日本に関する100の事実と雑学

この記事では、日本に関する100の事実と雑学を紹介します。このサイトには、日本に関する興味深い項目がたくさんあり、彼らの文化の側面、興味深い場所、食べ物に関する事実などが表示されます。日本のすべてこの記事!

各国には独自の文化があります。ある国が他の国よりもユニークであると言っても意味がありません。日本を除いて、日本はアジアと多くの共通点があります。しかし、いくつかの点で、それはヨーロッパや米国にさえ似ています。

日本は文化の混合であると言えますが、その強い伝統を維持しています。しかし、それでも、日本を他の国と区別する理由はいくつかあります。この記事の好奇心のいくつかは、日本がいかにユニークな国であるかを示しています!

日本の歴史についての好奇心

日本はその歴史の中で、国の状況を劇的に変えることができる方法の例を持っています。アイデアを得るには、昇る太陽の国がその歴史の多くを世界の他の地域や一種の封建政権である将軍(将軍とも呼ばれる)との貿易のために閉鎖して過ごしたことを考慮に入れてください。

1854年に日本の港が商業的に開港し、1868年に皇帝の中央集権化された権力が再確立されて初めて、国は経済的および軍事的発展の期間を開始し、それはまた彼を 多くの国との対立特に、中国とロシア(またはソビエト連邦)。

日本に関する100の事実と雑学

広島と長崎での核爆撃と1945年の第二次世界大戦の終結後、日本は自由な民主主義の慣行を強調する平和主義憲法の創設を始めました。

それ以来、日出ずる国は回復と再確認の時期を経て、幅広い成長を遂げ、今日では世界で3番目に大きな経済であり、好奇心旺盛な人々への好奇心に満ちた最も技術的に進んだ国の1つとなっています。

犯罪はありません 日本の強盗率は非常に低く、住民10万人に1人の強盗があります。ブラジルにいる間、10万人の住民ごとに600人の強盗があります。また、銃による死亡率は年間わずか3人です。

日本のすべてがかわいいです- 用語 Kawaii あなたが子供であろうと大人であろうと、あなたがかわいいものに出くわす場所はどこでも、日本を支配します。

日本に関する100の事実と雑学
日本ではすべてがかわいいという例!

日本のサービス- 日本は世界で最高のサービスを提供しています。日本のサービスはほとんどの場合礼儀正しく勤勉です。

チームワーク- 日本人は個人主義者のように見えるかもしれません。しかし、日本ではチームワークが鍵となります。チームの自己犠牲は非常に尊重されています。一人で物事をやろうとしたり、自慢したりすることは軽蔑されます。彼らは次のように言っています:O 突き出た釘が打ち落とされます。 

武道- 日本は 数十の武道柔道、空手、剣道、九堂、藪雨、愛喜堂を含む。

Ninjas 侍は戦闘のための厳格な行動規則を持っていました、忍者はより柔軟でした。忍者は封建時代の日本のスパイでした。彼らは、スパイ、妨害、暗殺を含む軍事戦略を専門としていました。

Samurais –武士階級は、明治天皇によって19世紀後半に廃止されました。今日、武士の文化、龍虎の拳、その伝統は日本でも強いままです。

日本に関する100の事実と雑学

浮世絵- 似たような絵のスタイルです ウッドカットが開発されました 日本では江戸時代(1603-1867)を通して。 18世紀から19世紀(江戸時代末期)に印刷に使用された木製のブロックを使って描かれた絵画に広く普及した技法でした。彼らは通常芸者の物語を持っており、今日までハイライトを作って全国ですぐに人気になりました。

若者のサブカルチャー- 日本の若者は自由に自分を表現することができ、さまざまなファッションスタイルや習慣を生み出すことになります。日本の若者の文化は非常に活用されています。 日本のサブカルチャーガイドを見る.

日本車 – 日本は世界に流通している大手自動車メーカーです。しかし、日本車との違いに気づきましたか?それはハンドル側だけではなく、デザイナーは国のスタイルに完全にユニークです。

Robôs – 日本はロボットに賭けています。世界の80万台の産業用ロボットの半分は日本にあります。 ロボットの研究 世界のは日本で起こります。

Comedia -日本のテレビはコメディーでいっぱいです。これは西洋人の目には異質なコメディーです。

日本のトイレ – 日本には、ボタンやヒーターなどが満載の世界最先端のトイレがあります。しかし、それはまた、世界で最も原始的な公衆トイレを持っています。

日本に関する100の事実と雑学

日本の場所についての好奇心

日本の領土は6,800以上の異なる島々で構成されており、主な島は北海道、本州(首都は東京)、四国、九州です。

約37万7千平方キロメートルの地域に1億2700万人以上の住民が住む日本は、1平方キロメートルあたり約337人で、世界で最も人口密度の高い30番目の国として構成されています。

日出ずる国の気候は、冬のシベリアからの冷たい空気と夏の太平洋からの暖かい空気の影響により、四季の間に大きな違いが見られます。

日本に関する100の事実と雑学

台風は8月から9月の間に一般的です。年間の変動に加えて、日本の地域にも温度変動があり、北は最も寒い地域、中央はまだ少し寒く、南は穏やかな気候です。

領土の70%以上が森林と山岳地帯に覆われているため、海岸平野は国内で最も人口の多い地域です。

群島が太平洋の火の輪に位置しているという事実により、200を超える火山があり、そのうち80は、有名な富士山を含め、現在も活動していると考えられています。また、日本領土の位置付けにより地震が発生しやすく、年間平均1,500件の地震が発生しています。

アトラクション- 日本には、レジャー、エンターテインメント、ディズニーやユニバーサルなどの世界中の有名な公園のほか、ユニークで魅力的な国である無限の寺院、城、山、島がたくさんあります。

公衆電話は水族館になりました -携帯電話の使用により公衆電話がほとんど役に立たなくなったため、電話ブースは水族館に変わりました 大阪市.

日本に関する100の事実と雑学

水中のローラーコースター -日本の横浜にあるコスモワールドアミューズメントパークのローラーコースターは、水中でも強い感情を約束します。

高地穂公園 -高知穂公園の自然の滝の隣でのボートは、この美しい場所の主な魅力の1つです。この地域は小さな滝の真の回廊があることで知られており、四季を通じて日本人が絶えず訪れています。

Hoteisが大好き- 日本のモーテルはとても人気があり、多様です。見てみると、西との大きな違いがわかります。

ホステス- に行くことは非常に一般的な、孤独な男性です ホステスクラブ。彼らが飲むことができ、女性と一緒に楽しむことができる場所、無邪気な方法、ただ話しているだけです。恋に落ちることもあり、そのような女の子に贈り物をすることもありますが、結婚やデートはめったに起こりません。

日本に関する100の事実と雑学

カラオケ- それは日本で始まり、世界中に広がりました。 カラオケ日本人 まだ全国とその有名なカラオケボックスに強い影響力を持っています。

電車- 日本は 電車愛好家のための楽園。日本人の大多数は電車で仕事や学校に通っています。車?週末の趣味です。

世界最小の広々とした家

この家は55、24m²で、日本の建築家水石幸太によって作成され、29.07m²の三角形の区画に設計されました。東京西部に位置し、川を見下ろす邸宅。

すべて木造で、屋根にはスチール製のケーシングがあり、ノズルの三角形には最上階にくぼみがあり、屋根付きの小さな駐車スペースを提供しています。

上層階には、子供の寝室、キッチン/ダイニングルーム、リビングルームがあり、狭いテーブルとバルコニーを統合した2つの大きな窓があります。

ダブルベッドルームとバスルームは下の階にあります。屋根裏部屋には、キッチンの広い景色を提供することに加えて、2つの天窓と川に面した窓のあるスペースがあります。

13か月で建てられたこの家は、36万レアに相当します。この家は、彼の天才と一緒に楽しむことができる余地がほとんどないことの証拠です。ここで、おそらく世界で最も小さい広々とした家は何ですか

日本に関する100の事実と雑学

日本の食べ物に対する好奇心

日本の権力は、さまざまな政策変更により、過去数世紀にわたって大きくなりました。伝統的な日本料理は韓国と中国の文化に大きな影響を与えていますが、インドの側面やほとんどの西洋諸国にも影響を与えています。

日出ずる国での一般的な朝食には、蒸したご飯が含まれます。 みそ汁、緑茶、七草がゆと呼ばれるお粥、たまご焼きと呼ばれる巻きオムレツ、有名な豆腐など、さまざまな追加料理。また、発酵大豆と呼ばれるように、卵、ハム、焼きウナギ、漬物、サラダ、海苔、納豆を食べて日本の一日を始めることもできます。

日本に関する100の事実と雑学

昼食は通常、魚、肉、野菜と一緒に、ドンブリと呼ばれる数種類の米や麺のボウルで構成されています。に関する記事があります 好奇心日本食.

ダイニングでは、ニクマンと呼ばれる豚の餃子、揚げ物、肉のグリル、あらゆる種類の家禽や魚、鉄板焼きなどのエキゾチックな名前があり、利用できる食べ物の種類は単純に膨大です。 tonkatsu e yakitori。もちろん、寿司、テンプラ、揚げ米などの有名なアイテムも忘れられません。

レストランでの料理- 料理を避けてレストランに行きたいのなら、日本には料理をしたりバーベキューをしたりするレストランがあることを知っておいてください。

バーとレストラン - 日本には小さなバーやレストランがたくさんあります。

機械の販売- 日本では23人ごとに自動販売機があります。全国で100万台以上の機械が販売されており、市場の前や森のどこでも見つけることができます。

日本に関する100の事実と雑学
はんばいき-日本の販売機

Teppanyaki

鉄板焼きは、鉄のグリルを使って料理をする日本料理のスタイルです。言葉 teppanyaki それはから派生しています teppan (鉄板)は鉄板を意味し、 yaki (TP き)は、鍋で焼いたり、調理したり、揚げたりすることを意味します。

日本では、鉄板焼きとは、ステーキ、エビ、お好み焼き、焼きそば、もんじゃ焼きなど、鉄のグリルを使って調理した料理のことです。写真にあるように、これは料理人とは別の興味深い芸術でありショーです。

日本に関する100の事実と雑学

日本の習慣についての好奇心

気候や領土の問題にもかかわらず、日本は繁栄した国としての地位を確立しており、平均寿命が最も長く、高齢者の人口も多く、100歳以上で合計5万人を超えるという印象的な人口に達しています。

それでも、日本人は世界で最も自殺率が高い人々の一人であり、20歳から44歳までの日本人男性の主要な死因です。

厳格なエチケットのルールで有名な日本人は、最初に自分の名前で、次に自分の名前で自分自身を提示する習慣があり、親密さを身につけていないときに自分の名前で誰かを参照するのが一般的です。

日本に関する100の事実と雑学

また、他人を指すときは、「さん」「くん」「様」などの敬語を付けるのが通例です。特に接尾辞が省略されている場合、人の名を使用することは、親しい友人や家族のために予約されています。

日本人の家に入ると、床に15cmほどの高さがあり、室内での使用に適した靴に交換する必要があることを示しています。

たたみの床がある場合、最大5 cmの追加の増加は、履物がない状態でなければならないポイントを示します。文化に興味があるので控えめなのは、麺を食べながら音を立てるという事実は、料理人を補完するものと見なされます。

日本に関する100の事実と雑学

日本の警察- 日本で犯罪が発生することはめったにありません。役員とnbspは、自転車犯罪者のパトロールと調査に時間を費やしています。全国に小さな警察署が点在しており、武器を使う警官はほとんどいません。

Cosplay -日本は主にアカバラで衣装を着た人が出没しています。

言語の形式- 日本語は、世界でより形式的であり、さまざまな話し方、より礼儀正しく形式的、そして各単語のさまざまな言い方がある言語の1つです。これにより、非常に複雑な言語が残る可能性があります。

日本のファッション- 日本には独特のファッションの伝統と繁栄している産業があります。

Omiyage – それは思い出を意味します。どこへ行っても、他の人とはまったく違う方法で、小さなお土産を売っているお店がいつもあり、そのユニークな多様性に驚かれることでしょう。

ルールとエチケット- この記事よりもはるかに高いルールと一意のラベルの長いリスト。

ゴコン- ミーティングはグループで行われ、通常はレストランやバーに行って人々に会います。多くのカップルはそのようにお互いを知っています。

Otakus – オタクはアメリカ人に似ていますが、あなたのライフスタイルをより真剣に受け止め、アニメ、ゲーム、マンガに夢中になっていることがよくあります。

日本に関する100の事実と雑学

アニメとマンガ- どこにでもある日本文化の基本は、世界のどのアニメーションとも異なり、ゴルフの外出から巨大なロボットの攻撃まで、あらゆるトピックをカバーしています。

ユニフォーム- 学校を卒業しても制服を着ている生徒もいますが、あらゆる場所で制服を着ている人を見つけることは非常に一般的です。それは文化の本質的な部分であり、それがどのように見られるかは、どの国とも異なります。

長さ/曲げ -日本は税関で築かれた謙虚な国です。お辞儀は最も一般的な長さであり、それは謝罪する方法の1つです。に関する記事を読む 日本語での挨拶.

Slang および略語、地域の違い- 日本は小さな国のように見え、47の州しかありません。あなたの言語には109のシラバスしかなく、多くの単語は同じです。これは、日本が何千ものスラングと単語を短縮する習慣を持っていることを妨げるものではありません。地域ごとに、フレーズや単語の言い方が異なる場合があります。

日本に関する100の事実と雑学

祭りや宗教についての好奇心

日本の文化は明らかにマナーや食べ物をはるかに超えています。年間を通じて、国には多くのフェスティバルやさまざまなお祝いが点在しており、その一部はブラジルのニッポンのコミュニティによっても演奏されています。

これらのバンドが演奏する日本最大のフェスティバルの例として、七夕まつりがあります。これは常に7月7日近くに開催されます。

たなばたは、力強い神の娘、折姫というお姫様が庶民に恋をしたという日本の伝説に由来しています。父親は二人の合体を許可したが、彼らが義務を果たさなかったことを確認するために、天の川の両側に立つように彼らに命じた。

恋人たちは七月の七日にしか会えませんが、それは人間の願いが叶うときだけです。そのため、パーティーの際には、色付きのカードに注文を書いて、背の高い竹に貼り付けるのが通例です。

日本に関する100の事実と雑学
Elia Locardi no500pxの写真

しかし、我が国では再現されない日本の祝賀会があり、それゆえ私たちにとってはかなり奇妙に聞こえることになります。これは羽高まつりの場合で、私的な部分を覆っている、フンドシと呼ばれる組織だけを身に着けた何千人もの男性が集まっています。神殿や神社に神聖な品物を集めて幸運を呼び寄せるという発想です。

フェスティバル- 人々は日本にはパーティーがないと思いますか?それはもっと...あります 何千ものフェスティバル 毎年、全国で独占。あなたがプレイする場合、ブラジルよりも多くのフェスティバルがあります。

宗教的なブレンド- 日本は伝統や様々な宗教の迷信に満ちており、ほとんどの日本人は決まった宗教を持っておらず、新東仏教やキリスト教と混ざり合い、教会に通うことなく、寺院を訪れ、彼らの伝統に従って生きています。

マスク- 日本は マスクだらけ他人へのアレルギーやインフルエンザを防ぐために、日本のウェアマスクは非常に一般的です。

日本の民間伝承- 日本の民間伝承 また は のみ であり、幽霊、モンスター、悪魔でいっぱいです。

日本に関する100の事実と雑学

その他の好奇心と日本奇妙

1)日本では、銃器を使用する殺人者は年間3人しかいません。

2)世界で最も永続的な会社である金剛組の寺院の建設は、578年から2006年まで日出ずる国で運営されていました。

3)日本の列車は、世界で最も時間厳守であり、平均遅延はわずか18秒です。
四角いスイカは、積み重ねて保管しやすいため、日本の農家によって栽培されています。
国には子供よりもペットが多い。

4)出生率が非常に低いため、老人用おむつは赤ちゃん用のおむつよりも売れています。
日本での採用の98%は、父親から息子へとビジネスを続けるために家族に入る成人男性からのものです。

5)タイタニック号の沈没を生き延びた日本人は、他の乗客と一緒に死ななかったため、自国では臆病者と呼ばれた。

6)日出ずる国では、若者でもシャワーで使うので、90%の携帯電話は防水です。
韓国と日本の両方に、飲み物を飲みながら子猫と遊ぶ余裕のあるカフェがあります。

7)日本の土壌に550万台以上の自動販売機があり、ティーコールド、ホットコーヒー、ビールなどの飲料から下着などのアイテムまで利用できます。

8)頭は従業員が一生懸命働いている兆候と見なされるため、睡眠時間中は許容されます。

9)日本の地下鉄には、基地を押すだけでも、電車の中に人を乗せることを担当するオシヤと呼ばれる職員がいます。

10)第二次世界大戦中、日本は、ブボニックペストに感染したノミで中国を爆撃した。

11)日本の学校では、教師と生徒が一緒になって教室やカフェテリアを掃除します。

12)第二次世界大戦中に日本兵によって殺された中国人の総数は、ホロ​​コーストでドイツ人によって処刑されたユダヤ人よりも多かった。

13)馬生肉は日本で人気のある料理で、薄切りにしてバサシと呼びます。

この記事を共有する: