天狗 - 山の大きな鼻

[ADS]広告

Tengu [天狗]は、日本の人気の信念によれば、神または怪物と言われる伝説の生き物です。この記事では、映画、ゲーム、アニメでよく見られる日本の民間伝承のこれらの独特の生き物について少しお話します。

報道によると、天吾は山伏に扮し、顔が赤く、鼻が高く、飛ぶ翼があると見られています。魔術師に人を導く怪物とされ、外宝様とも呼ばれます。

山節は山に住むスウゲンド宗教の僧侶です。

天狗の起源

もともと、単語 Tiangu それは中国での邪悪な出来事を知らせる隕石を意味しました。大気中に出て地表近くに落ちる火の玉は、空中で爆発して大きな音を立てることがよくあります。

この天体の現象は、うなり声を上げて空に向かって走る犬と比較されました。中国のShijiには、HanやJinと同様に、Tianguに関する記事が含まれています。天宮は天から地に災いをもたらす悪の星として恐れられていました。

仏教では、「天狗」という言葉は、もともと経典の三叉で言及されていません。しかし、Shobho Nenjojo-Jingの19巻には、「常に、スペクトルガスが増加していると言われています。

637年2月、末明皇帝の治世9年目に、巨大な星が雷鳴を鳴らし、東から西へと走りました。 首都の空。流星や地雷の音だと言われました。

天狗-山のテング

それから、中国の唐王朝から日本に戻った賢明な僧侶、ミン・ミン・ミンは、次のように述べました。彼は言った:「それは流星ではなく、天狗です」。彼は自分の樹皮が雷のようだと何度か繰り返した。

彼らは呼ばれた Tengu no Nihonshoki (日本書紀) あすか時代、しかしその後、彼らがその名前で呼ばれたという記録はなく、生き物に対する中国の見方は日本に根付いていませんでした。

末明天皇の時代から平安時代中期まで、彼の性格はどの文書にも現れませんでした。平安時代(794〜 1192年)に天狗が日本に再登場し、妖怪に変身しました。

天狗-山のテング

天狗の誕生

それはすべて、九海と円神によって難解な仏教が日本に紹介されたときに始まりました。やまぶしは死後、傲慢で利己的で傲慢になり、傲慢になり、傲慢で傲慢になり、天国の宗教は魔法の世界の一種と思われる人もいました。

一方、平原の人々は山を別世界として恐れ、そこで起こった不思議な現象を天狗の作品と呼んだ。このことから、人々は彼を山の神と見なす傾向があります。

さまざまな種類の天狗を指す「グビン」、「マウンテンマン」、「マウンテンゴッド」と呼ばれる地域がまだいくつかあります。今日、[天狗]という言葉は文字通り楽園の犬を意味します。

天狗-山のテング
テングは大きな鼻を折った

天狗の特徴

今日の彼らの共通の特徴は、背が高く、長い鼻、赤い顔、山の僧侶のような格好、歯のあるゲタを身に着け、自由で無秩序に飛んでいることであり、中世から解釈されてきました。

実際、当時の天狗の形は、主に僧侶の形で一定ではなく、時には子供や悪魔の形でした。彼らはまた、空を飛んでいる間、しばしばスティープルジャックのイメージで育てられました。

天狗は誇りの権威と考えられており、背の高い鼻はその象徴と考えられています。「私は天皇になります」と言えば、自分を誇りに思っているということです。一般的に、彼らは教えたがっています。

中世には、6つの仏教の道に加えて、ムゲン地獄とされていた天狗の道もあり、仏教の道を勉強したために地獄に落ちず、楽園に行けなかった。彼らは悪の法則を扱った。

天狗-山のテング

天狗の種類

前述のように、天狗にはいくつかの種類と形態があります。全体的に赤い顔と大きな鼻があり、翼があり空を飛んでいると言われています。ヒューマノイドやカラスのように見えるタイプもあります。

よりあいまいな地域のtenguバリアントには、 Guhin (招待犬)、木や犬の側面を持っている、 Kawatengu それは水中に住んでいて、偽の炎を作り出すことができます、そして Shibatengu、これは本質的に別の名前のカッパです。

歴史を通して、それは異なる名前と特徴を獲得しました、カラ、コトボとハテンゴがあります。OnnatenguまたはMutenguと呼ばれる女性バージョンもあります。以下に主なものを示します。

天狗-山のテング

おおてんごまたは大天宮

いくつかの説がありますが、彼は良い面と悪い面を持った怪物や神であり、仏教の僧侶であり、死後天皇となる力のあるインターンであると言われています。そのため、他の天狗よりも力があると言われています。

これらは私たちが見慣れているタイプのtenguです 日本のお祭りマスク。彼らはかつて人々を誘拐していましたが、彼らのスキルも教えました。多くの人間が力を得るためにそれらを探しました。

からすてんごまたはこてんご

見られることが胸だけ からすてんぐ (烏天狗)は人型の体をしていますが、カラスの頭があります。彼は山の僧侶のような格好をしていて、小天狗または青[青天狗]とも呼ばれる自由に飛ぶことができます。

カラスにちなんで名付けられましたが、その多くは猛禽類に似た羽で覆われています。刀の扱いが際立っており、鞍馬山の烏天狗は若い牛若丸に刀の使い方を教えたと言われています。

彼らは神の力にも優れており、かつては首都に降りてお互いに腹を立てていたと言われています。カラスのように見える天狗の時期とともに、それは忘却に陥り、とがった赤い鼻を持つ人々の間でより人気がありました。

天狗-山のテング

このはてんぐ

見られることが胸だけ このはてんぐ (木の葉天狗)には人間の特徴がありますが、翼と長い鼻があります。彼らは時々羽を持って表されました。お祭りで彼の顔を表すマスクを見るのは一般的でした。

彼の名前は、エッセイや 怪談 江戸時代から堺鳥とも呼ばれています。このタイプの天狗についての情報はほとんどありませんが、いくつかの古代の経典に記載されています。

著書「国里人団」 かんぽ時代 [1741-1744]は彼を大きな鳥と表現し、彼の翼は長さ約6メートルのトビに似ており、人の合図を感知するとすぐに逃げます。

神のような天狗

天狗は一般的に半人間または怪物と見なされますが、記事で彼は神と見なすこともできると述べました。有名な大天吾は山神として崇拝の対象であり、日本の多くの山で報告されています。

天狗はしばしば華麗な鳥として表され、松明丸や魔円とも呼ばれていました。これが、悪霊となった極城天皇が天狗の王として描かれる理由です。

との関係 山の神々 また、とても近く、神聖な山には天狗が常にあると言われ(山伏)、山の神々がいる地域もたくさんありますが、大場と呼ばれています。

現在でも、山形県最上郡の民話に白髪の老人として見られている。日本のさまざまな地域で、人々は天狗に対してさまざまな見方をしており、彼らを神と見なす人もいます。

麹木と日本商事で言及されている猿彦神は、鼻が長いため、一般的に天狗と融合している。お祭りでも猿太彦は天皇の顔で表現されています。

天狗はまた、仏法を守る8人のメンバーの1人であるカロラテンからの変化であると言われています。インド神話に登場し、金色の羽が炎を吐き、餌を食べていると言われている巨大な鳥 dragões.

天狗-山のテング

天狗の伝説と予言

山の悪魔と見なされた天宮は、詐欺師でもあり、洋海のようなことをしたり、音楽で人々を騙して山に入れたり、家に石を投げたり、幽霊の形をした人々を怖がらせたりしました。

神秘的で説明のつかないことが起こったすべては、Tenguに起因していました。かんじを書くようなスキルを見せてくれる人もいました。歴史を通して多くの伝説が現れ、天宮の詩を語っています。

いくつかの伝説では、天狗は彼らの翼を使って失明を引き起こし、子供を誘拐し、人々を空から投げ出しましたが、彼らが親切で保護的で人々を助けているという伝説もあります。彼らはまた、忍者芸術として秘密の芸術の作成者として引用されている武道と関連しています。

天狗はさまざまな見方をしており、今日ではアニメ、マンガ、ゲームで広く報道されています。人気作品でのこれらの生き物の出現についてもっと知りたい場合は、次のようなサイトで相談することができます テレビ部隊.

この記事を共有する: