日本でスキーやスノーボードをする場所を探す

日本でスキーやスノーボードをする場所をお探しですか?船上で山を下りて日本の冬を楽しみたい人のために、この国には500以上のリゾートがあることを知っておいてください。この記事では、日本のスノーボードとスキーについて少しお話します。

スノースポーツの冒険家が住んでいるのはスイスアルプスだけではありません。日本は、冷たいスキーや氷の山でのサーフィンを楽しみたい人にとって、非の打ちどころのない美しさと質の高い場所であることが証明されています。 

昇る太陽の国は、粉雪で世界的に認められています。この特徴は、冬に吹く冷たい風に関係しているのかもしれませんが、日本の海を凍らせることはなく、常に周囲に高湿度を供給しています。 

事実、世界の他の地域の吹雪で一般的な造粒とはまったく異なる、完璧で小さく、柔らかくて新鮮な雪片は、スキーやスノーボードの体験をさらに魅力的にします。このため、この2つのスポーツは、12月から3月まで、時には4月まで続く日本の冬の観光活動の中で力をつけています。この期間中、積雪は平均760〜1,520cmの厚さで浮かんでいます。  

良好な環境で、日本はエクストリームスノースポーツセグメントに投資しました。現在、開業医が自然と触れ合い、映画に値するシナリオの前で乗り心地を楽しむために、宿泊施設と山や斜面へのアクセスを提供する500以上のリゾートがあります。これらの目的地のオプションの中には、子供、若い初心者、そしてこれらのモダリティでより多くのスキルや専門家を持つ人々を対象としたステーションがあります。  

-日本でスキーやスノーボードをする場所を学ぶ
iStock

最も人気のあるスキーとスノーボードのスポット 

日本の冬の観光は旅行者や冒険家の間で認められていますが、この国の雪の活動の魅力を完全に知らない人もいます。 

まず、スキーとスノーボードの違いを知ることが重要です。一般的に言って、スキーは通常、すべての年齢の開業医や観光客に人気があります。このスポーツは、両足のボードを使って雪山を下り、ポールを使って押したりブレーキをかけたりすることで構成されています。 

一方、スノーボードは難易度がやや高く、スケートボードと比較することができます。雪の中でサーフィンをするように、施術者は1枚のボードでバランスを取り、自分の体でスピードをコントロールする必要があります。したがって、一般の人々の間で最も人気のある地域を知り、将来の旅行を計画し、2つのスポーツのどちらを練習するかを計画することほど良いことはありません。

日本でスキーとスノーボードをする場所を見つける-フラノスキー

北海道島 

この楽園の島に行くには、2つのオプションがあります。 飛行機または電車。東京からのフライトは平均1時間30分かかります。次に、列車は8時間の移動を要し、世界で2番目に長い鉄道トンネルの65kmをカバーします。 

北海道に到着すると、富良野、ニセコ、留寿都、十勝サホロの各地域に450 kmのゲレンデがあり、子供から大人までスキー、スノーボード、犬のそり、スノーシューを体験できます。  

ハイシーズンは12月と2月に行われ、アマチュアと経験豊富なアスリートの両方を驚かせます。たとえば富良野では、垂直方向に約950 mの落下があり、熟練した冒険家が頻繁に訪れます。この地域では、FISダウンヒルワールドカップなど、国内および国際的なスキーやスノーボードの重要なイベントも開催されました。   

北海道ガイド–札幌、函館、小樽、旭川

Yamagata

雪の中でスキーやサーフィンをすることを学ぶか、熟練したエクストリームスポーツを練習することを学ぶかどうかにかかわらず、 蔵王山山形県にある、「スノーボードパラダイス」としても知られています。これは、急な斜面に加えて、凍てつく降雪を歓迎し、独特の形をとる樹木で形成された「雪の怪物」という独特の景色を持っているためです。夜になると、これらの「モンスター」は特別な照明を獲得し、両方のシフトでエンターテイメントを確保します。 

Niigata

日本の海の海岸に近い新潟には、1930年に設立された最も古いスキーリゾートの1つである妙高高原があります。このため、古い伝統的な村の雰囲気を維持し、ツアーをさらに特別なものにし、それを補います。スキーリゾートの数が少ない。しかし、同じ地域には湯沢があり、湯沢は「雪の国」と呼ばれています。 

東京から200km、新幹線でアクセスできる湯沢は、市内中心部につながるゲレンデで初心者に楽しみを保証し、ネバ山周辺のゲレンデで経験豊富なスキーヤーやスノーボーダーにアドレナリンを提供します。その場所は、時間に余裕のない旅行者にとって良い日帰り旅行の選択肢になります。また、駅まで行くことができるので、所要時間は約2時間なので、同じ日に楽しんで日本の首都に戻ることができます。 

立山黒部アルペンルート

Nagano

日本アルプスを訪れることは、の冒険家のための旅程を作成する際の最良の決定の1つです。 スノースポーツ。 1998年に冬季オリンピックが開催され、東京から電車でわずか2時間の長野は、間違いなく含まれるに値します。この場所では、すべてのスキルと投資レベルをカバーするステーションが不足していません。全部で800km以上のさまざまなトレイルがあります。 

この州の人気は、それが舞台となった歴史的な出来事に限定されていないことは明らかです。標高1,500〜2,300 mと広大で多様な駅は、特に強い感情を楽しむ人々にとって魅力的なアトラクションです。最も人気のある訪問者は、白馬47、佐野坂、五竜、爺ガ岳、野沢温泉、コルティナ、栂池高原、峰方、乗鞍岳、鹿島屋です。 

日本の観光は、神殿や国際的な中心地を訪れるだけではありません。多くの冒険に加えて、スキーやスノーボードの理想的な目的地は、この国の文化と歴史にかなり浸ることを保証します。 

この記事を共有する: