日本で最も危険な5つの場所

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

日本はその安定性と安全性で知られています。首都である東京は、新聞の基準により、世界で最も安全な都市としてランキングに選ばれました。エコノミスト「。しかし、どの国にも危険な場所があります。

そのため 地理、にある火山島 パシフィックリングオブファイア、地質学的に不安定な地域であり、同時に革新的で伝統的な文化のために、日本には自然と人工の両方の危険があります。

したがって、国内で危険な場所を見つけるのは簡単です。それらのいくつかは世界中で非常に有名です。そしてそれがまさに私たちが話したいことです。このために、私たちは日本のいくつかの危険な場所でこのリストを作成しました。

発表

日本で最も危険な7つの地域について話しているビデオも参照してください。

江島大橋橋

橋から始める 大橋江島、高さ44メートル、傾斜3.5度の橋。橋を見る人は誰でも怖くて、それをさらに運転する人は誰でも。ローラーコースターの感触で、橋の傾斜は最も経験豊富なドライバーに挑戦します。

橋の高さは、船が橋の下を通過できるようになっています。大橋は大きな橋を意味するので、めまいのある人は避けてください。橋は風変わりで観光名所になっていますが、多くの人が徒歩で登り、景色を楽しみ、この広大な斜面を運転するリスクを回避しています。

Os 5 lugares mais perigosos do japão

江島大橋は人造で建築のランドマークです。しかし、日本はその自然災害で有名です。そのうちの一つは火山で、日本にはたくさんあり、まだ活動しているものもあります。そのため、次に説明するのはこれらの1つです。

発表

三宅島

国の国立公園の一部である伊豆諸島は、注意して訪れるべき危険な場所の一例です。 20を超える島々からなるこの群島には、いつでも有毒ガスを放出する活火山である三宅島があります。

1953年、三宅島が活動を開始し、沖合の調査船で31人が死亡した。近くの島々の住民は、火山のガス状の雰囲気のために家を捨てなければなりませんでした。

Os 5 lugares mais perigosos do japão

2000年代に、火山は再び有害なガスを放出し、住民は再び家を​​放棄することを余儀なくされました。2005年、政府は、各自が1日24時間ガスマスクを携帯することを条件に、住民が島に戻ることを許可しました。

発表

多くの観光客は、島の自然の美しさと、いつでもガスを放出する可能性のある火山に近づきたいという好奇心に魅了されています。それは常に危険です。

東京-最も安全な都市ですか、それとも最も危険な都市ですか?

エコノミストの調査では、東京を最も安全な都市として選択しましたが、信じられないかもしれませんが、東京は世界で最も危険な都市でもあります。これは、スイスの保険会社が世界600以上の都市を評価して、地震、ハリケーン、サイクロン、二日酔い、河川洪水、津波などの自然災害のリスクが最も高い都市を分析し、東京が1位だったためです。

日本の都市はこれらの災害に備える準備ができていますが、イベントの規模によっては、リスクと結果を予測して軽減するためのテクノロジーに賭けるだけでは、自分たちを守るのに十分ではありません。

発表
Os 5 lugares mais perigosos do japão

日本の北東部を荒廃させた2011年の地震は、非常に強い出来事からの抵抗と回復がそれほど効果的でも速くもないことを示しています。日本はその場所のために、常にこの種のイベントにさらされており、東京の場所は大惨事の犠牲者になりやすい場所の1つです。

言うまでもなく、東京は世界中から膨大な数の外国人を受け入れています。そこでは、日本の詐欺師や悪意のある外国人に出くわすこともあります。

歌舞伎町-東京

しかし、東京には、大都市に内在する危険とその不平等、都市の暴力など、他の危険もあります。として知られている地域 歌舞伎町 東京だけでなく日本でも最も危険な場所です。

歌舞伎町は、日本最大かつ最も忙しい地下鉄駅の近くにある赤信号地区で、多くのバー、モーテル、ナイトクラブ、エスコートサービスを提供するクラブがあり、激しいナイトライフがあります。

Os 5 lugares mais perigosos do japão

この地域は、100年前、第二次世界大戦中に破壊された女子のみの学校でした。彼の修復プロジェクトは決して軌道に乗ることはなく、その後の数十年でそれは夜の娯楽に占領されることになった。

ナイトライフとやや日本の組織の外では、この地域は日本では禁止されている売春の慣習や、歌舞伎町で事業を営む有名な日本のマフィアであるヤクザのメンバーを魅了しています。

そのため、その場所は危険で有名になり、一部の施設は明らかに顧客に詐欺を適用し、入場時に通知されたものとは異なる価格を請求し、さらには飲み物に物質を入れて、人がより早く酔ってより多くのお金を使うようにしました。

青木ヶ原の森

しかし、日本の危険性について話すことはできません。 青木ヶ原の森、自殺の森として知られています。

発表

近くにあります 富士山、ここは日本で最も奇妙で恐ろしい場所です。森は密集した森であり、誰かを探すのが難しく、見つけるのに時間がかかるため、人々が自殺するためにそこに入るという評判を得ています。 、多くの場合成功しません。

Os 5 lugares mais perigosos do japão

森での公式の死者数がなければ、それは千人を超えると推測されています。実際、この数は非常に関連性が高いため、日本の当局は森全体に励ましと自殺防止のメッセージを記した看板を掲示しており、2018年からのマルディタの森と呼ばれる最新のホラー映画を含むいくつかのホラー映画の舞台となっています。

森を取り巻くエネルギーはとても大きいので、地元の人々は子供たちを森に近づけさせません。特に、自殺に加えて、多くの人々がすでにこの地域で失われているため、そして怖がる伝説や物語は灌漑はさらに苦痛で困難です。

森は、日本だけが提供できる危険と恐怖の気候を伴う不吉な散歩ですが、無防備な人や精神的な出来事を恐れる傾向のある人にとっては、避ける方が良いでしょう。

日本の危険な場所

これらの危険な場所にもかかわらず、危険であるにもかかわらず、彼らはまだ彼らを知るために多くの好奇心旺盛な人々を引き付けることができます。もちろん、東京自体は含まれていません。私が言いたいのは、その危険性だけで知られている人々です。

発表

しかしとにかく、私たちは多くをすることはできません。さらに悪いのは、人生が危機に瀕していることを知っていても、極端なスポーツを実践している人々です。したがって、リストにあるような危険な場所を訪れることはそれほど多くないようです。

でもそれでも青木ヶ原樹海を散策したくはありません。あなたなの?また、について説明している他の記事を読むことをお勧めします 日本で最も危険な地域.