日本でお辞儀をするべき時

体を下げることは、8世紀以来の日本で最も伝統的な挨拶の形式です。簡単に思えるかもしれませんが、畏敬の念を抱いてお辞儀をするという行為は、 ojigi [お辞儀]これは文字通り弧を意味します。そのような習慣は意味に満ちています。

この敬意の表れはとても重要なので、日本人は誰にも見られずに電話で話しているときでもお辞儀をします。今日の記事では、人々がお辞儀をする必要があるいくつかの機会を見るでしょう。

それがどのように行われるかに応じて、誰が迎えられるか、誰が迎えるかの両方の重要度を示すことができます。と呼ばれる別の長さで床に身をかがめる人もいます dogeza.

日本人がお辞儀をしがちな状況のリストを見てから、それぞれについて少しお話します。

挨拶の際に謝罪するとき謝辞はじめにスポーツでパフォーマンスでクライアントを尊重する方法として宗教的な状況で

謝罪するときのお辞儀

記事の冒頭の写真が示すように、間違えた場合は、 謝罪 とお辞儀。軽いお詫びでは、頭をわずかに10度下げる必要があります。

あなたがウェイターで、顧客にホットコーヒーをこぼしたとしましょう。あなたは45度回転して言うことができます:  ムーシワケござません 文字通り「ごめんなさい」という意味です。

さて、あなたが犯罪を犯し、被害者に謝罪したいとしましょう。ひざまずいてお辞儀をし、次のように言う必要があります。 真琴にもしわきございませんでした それは「私がしたことを心からお詫びする」という意味です。

挨拶中のお辞儀

最も一般的な挨拶は、頭と肩を最大10度ほどわずかに下げることです。日本人にとっては、この動きは自動的に行われるものであり、頭を素早く短時間で傾けるため、気づかれないこともある。

この敬意のジェスチャーは、挨拶と別れの両方に使用されます。非常にフォーマルな状況では、完全なアークを実行できます。従来のハンドシェイクが実行できる場合があります。

日本でお辞儀をするべき時

ありがとうをするときお辞儀

誰かがあなたに列の場所を与えた場合、感謝の気持ちで表面的に頭を下げるのが一般的です。小さな礼儀のおかげでドライバーが頭を下げることも非常に一般的です。

誰かに感謝する必要があると感じるときはいつでも、お辞儀をするときです。恩恵を与えた人は、何の兆候としても頭を少しお辞儀する可能性が非常に高いです。

イントロダクションでお辞儀

カジュアルでフォーマルなプレゼンテーションでは、上半身を最大30度の角度で曲げる必要があります。人が非常に重要な場合は、45度まで曲げることができます。頭と肩をまっすぐにし、腕を揃えることが重要です。ターン中にアイコンタクトを維持する理由はありません(失礼と見なされます)。

ビジネスでは、「名刺」を交換した後、関係者は頭を下げてしばらくその位置に留まってから、垂直位置に戻る必要があります。あなたの頭を打つことを避けるためにあなたの距離を保ってください(これは起こります)。

日本でお辞儀をするべき時

尊敬の方法としてお辞儀

お辞儀をするという行為は謙虚さの表れであり、常に敬意を表しています。動物や物にさえお辞儀をする傾向がある人もいます。動物でも慣れており、奈良では鹿がお辞儀をしているのを見ることができます。写真では、クジラに頭を下げている世話人がいます。

日本でお辞儀をするべき時

お客様にお辞儀

日本では、顧客は非常に重要であると考えられています。 従業員が顧客に頭を下げることは非常に一般的です。一部の店舗や企業は、顧客に適切にお辞儀をする方法を従業員に指示しています。

スポーツでお辞儀

日本人がお辞儀をする他の機会は、スポーツゲーム、武道、相撲、さらにはカードゲームの前後です。 Karuta。このような場合、20度まで曲げるのが通例です。

スポーツの初めは曲がった人が「よろしくおねがいします」と言い、曲がった人は最後に「ありがとうございませ」と言います。武道やかるたなどの一部のスポーツでは、対戦相手だけでなく、コーチやゲームを実行している人にもお辞儀をする必要があります。

日本でお辞儀をするべき時

公演でお辞儀

西洋のように、芸術家はしばしば拍手に応えてお辞儀をします。劇場、芸者、俳優、声優が出演するイベント、さらには音楽ショーのプレゼンテーション。

の場合 gueixas または伝統的なパフォーマンスでは、アーティストは膝を完全に曲げる傾向があります。

宗教的な状況でお辞儀をする

神社の神々に少しお辞儀をすることもよくあります。神道の儀式では、ほとんどの場合、ひざまずく位置から完全に弓を引く必要があります。

日本でお辞儀をするべき時

もちろん、お辞儀をする必要がある他のいくつかの機会があります。言及されていないものを知っている場合は、ここにコメントしてください。

この記事を共有する: