわいいだけでペットを食べることを批判するのは単なる偽物だからです。同じ懸念は、イルカを捕まえて殺す方法です。イルカは防音壁に囲まれて描かれ、槍で殺されますが、他の人はイルカをこの血の海で見ています。

日本人はイルカを殺して食べますか?

発表

これはすべて殺害でのみ起こります 1 大地と呼ばれる日本の小さな場所(村)。彼らは、この肉を食べることは地元の伝統であると主張しています。また、一部のサイトが主張しているように、2万頭のイルカではありません。数十年前は1500頭程度でしたが、ここ数年で200頭に大幅に減少しました。これは、イルカを殺すのはまったく有利ではないためです。理由を理解しましょう。

まず、生きているイルカを海外やウォーターパークで販売すると、30万ドルの利益が得られます。肉を売っている間は1,000ドル未満です。全国的に販売されていないことは言うまでもなく、一般的な肉であるというニュースもありますが、狩猟が行われている大地地域では消費頻度が低いだけです。人口の1%がこの肉を試す機会がなかった、何人かは彼らの人生で一度だけそれを味わった。一方、多くの日本人は、イルカの殺害とその肉の販売の存在に気づいておらず、そのほとんどは海外に送られています。知っている多くの人はまだそれに対する慣行とキャンペーンを非難しています!

日本人はイルカを殺して食べますか?

イルカ殺害の事実

いくつかの情報、データを見てみましょう。あなたがそれを簡単にすることができるように統計と雑学。

  • イルカは、ソロモン諸島、ファロー諸島、ペルーなどの他の国で狩猟されています。
  • イルカの肉はその汚染のために健康上のリスクがあります。
  • 若山の大地は、この狩りが行われる日本で唯一の場所です。
  • 現在、イルカを殺すために使用されている方法は、首に槍を付けて、苦しむことなくすぐに死ぬようにすることです。
  • 台湾、ハワイ、さらにはワシントンのような国はイルカを狩りました。狩猟が禁止されているいくつかの国、そして多くの場合、たとえばペルーでは、毎年約2000頭のイルカが死んでいます。
  • 2007年には、約1000頭の動物が殺されました。
  • 日本の動物園と水族館の協会は狩猟をサポートしていません。
  • 何人かの獣医と科学者は、狩猟に使用される方法は禁止されなければならないと結論付けました。
  • 大地は1606年に最初の商業狩猟活動を開始しました。
  • 狩猟シーズンは9月1日から始まり、2月まで続き、年間最大1800人が許可されます。

どこに行きたいですか?

ニュースが一般化された方法で広まったからといって、数字や誤った情報によって人々は結論を出したり、実際に何が起こっているのかについてばかげた考えを持ったりします。私たちはこの慣行を支持していません。動物に対する暴力や残虐行為は非難されます。しかし、愚かな人々が何が起こっているのかさえ知らなかった国全体への憎しみを生み出すほど悪化していないこと。私たちと他のすべての国が同様の嫌な行為に責任があるときはさらにそうです。

発表

真実は、この大地の伝統は生きたイルカを売るだけの儲かるビジネスであり、商人はわずかな数の人々に法外な価格で肉を売っています。もちろん、私はこの動物の肉を食べる人を責めません。残酷な方法で死に、人々が毎日食べる動物は他にもたくさんいます。かわいくて賢いペットだからといって、その習慣を批判するつもりはありません。しかし、使用される方法は少し異なり、残酷ではないと思います。フックで魚を釣って、水不足のために死なせてはいけませんか?

異種恐怖症、偏見

そして、これに関する政府の立場は何ですか?お金に関しては、すべての政府に欠陥があり、開業医は利益を生む事業を営むために不正行為をしたり、法律の抜け穴を利用したりすることになります。日本では売春は禁止されていますが、法律には常に欠陥があり、完全な政府制度はないことを理解し、見つけるのは難しくありません。どんな国でも暗闇の中で起こっていることを深く掘り下げると、怖くなるでしょう。ですから、一般化された情報が、主題とは何の関係もない人々への憎しみを生み出すほど頭に浮かばないようにしてください。私たちはその慣習とそれを実践する人々を憎むかもしれませんが、それとは何の関係もない国全体を憎むことはありません。