日本で飲んだり運転したりするとどうなりますか?

[ADS]広告

日本は安全保障を真剣に受け止めています。交通事故よりも温水「浴槽」で入浴して死ぬ方が簡単なほどです。そこでは、良くも悪くも規則が守られています。

飲酒運転はどこの国でも馬鹿げた行為であり、数え切れないほどの事故や死亡事故を引き起こしています。日本では罰則が厳しいため、このようなことはめったにありません。人は飲酒運転をする前によく考えます。この記事では、日本で飲酒運転がよくない理由を見ていきます。

捕まったらどうなりますか?

日本で酔っ払って運転している人には多くの影響があります。まず、運転免許が停止されます。0.15mg以上のアルコールで捕まえられた場合、3年の刑を言い渡され、16,000レアに相当する50万円の罰金が科せられる可能性があります。

日本で飲んで運転するとどうなりますか?

酔っ払ってアルコールの影響を受けた場合、最長5年の懲役と100万円の罰金が科せられる可能性があります。これは32,000レアに相当します。

  • 0.15mg / lから0.25mg / lまでのアルコール含有量: 13ポイントと90日間の運転免許停止。
  • 0.25mg / lを超えるアルコール含有量: 25ポイントと運転免許の取り消し。
    ドライバーは2年間新しいライセンスを取得できなくなります。

それは致命的な事故を引き起こしました: 酔っ払って事故を起こした場合、最長7年間免許を失うか、最長15年間逮捕される可能性があります。

誰にも飲ませないでください

また、誰かに飲ませて運転させた場合、あなたは責任を問われます。誰かに飲むように勧めたり、酔っ払って車に乗っている場合は、その人と同じ文を支払うことになります。

Bebber

バーの所有者でさえ、タクシーを呼ぶか罰金を支払う義務があります。日本には 大光雲天、 タクシーのようなサービスを提供する会社。2人があなたを家に連れて帰る責任があり、1人は安全に車を運び、もう1人はタクシーであなたの到着を処理するので、誰もが勝ち、不注意な運転手に罰金を支払う必要はありません。

一部の施設では、すでにこのサービスの資格を持つ従業員がいます。または彼らはあなたの安全のためにあなたに連絡する責任があります。

これが、日本で交通事故が発生しない最大の理由の1つであり、間違ったことをすると巨額の損失を被ることになります。これはブラジルや他の国々の例として役立つはずであり、酔っ払う前に慎重に考えるのにも役立ちます。

この記事を共有する: