外務省での経験 – 日本での奨学金

[ADS]広告

MOFAは文字通り意味します 外務省 翻訳した(外務省)が外務省になります。その名前はすでに自明であり、外務省の目的は、国際政治と文化を含む研究、奨学金、研究を通じて外国人と日本との関係を拡大することです。

この記事では、科学を専門とするジャーナリストであり、UNICAMPによる科学的および文化的普及の達人である27年のKátiaKishiの経験を紹介します。彼女は私に、今年初めに受けた奨学金との経験を共有するように頼みました。 ラテンアメリカとカリブ海の子孫のための日本への招待プログラム。」

子孫だけでなく、すべての人のための他のプログラムや奨学金があることを思い出してください...

完全に英語で提供されるこのプログラムの目的は、日系ブラジル人の活動に従事する若い子孫が地域で学習を広めるための対話の架け橋として使用し、日系コミュニティが大きい国での日本とその政策についての理解を深めることです。

フェローは旅行に費用をかけませんでしたが、対照的に、広く見習いを開示しなければなりません。Katia KishiはYouTubeにもチャンネルを持っており、そのビデオプログラムの詳細がいくつかあります。

日本文化のための闘争

多くのブラジル人が日本について持っている一般的な見解は、エキゾチックな食べ物、成功したアニメーション、または過去にのみ制限されることが多い文化的特徴など、海外で最も人気のあるものに制限されています。しかし、他の国と同じように、日本にはもっと多くのものがあります。これは、記事で前述したプログラムを通じて、今年の初めにラテンアメリカとカリブ海から10人の若者を発見したものです。

2018年の「ラテンアメリカとカリブ海の子孫のための日本への招待プログラム」は、特に日系人の最大のコミュニティが集中しているサンパウロの在サンパウロ総領事館が務める地域で最も人気がありました。 。)日本国外。

外交部の経験-日本での奨学金

KátiaKishiは、同じ公示で6回目の試みを行った後、他の4人のブラジル人(サンパウロ、ロンドリーナ、ベレン、レシフェ)、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、ドミニカ、メキシコからの代表団に参加することを承認されました。日本、主に東京と福島での7日間の外交的、文化的、技術的関与。

プログラムの素晴らしい特権

活動の中には、日本の皇室の公邸での秋篠宮妃紀子のレセプションなど、日本の高い政治的および代表的な権威とのいくつかの訪問があります。もう一つのハイライトは、日本におけるブラジル大使館の課題について話し合ったアンドレ・アラーニャ・コレア・ラーゴ大使と彼のチームとのブラジル人の独占会議でした。

外交部の経験-日本での奨学金

文化的・未来的な活動の中で、若い日系人は千葉県にある「柏の葉」スマートシティも知りました。この都市は、あらゆる年齢層の仕事、商業、身体活動の形でコミュニティ統合のための持続可能な技術を備えたスペースを提供しています。グループ。

また、横浜にあるJICA国際協力機構(JICA)日本移民博物館では、展示に加えて、すべての移民の記録が保管されている図書館で日本の歴史を探りました。各奨学金の家族歴。

東京では、フェローが建設中のスタジアムや2020年のオリンピック・パラリンピック競技大会の事務所も訪問し、アドバイザーは、マスコットとは何かについての子供たちの国民投票を例として、日本人を大会に参加させるキャンペーンについて説明しました。リサイクル素材からのメダルの開発。

外交部の経験-日本での奨学金

福島県への旅行中に、内堀正夫知事に会い、県の復興への取り組みを説明する機会がありました。

福島の村々、ストックが残っていた日本の伝統的な温泉の宿の住人や所有者との接触、また、日本の受容性の良い州と、5回目の優勝を果たした伝統的な地元の酒について学ぶことも重要でした。日本全土で最高。

プログラムで議論された問題

日本のブラジル大使館の課題に関する討論の中で、報告された最大の問題の1つは、ブラジルの移民を受け入れる日本の各都市との直接のパートナーシップを必要とする、ブラジルの子供や学校の若者によるより良いパフォーマンスの促進に関するものです。この行動は、ブラジリア大学(UnB)のエコノミストであるマウリシオソアレスブガリンが実施し、ブラジル大使館から奨学金受給者に届けられた調査に基づいています。

外交部の経験-日本での奨学金

まだプログラムでカバーされている政治的ポイントについて、KátiaKishiは、日本政府が日経を安倍晋三首相が推進する「TOGETHER」と呼ばれる外交政策に基づき、新たなパートナーシップを促進するための日本との良好な二国間関係。

在庫の議題は最初から最後まで詰め込まれ、他のアメニティの訪問や専門家との話し合いにより、現在の日本を広く理解する価値があります。さて、ブラジルに戻って、ジャーナリストは、これらの経験を、今日の政治、文化、日本人に関するそのような知識や経験と接触しているより多くのブラジル人と共有するためのパートナーシップを求めています。

それは、KatiaKishiがサイトのすべての読者と共有するために私が準備したテキストでした。楽しんでいただけたと思います。

 2018年4月20日 (金曜日)12:00に無料レクチャーがあります IELユニキャンプ この外務省プログラムの詳細については。日中 4月21日 それは別の場所で起こります ニポカンピナス 14時間で

Organização青年カイブラジル文化研究所ニポオブカンピナス、青年カイ沖縄ケンジンオブカンピナス、カンピナスJCI

KátiaKishiに質問がある場合は、次の電子メールに従ってください。

この記事を共有する: