日本の太子現象とは?

[ADS]広告

不登校または不登校は、2000 年代初頭に日本で発生した現象であり、学校に行くことを拒否したり、完全に中退したりすることが多い子供や青年を指します。

ふとこと診断された学生は、しばしば学習障害、心理的問題を抱えており、深刻な不安の兆候を示すことがあります。

彼らは、勉強のプレッシャーや学校の厳しさに対処するよりも、家に一人でいるか、友好的な環境の中で友人と一緒にいることを好むことがよくあります.

この現象には、社会的圧力、いじめ、学生の燃え尽き症候群など、いくつかの原因が考えられますが、それについても多くの不確実性があります.

いずれにせよ、日本政府は特に不登校の予防に力を入れており、日本の学校の環境を改善するための措置を講じてきました。

この状況は、次の記事を非常に連想させます。 ひきこもりやNEETってなに?

黄色い階段のラインに座っているアジアの女の子の笑顔

フトコとはどういう意味ですか?

西洋ローマ字表記で「ふとこ」と書きますが、正しいのは「ふとうこう」です。 「不登校」という言葉を構成する表意文字は、不登校または不登校を意味します。

この用語は、「の」を意味する [不] (Fu) と「上昇する」を意味する [登] (To) の 2 つの表意文字で書かれています。最後の表意文字 [校] は学校を表します。

文字通りの意味に加えて、この用語は、社会的に活動していない、または社会に関与していない人を表すためにも使用できます。めったに家から出ない人、または社会的交流を避ける人。

「不」の表意文字は手で構成され、表意文字の「登」は人とはしごで構成されています。これは、学校に行かないということは、自己改善の機会を積極的に避けることを意味し、学生が自発的に学び、知識を得る機会を逃していることを示唆しています。

あまりにも読んでください: 日本の子供たちの発達

勉強しているアジアの子供

不就学 [不就学] – 不登校

不就学と不登校の違いは、一般的に不就学という言葉は学校に入学したことのない子供を指すのに対し、不就学は登録しているが通っていない子供を指すということです.

一般に、不修学と見なされる学生は、ほとんどが外国人で、日本語に適応できていないか、その他の個人的または家族的理由があります。

外国人の子供には学校への通学義務がないため、外国人、特に子供に母国語を学ばせたい親にとって、普就学という用語はぴったりです。

不登校の原因は?

子どもが学校に行きたくない理由はさまざまです。多くの場合、原因は複雑ですが、その一部は次のとおりです。

  1. いじめ: 太子の主な原因の 1 つは、クラスメートによるいじめ、または身体的および心理的虐待です。これにより、子供たちは不安を感じ、学校に通う意欲を失う可能性があります。
  2. 学習困難: 失読症や集中困難などの学習障害のある子供は、落胆し、教室のペースについていくことができず、授業を避けてしまう可能性があります.
  3. メンタルヘルスの問題: 不安やうつ病などのメンタルヘルスの問題は、最終的には学校のプレッシャーに対処する子供の能力に影響を与えます.
  4. 家族の問題: 両親の別居や経済的な問題など、家庭で問題に直面している子供もいれば、両親が不在で一人暮らしをしている子供もいます。
  5. やる気の低下と無関心: 伝統的な教育方法は、一部の子供にとっては少し古風で退屈で疲れる可能性があり、やる気がなく、興味がありません.

さらに、一部の子供はこれらの問題のいくつかに同時に直面している可能性があり、各子供には独自の状況と現実があるため、原因のリストははるかに長くなる可能性があります.

あまりにも読んでください: 中二病–高校の危機

いじめ-日本の学校でのいじめ

日本では学校を中退する子供が増えています

その一例が、10 歳の少年、伊藤雄太の話です。彼は、もう学校に行きたくないということを両親に告げるために、休日の週まで待っていました。

彼はいじめられ、何ヶ月も黙って苦しんでいました。裕太君の両親には、学校のカウンセリングを受けるか、ホームスクーリングを行うか、別の学校に移すかの 3 つの選択肢が与えられました。

彼らは後者の選択肢を選び、雄太は子供たちの自由と個性を優先する政府公認の学校に通った.このタイプの代替学校への入学者数が増加する傾向にある一方で、従来型の学校でのいじめの件数は増加し続けています。

2019 年 10 月 17 日、日本政府は中高生の欠席数が過去最高を記録したと発表しました。2017 年の 144,031 人に比べて、2018 年には 164,528 人が 30 日以上欠席しました。

読むことをお勧めします: 日本の子供の歩き方は違う?

いじめ-日本の学校でのいじめ

不登校の場合はどうする?

不登校、つまり登校拒否に苦しむ子どもたちには、いくつかの選択肢があります。オプションには次のものがあります。

  1. スクールカウンセリング: 子供たちは学校のカウンセリングセッションに参加して、いじめ、学習障害、または学校に通うのを妨げている可能性のある精神的健康問題などの問題に対処することができます。
  2. ホームスクーリング: 一部の家族は、遠隔学習プログラムまたは家庭教師を通じて、自宅で子供たちを教えることにしました。
  3. 代替学校: 前述のように、子供の自由と個性を優先し、伝統的な学校ではなく、伝統的な学校環境に適応しない子供たちにとって良い選択肢となる可能性がある、政府によって認められた代替学校があります。
  4. 心理的および精神医学的ケア: 不安やうつ病などのメンタルヘルスの問題を抱えている子供たちは、これらの問題に対処して学校に戻るために専門的な治療が必要になる場合があります。
  5. リモート学習: 一部の VR プログラムは、リモート クラスに使用されています。このクラスでは、クラスメートや教師の存在下で子供たちが仮想の部屋に参加し、授業中に家庭教師のやり取りや助けを受けることができます。

すべての子供には独自の状況があり、適切な解決策を見つける前にさまざまなオプションを検討する必要がある場合があることに注意することが重要です。この分野の専門家からのアドバイスは重要です.

続きを見る: 子供たちは一人で日本の学校に行ったり来たりします!どうして?

最後に

要約すると、不登校は日本で成長している現象であり、子供たちが学校に行くことを拒否し、家族や教育者に懸念を引き起こしています.

太子の原因は、いじめ、学習障害、メンタルヘルスの問題、家族の問題、やる気の低下など、さまざまで複雑です。

フトコに苦しむ子供たちに利用できる代替手段には、学校カウンセリング、ホームスクーリング、代替学校、心理的および精神医学的ケアが含まれます.

さらに、VR テクノロジーは、学習をより没入感のある魅力的なものにする方法として、一部の学校で実験されています。

ただし、各ケースを個別に評価して、それぞれの子供に最適な解決策を見つけることが重要です。子供たちが学校に戻って健康的に成長できるようにするには、迅速な注意と介入が不可欠です。

この記事を共有する: