14日本で最も伝染性で致命的な病気

[ADS]広告

日本で最も伝染性の高い病気は何ですか?最も死亡率の高い病気は?この記事では、日本の病気のリストと、年間死亡者数の多い病気のランキングを紹介します。

日本は健康にとても気を遣う国として知られています!これは見ることができます。 Covid–19 彼らはすでに持っていた マスクを着用する習慣 病気を予防し、インフルエンザの場合に他の人に感染しないようにするため。

しかし、どの国も、その地域の典型的な昆虫や動物、一年の季節、その他多くの理由による感染症の発生に直面しています。

この記事では、日本で最も伝染性の高い病気(主に子供が犠牲者)と、近年日本人を最も殺している病気を見ていきます。 

01- Influenza

ウイルスによる感染症です。タイプA、B、Cがあります。今日人間に影響を与えるタイプは、香港のタイプA、ロシアのA、Bです。症状は通常のインフルエンザよりも深刻です。

症状は通常、非常に高熱で、持続的で、行ったり来たりします。衰弱と食欲不振;全身の痛み;時には嘔吐や下痢、咳など。

鼻に綿棒を挿入して検査を行うことができる診断の後、医師は内服薬を処方します。悪化した場合は、医師に戻ってください。

あなたは見ることができます 日本の薬ガイド 私たちの記事のアレルギーとインフルエンザのために。下の画像は、症状を治療するための最も一般的な治療法のいくつかを示しています。

日本で最も伝染性の高い14の病気と最も死に至る病気

02- 「はしか」

はしかウイルスによって引き起こされる感染症。伝染性が高く、深刻な病気と見なされる病気に関連する多くの合併症があります。予防はワクチンです。

はしかには特別な治療法はありませんが、診断後、医師は症状を緩和する薬を処方して悪化させないようにします。 

03- 風疹(ふしん)

風疹ウイルスによる伝染病。 3日間のはしかとしても知られています。妊娠初期に風疹になると、赤ちゃんが異常になる可能性があります。また、特別な治療法はありませんが、かゆみや発疹を和らげる薬があります。 

04 – おたふく風邪(おたふく風)

おたふく風邪ウイルスによって引き起こされる伝染病。痛みや発熱の兆候が現れた場合は、状況が悪化するのを防ぐためにすぐに病院に行ってください。 

酸性食品や咀嚼が多い食品は避けてください。熱や痛みがある場合は、入浴(風呂)を避けてください。

日本で最も伝染性の高い14の病気と最も死に至る病気

05- 水痘または「水痘」

帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる伝染病。薬は「帯状疱疹」ウイルスの蔓延を防ぎ、病気を和らげるために使用されます。

他の経口薬および/または軟膏は、かゆみに対して使用されます。膿が形成された場合、抗生物質が投与されます。 

06 – 丹毒または感染性紅斑(リンゴビョ)

ヒトパルボウイルスB19ウイルスによって引き起こされる感染症。妊娠中に収縮すると流産のリスクがあります。

病気を治す薬はありません。かゆみがひどい場合は、必要に応じて医師が薬を投与します。

07- 「ヘルパンギーナ」

インフルエンザの一種で、舌にヘルペスのような水ぶくれが症状の1つとしてあります。ウイルスによって引き起こされる夏のインフルエンザとして知られています。ヘルパンギーナを引き起こすウイルスがいくつかあり、頻繁に出現します。

この病気は38ºから40ºCの高熱を1から4日間引き起こし、水疱が舌と喉の内側に現れ、一度破裂すると口内炎に変わり、多くの痛みを引き起こします。

08 – 「手足口病」

この病気のウイルスによって引き起こされる感染症は、夏の間により一般的です。病気の原因となるウイルスにはいくつかの種類があるので、何度か感染する可能性があります。 

改善はさらに早いですが、水分を摂取できない場合、発熱が3日以上続き、嘔吐して疲れている場合は、もう一度病院に行く必要があります。この病気は、手、足、口に痛みを引き起こすことからその名前が付けられました。

日本で最も伝染性の高い14の病気と最も死に至る病気

09 – 突然の発疹または幼児突発性発疹(Toppatsusei Hasshinsho)

ヘルペス 6 ウイルスによって引き起こされる感染症で、通常は生後 4 か月から 2 歳までの子供が罹患します。発熱は平均3日間続きます。発疹が現れるまで診断できません。

10 – サイシンフィーバー

プル熱またはイントケツマク熱とも呼ばれるプール熱は伝染性です。その名前は、公共のプールでよく放送されることに由来しています。

プール熱はウイルスによって引き起こされ、多くの場合、風邪に似た症状を示します。夜間に 5 日間にわたって、熱は通常摂氏 39 度から 40 度まで上昇します。

この熱は、目の充血、喉の痛み、頭痛、腹痛、下痢などの重大な不快感を引き起こします。

11 – 連鎖球菌感染症(Yorenkin kansensho)

レンサ球菌感染症は、連鎖球菌性咽頭炎とも呼ばれ、喉と扁桃腺の炎症と腫れを引き起こす細菌感染症です。

連鎖球菌性咽頭炎の原因となる細菌は伝染性が高く、咳、くしゃみ、または汚染された表面との接触によって広がる可能性があります。

連鎖球菌性咽頭炎の症状には、のどの痛み、発熱、頭痛、吐き気などがあります。レンサ球菌の治療には通常、抗生物質が含まれます。

連鎖球菌性咽頭炎は致命的となる可能性がありますが、非常に治療可能であることを覚えておくことが重要です.医療ケアにより、ほとんどの人は完全に回復します。

12 – 「百日咳」

百日咳とも呼ばれる百日咳は、呼吸器系の伝染性の高い細菌感染症です。主な症状は重度の咳で、数週間から数か月続くこともあります。

百日咳は乳幼児に最もよく見られますが、どの年齢でも発生する可能性があります。感染は、咳やくしゃみの飛沫などの呼吸器分泌物と直接接触することで広がります。

百日咳は、特に赤ちゃんや幼児の場合、死に至る可能性がある深刻な病気です。深刻な合併症を避けるためには、早期の診断と治療が重要です。

13 – 伝染性軟腫症(水井坊)

ウイルスによって引き起こされる感染症。透明な皮膚腫瘍が特徴です。それが壊れるとき、ウイルスの濃縮された固体の白い物質が出てきます。ウイルスに対するアレルギー反応により、病変の周囲にじんましんが現れ、かゆみを引き起こすことがあります。

上記のすべての病気において、オリエンテーションは、マスクを着用するために外出するとき、訪問者を受け入れるのではなく、家にいること(必要なものだけのために外出する)です。 

これらの病気に関する情報は、浜松チャンネル、市役所のウェブサイト、および外国人向けのコンテンツポータルから提供されています。 

日本で最も伝染性の高い14の病気と最も死に至る病気

14 –日本脳炎 

日本脳炎は、中枢神経系に影響を与える可能性のあるフラビウイルス(日本脳炎ウイルス)によって引き起こされる急性感染症です。伝染は蚊によるものです。

世界では年間約3万から5万人の症例があり、アジアでは、それが子供のバイラル性脳炎の主な原因です。ある人が日本脳炎を別の人に直接感染させることはありません。

送信は、 蚊が刺す 感染した。日本脳炎ウイルスは、その自然の宿主として野鳥や豚を持っています。 

この病気を治療せずに放置すると、昏睡につながることさえあります。そのため、日本に行く人の予防接種に含まれています。 

日本で最も伝染性の高い14の病気と最も死に至る病気

日本で最も多くの人を殺す12の病気(2019)

2019年の疾病ランキングによると、日本で最も死亡している疾病の概念を以下に示すことができます。

  1. Alzheimer
  2. 脳血管障害
  3. 虚血性心疾患
  4. 下気道感染症
  5. 肺癌
  6. 結腸直腸がん
  7. 胃癌
  8. 慢性腎臓病
  9. COPD(慢性閉塞性肺疾患)
  10. 膵臓癌
  11. 肝臓がん
  12. Autolesão

この記事を共有する: