手ぬぐい – 手ぬぐい

[ADS]広告

「手拭い」は、日本で使われる薄くて軽い布の一種です。綿でできており、通常、幅約35センチ、長さ約90センチです。

てぬぐいは、日本では、クリーニングクロス、スカーフ、ヘッドクロス、キッチンタオル、さらには装飾品 item など、さまざまな方法で使用されています.

手ぬぐいは、桜、武士、またはある種の伝統的なパターンデザインやシンボルなどの伝統的な日本のデザインで飾られていることがよくあります.

「てぬぐい」という言葉は、日本語の「て」と「ぬぐ」から来ています。手洗いなどに使うシンプルな布ですが、それぞれ特徴があります。

また、以下を読むことをお勧めします。

京都のお店で手ぬぐい。手ぬぐいは、日本からの典型的な小さなお土産やギフトです。

手ぬぐいの由来と歴史

手ぬぐいは日本で長い歴史があり、江戸時代 (1603-1868) にさかのぼる日本の伝統的な item です。伝説によると、手ぬぐいは江戸時代に伝統的な頭巾である鉢巻に代わる安価で実用的な代替品として作られました。

農民は、緊急時に簡単に破れたり、わらの靴を修理したりするために、布を必要とすることがありました.こうして手ぬぐいが出来上がりました。

手ぬぐいは、もとはおもに布巾やスカーフとして使われていましたが、やがて芸術的・文化的表現の形として人気を博しました。

江戸時代、手ぬぐいは商品や催し物などの宣伝用としてよく使われ、お祭りの際に配ったり、店頭で販売したりしていました。

奈良時代に制作された手ぬぐいには、神仏像や神々が飾られていました。平安時代に入ると、織物は上流階級のみが所有できる貴重な商品となりました。

手ぬぐい - 手ぬぐい

手ぬぐいハンカチとは?

機能性に加えて、手ぬぐいは日本の芸術形式とも考えられています。多くの人がさまざまなデザインの手ぬぐいを集めて、家の芸術品として飾っています。

伝統的な油絵技法を用いて正確で詳細なデザインを作成する経験豊富な職人によって製造されています。

他のタオルと違い、裾がありません。手ぬぐいのサイズは、だいたい35cm×90cmくらいです。生地は通常平織りで、縁にはフリンジが付いていることがよくあります。

手ぬぐい - 手ぬぐい
手ぬぐい - 手ぬぐい

手ぬぐいは通常白ですが、他の色のものもあります。贈り物として贈られることが多く、贈答用のラッピングクロスとしてもよく使われます。

手ぬぐいは、汗を吸収し、頭を保護するのに優れていると考えられているため、剣道や合気道の武道でも一般的に使用されています.日本にいるなら、ぜひ手ぬぐいを手に入れてください!

この記事を共有する: