日本での暴露と性的同意

[ADS]広告

私たちは、ヌード、セクシュアリティ、性別、そして特に子供たちがどのようにそれに参加するかについての議論に満ちた時代に生きています。日本はこれらの問題をどのように見ていますか?一部の人々は、いくつかの文化的イベントやアニメーションやセックス業界のおかげで、日本が性的に奇妙な国であると感じています。

私はすでに、子供たちの性的問題への暴露などの考えを擁護するために日本からの議論を使用して、物議を醸している議論の中でブラジル人に会いました。この記事では、このテーマについて少しアプローチしようと思います。

キリスト教の宗教がブラジルを支配し、道徳と倫理の考えを示唆していますが、日本人のわずか5%がキリスト教徒であるため、日本はセックスに対して非常にオープンです。それでも、日本は同性愛者の結婚を認めておらず、性別や性別の問題にも関わっていません。

日本人は控えめなので、物議を醸す問題には関与せず、一人一人が自分の人生でやりたいことをしていると思っています。もちろん、このテーマについては常に動きや議論がありますが、他の国に比べると小規模です。

日本の刑法によると、日本の性的同意の最低年齢は13歳です。 これは州によって異なる場合があります。ただし、別の法律では、18歳未満の未成年者が大人とセックスすることを禁じています。 

法律は親の承認を要求しているので、デートでさえ学校では難しい場合があります。日本のいくつかの私立学校は、警察の介入を恐れて、学生がロマンチックな関係に従事することを阻止しようとしています。

日本での露出と性的同意

日本でのセックスへの露出

インターネット上でいくつかの議論を引き起こしたのは、裸の男の芸術的なパフォーマンスでした。子供たちはこのイベントにさらされ、インターネット上で多くの論争や議論を引き起こしました。個人的には、小児性愛をこのパフォーマンスに関連付けることは極端な誇張だと思います。

一方で、アートはもちろん、このプレゼンテーションには全く意味がありません!人が裸で歩くことを禁止する法律があります、男の子はおそらくそのようなパフォーマンスのために許可を追いかける必要がありました。このイベントに加えて、いくつかの情報ネットワークは、子供との性別とセクシュアリティのトピックに取り組んでいます。

これらのイベントのために、何千もの議論が行われます。 日本はどのように私たちの模範を示すことができますか? 文化的には、子供も大人も「温泉」で裸で入浴するのが一般的で、とても文化的で無垢なものです。もちろん、お風呂は性別で分けられていますが、日本全国に混浴があり、子供が入浴できないのではないでしょうか。

もう1つの非常に人気のあるイベントは かなまらまつり、いくつかの巨大なひよこ、オブジェクト、さらには男性の陰茎の形をした食べ物を見つけることができる不妊祭。しかし、日本の子供たちは倒錯することはなく、実際には成人期のセックスを発見したり興味を持ったりするだけの子供もいます。

日本での露出と性的同意

男性と女性が欲望や性行為をせずに裸で入浴しているのを見てショックを受けた西洋人の影響によるものと考えられ、日本人は性別で入浴を分けることになった。

日本では、恥ずかしがり屋であるか、非常に個人的な問題であるために、セックスについて話すことはタブーです。文化的には、ブラジルのスラングで使用するような性的な意味合いの表現を使用することは一般的ではありません。

性的メディアの影響

メディアでのセクシュアリティの露出はかなり目に見えます。公共の場でエロティックな素材を購入したり読んだりすることすらしない人もいます。日本の宗教にはセックスを伴う罪の概念がないという事実によるものです。

大きな論争の的となっているのは、日本のアニメーションを含むメディアでの未成年者の性的露出です。多くの人がこれが小児性愛を助長する可能性があると信じていますが、法律の助けを借りて、虐待の数は少ないです。文化は、変質した日本人に、せいぜい一組のパンツを盗むか、変質した製品を追いかける勇気しか持たないようにします。

日本での露出と性的同意

子供向けのアダルトアニメコンテンツだけでなく、ティーンエイジャー向けのアニメにも官能性が溢れています。ロリスでさえ、さまざまなアニメーションで非常に官能的に見えますが、胸を揺らし、サンプルのパンツでポーズをとるのはほとんど伝統です。 日本では、官能的なアニメーションは芸術として見られているため、女性のほぼ半数がこのタイプを消費しています。メディア。

日本政府はすでに日本のマンガやアニメーションの未成年者からのアダルトコンテンツを禁止しようとしていますが、大きな隔たりがあります。第一に、アニメーターは年をとることができ、子供の外見を維持できるからです。

日本での露出と性的同意

この種の資料のおかげで、日本では児童虐待の割合が低いままであると主張する人もいます。日本人の無邪気さと無秩序さは、欧米で物議を醸していると考えられるいくつかの問題を日本では無関係にします。

日本のポルノメディアは西洋のメディアとはかなり異なっているので、私的な部分でさえ検閲があります。最後に、日本のセックスについてもっと理解するのに役立つ記事をいくつか残しておきます。

詳細については、以下をお読みください。

この記事を共有する: