日本からの10の奇妙な食べ物

によって書かれた

この記事では、日本でしか食べられない不思議な食べ物を10個紹介します。パスタ、ご飯、寿司のこの素晴らしい国には、想像もしなかった食べ物がありました。

これらの料理のほとんどは日本の特定の地域でしか消費されていないため、1人の日本人でさえこれらの料理をすべて試す機会はありませんでした。私だけでなく、多くの日本人が遠くまで行きます。

1.ナット-発酵大豆

納豆は、非常に強い香りと非常に粘り気のある食感の発酵大豆です。最近、納豆の健康効果が広く知られるようになり、全国のスーパーで購入できるようになりました。

しかし、30年前、西日本の人々はそれを食べませんでした。たんぱく質、ビタミンK、食物繊維が豊富です。日本国外のいくつかの日本食レストランでは、納豆を注文することができます。原作は食べられないかもしれませんが、納豆巻きの納豆巻きを提供することが多いです。

ナット
ナット

2.白須-すりおろした魚

白須は小魚で、通常はイワシ、ウナギ、ニシン、アユです。生で食べるか、塩水で煮て乾燥させます。 タンパク質とカルシウムが豊富です。変な味や具材の料理ではありませんが、見た目はかなり変わっています。

04ca4c915cb672625e95deb6310062b8-1024x749

3.イナゴのツクダニ

イナゴはバッタの一種で、魚介類があまり手に入らない長野などの山岳地帯でよく食べられます。イナゴはまず鍋で揚げ、沸騰したお湯でしばらく煮てから、醤油と砂糖で煮てつく谷を作ります。日本の他の地域のつく谷は、小魚、貝、海藻から作られています。

14143173480

4.クラゲ(クラゲ)

生きている水は生または乾燥して食べられます。見た目はゼリー状ではなく、サクサクしています。6種類の生きた水だけが消費されます。

クラゲ
クラゲ

5.ナマコ(ナマコ)

見た目は魅力的ではありませんが、ナマコは日本で最高の珍味のひとつです。それは1000年以上の間日本人によって消費されてきました。ナマコは、独特のサクサク感を楽しむために、酢と一緒に生で食べることがよくあります。それが乾燥しているのを見つけることも可能です。

なまこ海きゅう
ナマコシーキュウリ

6.亀音

カメノテは海の甲殻類で、その名前はカメの手を指し、岩の多い海岸で見つけることができます。それは南日本で最も消費されます。

人々はしばしば味噌スープや塩水調理をします。同じ種ではありませんが、非常によく似たナンキンムシはスペインとポルトガルでも消費されています。

Pc4851

7.サポン(亀の甲羅)

考古学者によると、スッポンは縄文時代(紀元前2500年から1500年)から日本人が消費したスッポンです。今日では、鍋、吸い物、雑炊などでよく食べられますが、スッポンを使ったスープは美味しいです。噂によると、殻は媚薬です。

0006017764o1_740x555y1

8.馬刺し(馬肉)

この肉はブラジルでは悪い目で見られますが。馬の肉は世界中の多くの国で食べられていますが、人々はどう思いますか。&Nbsp;しかし、日本はこの生の肉を消費しています。すりおろした生姜やにんにくと醤油を添えたさしみとしてよく食べられます。

Dsc_0283-1024x677

9.草屋

くさやは伊豆諸島で生産される乾燥塩漬けの魚です。新鮮な魚は、くさやジル(魚醤に似ています)でマリーナによって8〜20時間作られ、次に淡水で洗浄され、最後に天日で1〜2日間乾燥されます。くさやは江戸時代に将軍に贈られた独特の香りで有名です。

Img568526601-1024x768

10.塩から

塩から (塩辛)さまざまな海の生き物のケーシングから作られています。内臓を発酵させて作った保存食品です  約10%の塩、30%のライスモルトと混合し、発酵させてプラスチック容器に詰めます。

塩から200_3_main

ソース: ツナグジャパン 

Compartilhe com seus Amigos!