-sa / -sou / -meの形式の形容詞

発表

今日は日本の形容詞を少し調べます。日本の形容詞は、名詞に質や特徴を与える言葉です。日本語では、形容詞は2種類に分けられ、形容詞についての記事を書いています。 ここをクリックすると読むことができます。

私たちの前の記事を読んだなら、あなたは過去と否定の形を学んだに違いありません。今日は文法を深く掘り下げ、「-sa」と「-sou」の形を学びます。


 

形-sa

日本語は形容詞で非常に柔軟です。形状 「-Sa」 完成した形容詞をに変換することができます "-私" 名詞または同様の単​​語で。

発表

これを行うのは非常に簡単です。交換するだけです "私" 形容詞の終わりに 「さ」.  :楽しい(たのしい、気持ちいい)を入れると嬉しくなる 「さ」 楽しさ(たのしさ)。

さらにいくつかの例を参照してください。 

形容詞 ローマ字 意味 Forma SA ローマ字 意味
楽し たのし いい 楽し たのし sa 喜び
美し うつくし 綺麗な 美し うつくし sa 美しさ
新し あたらし 新着 新し あたらし sa ノベルティ
赤し 別名 別名 sa 発赤
大し 大木 大きい 大き 大木 sa サイズ、寸法

例文:

  • 日本のお寺の美しさが好きです;
  • nihon no otera no utsukushisa ga suki desu;
  • 私は日本の寺院の美しさが好きです。

 

形-私は

何かが何らかの形であるように見えるという私が表現する方法。場合によっては、赤く見える(akasou)というようなことを言うために使用されます。

発表

形容詞の最後の「i」を「am」に置き換えるだけです。 :楽しい(tanoshii、nice)は楽しそう(tanoshisou)などになります。楽しそうに見えます。

形容詞 ローマ字 意味 形は ローマ字
楽し たのし いい 楽しそう たのし わたし
美し うつくし 綺麗な 美しそう うつくし わたし
新し あたらし 新着 新しそう あたらし わたし
別名 そう 別名 わたし
大き 大木 大きい 大きそう 大木 わたし

例文:

  • この料理はとても美味しそうです;
  • このりょうりはとてもおいしそうです;
  • Kono Ryouri wa totemo oishisou desu;
  • この料理はとても美味しそうです。
  • このスポーツは簡単そう
  • 河野SUPOUTSUはかんたんわたし;
  • このスポーツは単純なようです。

 

私を形作る

meフォームと以前のフォームは、「i」を「me」に置き換えることによって作成され、「多かれ少なかれ」、「ほぼ」、「中間」、「周囲」の意味または比較を与えるために使用されます。形容詞、英語の「-ish」に非常に似ています。

比較は常に行われるわけではありません。一部の形容詞では、これは単なる補足であり、文をもう少し洗練されたものにします。

フォームの起源 「私」 それは本当に目でカンジから来ています。私たちはそれを覚えておく必要があります  -目目(め)はまた、傾向、傾向、視点、経験、そしてもちろん比較を意味します。形容詞の「私」を目と混同しないように注意する必要があります。これは非常に簡単な場合があるためです。小さ目は小さな目と混同される可能性があるため、形容詞を-meで終了する場合は、漢字を使用しません。

発表

見て いくつか :

これらの形容詞に完全に正しい翻訳を入れることは少し複雑であることを思い出してください。これらの言葉を研究し、それぞれの形容詞が持つ真の本質と感覚を理解するために生きるだけです。

  • 大きい =大/大きめ=大
  • TP い =速い/早め=早い
  • あめ着いたはやめについた=早く着いた
  • 小さめ=少し小さい

もっと説明できたらいいのに 「-私」 しかし、それでもかなり複雑だと思います。より簡単な例や説明がある場合は、読者が方法についてもう少し理解できるようにコメントしてください -私 記事で言及されている他のフォームのように。