日本の津波 – 史上最大

[ADS]広告

日本は数多くの地震と津波で知られています。日本では絶えず地震が発生していますが、誰も揺さぶらない小さな揺れです。しかし、歴史を通して いくつかの強い地震が起こった そして大きな津波を形成しました。この記事では、日本で起こった津波のいくつかを見ていきます。

Hakuho – 684 AD

日本で最初に発生した津波は、684年11月29日、南海道、四国、紀伊、淡路の各地域で発生しました。地震のマグニチュードは8.4と推定され、死者数は不明です。

Sendai – 869 AD

仙台地方は、海岸から4kmに及ぶ洪水を引き起こした大きな波に見舞われた。タガホの街は破壊され、推定1,000人の犠牲者が出ました。公式の地震は三陸と呼ばれています。

Nankai – 887 AD

887年8月26日、大阪、志賀、技府、長野を襲った大地震により、大阪沿岸部に津波が発生し、宮崎日向沿岸でも津波が観測された。

Kamakura – 1293 AD

マグニチュード7.1の地震で鎌倉を襲った津波は、地震による火災で23,000人以上が死亡した。

Nankai – 1361 AD

庄平時代の1361年8月3日、8.4の地震が南海道を襲い、続いて津波が雪湊と阿波を襲い、1,700以上の家屋を破壊し、阿波で60人以上を溺死させた。

Nankai – 1498 AD

1498年9月20日、マグニチュード7.5の地震が発生し、津波が発生しました。和歌山の港は高さ数メートルの津波で被害を受けました。 30,000人以上が亡くなりました。鎌倉大仏(高さ7m)周辺の建物が津波に流されました。日本の津波

 

Nankaidō – 1605 AD

1605年2月3日、8.1の地震により、高さ30メートルを超える津波が発生し、房総沖と九州島で発生しました。宍喰地区では3,600人以上が溺死した。波高は阿波で6〜7m、甲浦で5〜6m、崎浜で8〜10mに達した。合計で5,000人以上が溺死しました。

Seikaido-Nankaidō – 1698 AD

1698年12月22日、大津波が世界堂南海道を襲った。

Hoei – 1707 AD

1707年10月28日、鳳凰時代、8.4の地震が高さ10mまでの津波を引き起こし、高知を襲った。 29,000を超える家屋が破壊され、洗浄され、30,000人が死亡しました。土佐国では11,170戸の家屋が流され、18,441人が溺死した。大阪では約700人が死亡し、603戸の家屋が流され、種崎では波が最大20メートルに達しました。

北海道-1741年

1741年8月29日、北海道の西側は大島諸島の火山噴火に伴う津波に見舞われた。津波の原因は、噴火によって引き起こされた大きな地滑りです。北海道で1467人、青森で8人が死亡した。

沖縄、八重山諸島-1771 AD

古代琉球王国(現在の沖縄)の八重山列島付近で、1771年4月4日午前8時頃に推定マグニチュード7.4の海底地震が発生した。地震による死者は出なかったが、津波により約12,000人が死亡した。波は最大80メートルに達したと推定されています。津波はまた、疫病、マラリアなどの長期的な影響を及ぼし、最終的に作物を破壊し、損害を与えました。

九州長崎雲前山-1792AD

長崎の雲前山の噴火は、地震、雪崩、さらには津波を引き起こし、肥後州と有明州を襲い、5,000人以上の死者を出しました。

日本の津波

南海、東海、九州– 1854

日本の安生南海岸を襲った地震は、実際には3回の地震、2回のマグニチュード8.4の地震、そして数日間の7.4回の地震のセットでした。

  • 1854年11月4日、現在の愛知と静岡の近くでマグニチュード8.4の地震が発生し、4〜6メートルの津波が発生しました。
  • 11月5日に若山でマグニチュード8.4の別の地震。その結果生じた津波は8.4メートルの高さに達した。1,443人以上が亡くなりました。
  • 1854年11月7日に江姫県と大田県でマグニチュード7.4の地震。

合計の結果は80,000-100,000人の死者でした。 (地震+津波)

江戸(東京)– 1855 AD

東京で大地震と津波が発生し、4,500人から10,000人が死亡した。

Meiji Sanriku – 1896 AD

1896年6月15日午後7時36分頃、本州北東部の三陸沖で大規模な海底地震が発生し、約30分後に津波が海岸を襲った。地震は誰も殺しませんでしたが、津波は30メートルの波を襲い、約27,000人が亡くなりました。

日本の津波

関東-1923AD

1923年9月1日に東日本で発生し、東京、横浜、およびその周辺地域を壊滅させた関東大地震は、湘南海岸、房総半島、伊豆諸島、および伊豆半島の東海岸を壊滅させた津波を引き起こしました。 。熱海では、12メートルに達する波が記録されました。津波被害の例としては、鎌倉の由比ガ浜海水浴場で約100人が死亡し、江の島では推定50人が死亡した。しかし、津波は10万人を超える最終的な死者のほんの一部を占めており、そのほとんどが火事で死亡しました。

Showa Sanriku – 1933 AD

1933年3月3日には、東北本州で三陸の海岸は、5000人の家庭や3068人が死亡、津波の結果と大半について、破壊された8.1の地震を引き起こしました。岩手県は人口の42%、建物の98%を失いました。太郎は現在10メートル高い以上2キロ長い今、大規模な津波の壁によって保護されています。

Tonankai – 1944 AD

志摩半島から約20km離れた1944年12月7日の8.0の地震による波により、1,223人が死亡した。

Nankaidō – 1946 AD

1946年12月21日の南海トラフ巨大地震は4時19分(現地時間)にマグニチュード8.4でした。それは1,451の家を奪い、1,500人の死者を出した波を引き起こした。

Niigata – 1964 AD

28人が死亡し、建物全体が液化によって破壊されました。津波により新形港が破壊された。

Okushiri, Hokkaido – 1993 AD

1993年7月12日、海岸から130 km離れたマグニチュード7.8の地震の結果、北海道沿岸で壊滅的な津波が発生しました。数分後、日本気象庁は津波警報を発令し、英語と日本語のNHK。しかし、震源地近くの小さな島、奥四里には遅すぎた。地震から2分から5分以内に波が30メートルに達し、当たった。津波の障壁に囲まれているにもかかわらず、小さな村の青苗は、次の13時間で、いくつかの方向から来た2メートルを超える高さの波によって荒廃しました。地震で250人が死亡、197人が奥四里を襲った津波の犠牲者であり、波は北海道沿岸でも死者を出した。

日本の津波-東北-2011AD

2011年3月11日、日本の太平洋岸に沿ってマグニチュード9.0の地震が発生し、日本の北東海岸に沿って高さ10メートルの津波が発生しました。宮古で記録された最大の津波である岩手は、全高40.5メートルに達した。また、波は福島原子力発電所でいくつかの爆発を引き起こしました。太平洋岸全体に津波警報が発令された。

日本の津波


壊滅的ですが、 恐れることはできません、予期しないことがどこでも発生する可能性があります。言うまでもなく、日本の歴史を通して、これらすべての死は、ブラジルでの暴力や無謀な交通による死のほとんどではありません。

私たちのウェブサイトから記事をもっと読む

読んでくれてありがとう!ただし、以下の他の記事もご覧いただければ幸いです。