四世-特定の活動のためのビザ

[ADS]広告

最近、四世のビザが承認され、2018年7月1日から施行されることが発表されました。このタイプのビザは、すでに四世に付与されているものとは異なります。この新しいシステムは「ワーキングホリデー」そのものではなく、それに基づいていました。 もっと知る.

7月に実施されるビザ-特定の活動(組活動; '徳帝勝堂')-は、四世が日本で働くことを可能にします。

申請者の要件

ビザは、第4世代の日本人の子孫(日本人の曾孫)に限定されます。これらは、以下の要件を満たしている必要があります。

  • 18〜30歳である必要があります。
  • 彼らは親戚や雇用主から助け/支援を受けるべきです。
  • 彼らは犯罪歴を持っていないかもしれません。
  • 原産国への返還を保証する金額を持っている
  • その国で健康保険に加入している。
  • N4の日本語能力証明書を持ってビザを申請し、N3を更新してください。 (更新は毎年行う必要があります)
  • 滞在期間は最長5年です。

四世-ビザ

要件の分析

すべての要件を分析すると、日本政府が国に引き付けたい四世の「タイプ」について非常によく考えていることは明らかです。

犯罪歴がなく、国に着いたら、病気になったり適応しなかったりしても、親戚であろうと雇用主であろうと、助けてくれる人がいる若者。日本の文化や言語の基礎知識に興味があり、長時間労働や勉強ができ、プロとして成長したい方。

また、以下を読むことをお勧めします。

この記事を共有する: