外国人の立ち入りを禁止する施設

[ADS]広告

日本には、おそらく書面によるサインで終わる施設があります。 「日本人だけ」 か何か。非常に珍しいことを心配する必要はありませんが、誰かがそれを見た場合、それはすでにインターネットにヒットしています。

これらのポスターの目的は、外国人の立ち入りを禁止し、施設から遠ざけることです。なぜこれが起こるのですか?あなたが耳にするいくつかの口実がありますが、これはすべて要約することができます preconceito.

これらのプレートを使用しているのは日本だけではないことを明確にする価値があります。ほとんどの国では、少なくとも1つのそのような施設があります。私は白人だけがアメリカのような国に入ることを許可する本当に人種差別的な兆候のある施設に出くわしました。

数百万人に1人の事業所があるため、日本や日本人に出かけないでください。ランダムな場所からのサインのために偏見のある日本人に電話をかけると、あなたは偏見を抱くだけです。

外国人の立ち入りを禁止する施設

なぜ外国人が施設に入ることを禁止するのですか?

いくつかの要因がありますが、店舗の従業員が外国の顧客に別の言語でサービスを提供できない可能性があります。おそらく、その場所が提供するサービスは排他的であるか、それはいくつかのあいまいなビジネスであるか、ヤクザによって管理されている可能性があります。

通常これらの兆候があるいくつかの場所には+18記号が付いており、これはそれが売春の場所である可能性があることを示しています。売春の多くの場所は外国人を受け入れません。日本人はおそらく外国人の「大きさ」を体験したくないでしょう。

その場所の所有者は、「この看板を「」のような理由で付けることはほとんどないと思います。ガイジン味でああ「それは彼自身の利益と売却で終わるからです。私たちはすでに、所有者が外国人に会ったことがなく、他の言語を話さず、私たちに会えてとても幸せだったいくつかのPUBのようないくつかの非常に日本語の場所に入っています。

入れ墨のある人の立ち入りを禁止するところもあります。これらの場所は一般的で、主に温泉とプールです。 

日本に住んでいる私の友人も同様のトピックを研究し、あなたが以下で見ることができるビデオを作りました:

これらのプレートに偏見はありますか?

日本には反外国精神があることは否定できませんが、それは無意味ではありません。外国人は必ずしも良い評判を維持するとは限りません。半ダースのたてがみのために何かが行われているにもかかわらず、私たちは皆、集団が何人かの個人が行うことに対して支払うことを知っています。

日本では外国人が目立つので、行儀の悪い外国人はすべての外国人を悪く見せることができます。時折、そのような話が日本のメディアに登場します。さらに、第二次世界大戦で戦った年配の世代と日本人でない人との間にはまだいくつかのでたらめがあります。

日本語、英語、中国語、韓国語で書かれた設立プラーク。看板は店が日本人専用であることを警告しています。
日本語、英語、中国語、韓国語で書かれた設立プラーク。看板は店が日本人専用であることを警告しています。

しかし、時代は変わり、正直なところ、あなたが偶然にも他人を傷つける人々と同じグループにいるという理由だけで、だまされたり抑圧されたりするに値する人は誰もいません。あなたが良い人なら、なぜあなたは外国人だから差別を受けるのですか?なぜ他の人がしたことに対してアヒルに支払うのですか?

これらの場合はどうすればよいですか?

外国人の入国を禁止している施設を見つけるのは難しいですが、簡単に対処できるものです。どこか別の場所に行きます。結局のところ、あなたは何かを逃していません。この場合、彼らは顧客を失っている人たちです。

そして、一般的に、これらの兆候がある場所はあまり評判が良くありません。これらは日本人自身でさえ避けがちな場所です。ほとんどの場合、これらのタイプのコマースのサービスは質が高くありません。

ですから、レストランやバーなどに行って、外国人の立ち入りを禁止する看板に出くわした場合は、どこかに行ってください。あなたは何も見逃すことはありません。

この取引が何らかの形であなたを怒らせたと思う場合は、インターネットで報告したり後悔したりする時間を無駄にする前に、慎重に考えてください。そのような場所は日本だけではなく、ロシアや韓国のような国にもそのような施設があります。

この記事を共有する: