日本で最も消費されている魚の10種類

[ADS]広告

魚は日本料理の最も有名な料理の1つであり、最も消費されている料理の1つでもあります。この記事では、日本人が消費する主な魚の種類について説明します。

サーモンやマグロなど、ブラジルでよく知られているさまざまな魚や、シシャモやカツオほど消費されていない魚を見てみましょう。全部食べる機会はありましたか?

1-鮭-日本酒[鮭]

日本では、サーモンは刺身として好んで食べられます。この魚は一般的にグリルで提供され、多くの日本人の朝食の一部です.サーモンは、刺身、寿司、煮物、焼き物、揚げ物でも提供できます。

サーモンは日本人の健康に重要な役割を果たし、炎症から保護し、脳と体液を助け、視力に良く、心臓血管の健康、皮膚、髪を助けます。

日本で最も消費されている魚の10種類

2-マグロ-マグロ[鮪]

O atum はその強い風味、適度でしっかりした一貫性の内容で知られていますが、一部の部分は他の部分よりも硬いまたは柔らかい場合があるため、これは魚の部分によって異なります。

ほとんどの場合、それはsashimiまたはsushiとして提供されます。この魚の体は、細長い紡錘形の細長い口と、大きく離れた2つの背びれを持っています。マグロは、体重減少、成長、さらには体重を助ける。

日本で最も消費されている魚の10種類

3-サンマ-サンマ[秋刀魚]

O sanma 脂肪分が多いため、通常は秋に消費されます。シシャモのように、この魚は通常丸ごと焼きます。

この魚は日本でも人気があり、人々が集まってグリルで食べるお祭りにも勝ちました。祭りはさんままつりと呼ばれ、通常9月に行われます。

日本で最も消費されている魚の10種類

4-カツオ-カツオ[鰹]

ボニートの重さは最大10キログラムで、日本人に高く評価されています。この魚は2つの異なる方法で提供することができ、非常に有名なタコヤキとオコノミヤキであるカツオブシと呼ばれるかわいい脱水フレークとして提供することができます。

この魚は屋外でグリルして提供することもでき、培地は生のままです。マグロやサバと同じ家族で、牛肉の脂肪含有量は中程度から高いものまでさまざまで、その風味はマグロよりも強いです。 

日本で最も消費されている魚の10種類

5-柳-シシャモ[柳葉魚]

これは長さ約15センチの塩水魚です。その名前は文字通り柳の葉の魚を意味します。それは通常グリルされて丸ごと食べられ、しばしば学校の食事で出されます。

この魚は通常、卵と一緒に出されます。卵は多くの人にこの料理の最も良い部分と考えられています。この魚はまた非常に見つけることができます izakaya日本のバーはどれですか。

日本で最も消費されている魚の10種類

6-ブリ[鰤]

ブリは最大15キログラムと1.3メートルの長さに達することができ、ブラジルではブルズアイとして知られています。生でも、さしみやお寿司の形でも食べられます。

この魚を出すもう一つの方法は、醤油、砂糖みりん、大根などの野菜で調理することです。この魚は柔らかくておいしい肉と平均的な脂肪含有量を持っています。

日本で最も消費されている魚の10種類

7-鯛-タイ[鯛]

パルゴは非常に幸運な関連魚であり、お祝い、一般的には結婚式で使用されます。しかし、それはまた、寿司やグリルとして、通常の日に消費されます。

パルゴはマイルドな味わいで低脂肪の魚です。この魚は、丸くて垂直に平らな体型と犬歯の存在が特徴です。

日本で最も消費されている魚の10種類

8-スギナ-サバ

サバは低価格でスーパーマーケットで簡単に見つけられる魚です。通常、ボイル、ロースト、またはグリルで提供されます。

この魚を提供するのにそれほど一般的ではない別の方法は、プレスされた寿司の一種である形のバテラです。この魚は平均25センチメートルで、通常1キロの重さがあります。

日本で最も消費されている魚の10種類

9-うなぎ-うなぎ[鰻]

O Unagi 淡水ウナギです。この魚は伝統的に炭火でソースをかけて焼き、カバヤキライスと一緒にウナドンまたはウナジュと呼ばれるおいしい料理を提供します。ギュドンのレストランでお試しいただけます。

日本人は魚が暑さと湿気に耐えるのを助けると信じているので、彼らは通常8月のような暖かい月に消費されます。それでも、一年中いつでも簡単に見つけることができます。

静香県浜松の浜名湖は、最高級のうなぎの国として有名です。この湖は、うなぎを使ったさまざまな種類の料理を専門とするいくつかのレストランに囲まれています。

日本で最も消費されている魚の10種類

10-アジ-アジ[鯵]

馬サバは美味しくて軽い肉です。それは15から20センチメートルの間で、最大1キロの重さがあります。この魚は通常揚げて食べられますが、焼き、焼き、焼き、パンで提供することもできます。そして

紡錘体、鱗状の殻で終わる横線、体の側面に赤い筋肉層があることを特徴とする魚の場合。

日本で最も消費されている魚の10種類

この記事を共有する: