日本からの恐ろしい動物!

[ADS]広告

日本はかわいいものの国としても知られているかもしれませんが、表面の下には恐ろしい真実があります...日本は地球上で最も恐ろしい動物のいくつかの故郷です。そしてそれが今日私があなたに日本で最も恐ろしい5匹の動物を話す理由です。

「ミツクリザメ」

日本語で「エルフサメ」と呼ばれるエルフサメに挨拶しましょう mitsukurizame てんぐざめ。 次の言葉は、 tengu 長い鼻を持つ神話上の生き物を指します。これらのサメは日本国外でも見られますが、これらの遭遇のほとんどは偶然であるにもかかわらず、最も高い捕獲率は日本で見られます。それらは海の深さ1200メートルの深さに住んでいて、サイズは約6.2メートル、重さは最大210kgです。

もちろん、彼はホオジロザメ(11メートル)よりも大きくはありませんが、ここでの威嚇要因は別のものです。有刺鉄線を思わせるギザギザの歯と、山脈や狂った存在の目を思わせる鼻を見てください。これらの人々は文字通り「生きている化石」であり、1億2500万年前にさかのぼる古代の血統の最後のメンバーであり、今でも同じ「原始的な」特徴を保持しています。

(記事冒頭の写真) 

クモガニ(サントラ)

として知られている 高橋ガニ 日本語では、文字通り「クラブスパイダー」、これらの存在は最大の地球の節足動物です。脚の長さが1メートルの場合、結果として脚が3.8メートル以上伸びます。これらの人が5位にすぎない理由は、巨大な外見にもかかわらず、彼らが従順に見えるかもしれないのと同じくらい信じられないほどであるからです。

彼らは海の底で一緒に集まり、スポンジや他の海洋動物で身を覆い、基本的に見つけることができるすべてのものを消費することを好みます。それでも、私は個人的にそのような存在と対面したくありません。これらの人たちは日本の本州の南海岸にいるので、海に近づかないことをお勧めします。それでも「小さな友達」と直接会いたい場合は、海遊館に行ってみてください。

ヤシガニ

ヤドカリ(日本語で ヤシガニ。)ばかげた名前を持っているかもしれませんが、その背後にある意味を知っているときはそうではありません。彼らの爪はココナッツを開くのに十分強いので、彼らはこの名前を持っています。これらのものは、生きている最大の節足動物であるだけでなく、最大の無脊椎動物でもあります。最大0.9メートルの脚の延長と最大4kgの重さで、人間と他のココナッツカニ以外に自然の捕食者がいないことは驚くべきことではありません。

Salamandra

巨大なサラマンダー

サラマンダーは一般的にそれほど悪くはなく、滑りやすく壁を登って害虫を食べる人はごくわずかです。ただし、問題のサラマンダーの長さが1.9メートルの場合に問題が発生します。日本と中国のジャイアントサラマンダーは、世界最大の両生類です。彼らは通常時間を過ごします 九州北部 そして本州西部(水に入らないもう一つの理由)は、岩や泥と組み合わせて、昆虫、魚、ネズミ、カニなど、基本的に来るすべてのものを捕まえて食べられるようにします。また、皮膚を粘液で覆い、引っかき傷や寄生虫に対する薄いシールドとして機能します。自己防衛の最初の行為は、乳白色の粘着性の分泌物を生成することによって発生します。それを私たちが見ることができる最も身も凍るようなものの1つにするだけでなく、最も大きなものの1つにもしています。

この記事を共有する: