へぼまつり– 日本のハチと幼虫の祭り

世界で最も危険な祭り「へぼまつり毎年11月3日、ギフ県恵那市の櫛原で開催されます。その中には、ハチと幼虫の独特の皿があります。 hachinoko.

国の中心部に住む日本人は、歴史とこのフェスティバルを通して昆虫を食べてきました。へぼまつり」は、残っている数少ない昆虫の1つです。名古屋市に近い、愛市県との国境にある丘と山に囲まれた場所ですべてが起こります。

Anúncio

フェスティバルで へぼまつり あなたは売りに出されているハチと世界で最も悪質なハチの巣を見つけます kurosuzumebachi [くろすずめばち]。そこには、次のような昆虫を使った料理がいくつかあります。 tempura、寿司、滝こみごはん、ケバブ、 yakitori.

へぼまつり-日本のハチと幼虫の祭り

山岳地帯の近くに住む日本人は、何百年もの間、ナッツや昆虫をタンパク質の良い供給源として食べ、人々は自分たちの命を犠牲にした昆虫を称えるお祭りを作るのが一般的です。

Anúncio

食用ハチの巣は1kgあたり約3,000円以上で売られています。一部のハチは5歳からしか食べられず、4歳以下の幼虫は小さいため栽培が難しい。

食べ物に加えて、ワスプ栽培のための健全な競争もあります。コンテストでは、裁判官が競合他社のハチの巣を計量し、最も重いものが主な賞品を持ち帰ります。

テレビで へぼまつり 日本で最も危険なフェスティバルとして発表されました。刺される可能性はかなり高いですが、実際にはそれほど危険ではありません。 マンダリンハチ、あなたが蜂にアレルギーがない限り。

へぼまつり-日本のハチと幼虫の祭り
Anúncio

はちのこ-幼虫とハチの料理

 八ノ子は長野県と技風の名物で、珍味とされている 秋に。地域によって料理は異なりますが、通常は蜂やハチの幼虫で構成されています。ゴハンと一緒にお召し上がりいただけます。

奇妙ではありますが、この珍味は、ビタミンやタンパク質が豊富であるだけでなく、甘くて歯ごたえのある味を持っていると主張する勇気ある観光客や地元の人々に高く評価され、おいしいです。習慣は過去の希少性から生じたと考えられています。

へぼまつりまつりがこれらの料理を試すのを待つ必要はありません。この地域を旅して、この種のエキゾチックな料理を作る場所を探してください。ヒロヒト皇帝は、揚げたハチを醤油で食べるのが好きです。

Anúncio

長野、月地、山岳地帯にハチノコのレストランがいくつかあります。料理やお祭りについてもっと知りたい場合は、以下のビデオをいくつか残して記事を完成させましょう。