リトルワールド– 日本を離れることなく国を知る

の街で Inuyama 名古屋近郊の愛知県には、という巨大な公園があります。 リトルワールド 人間の博物館。この公園では、日本を離れることなく、世界を一か所で知ることができます。

私たちはすでにいくつかについて話している記事を持っています 他の国や地域に触発された村、テーマパーク、リゾート。今回は、世界のいくつかの国を旅する1つの場所について話します。

リトルワールド-日本を離れずに国を訪れる

今回はリトルワールドについて詳しく説明しません。 ritoruwaarudo [リトルワールド]は文字通り小さな世界を意味します。ヨーロッパやアジアを中心に、さまざまな国のレプリカや建物がたくさんある美術館/公園。

リトルワールドの物語

リトルワールドは、1970年に人類学博物館および遊園地として設立されました。沖縄や北海道など日本の一部を代表する建物を除いて、合計22カ国を代表する建物が建設されました。

リトルワールド-日本を離れずに国を訪れる

このオープンミュージアムでは、人々は自分たちの国のオブジェクトや表現でいっぱいのこれらの建物を訪れることができ、フランス、ドイツ、韓国、沖縄などの国の伝統的な衣装を着ることさえできます。

博物館はまた、さまざまな国を代表するさまざまな展示会、イベント、コンサート、その他のプロジェクトを開催しています。一部の国では郷土料理を試したり、その国で生まれた製品を購入したりすることもできます。

リトルワールド-日本を離れずに国を訪れる

リトルワールドアトラクション

33の建物と22か国を歩くには、約2.5kmの距離に12平方キロメートル以上の公園があります。冒頭にある巨大な展示会/美術館を数えずにこれらすべて リトルワールド.

上記のすべての建物と国に加えて、70か国以上から抽出された6000以上のオブジェクトを備えたこの博物館の展示会にアクセスすることもできます。歴史的なオブジェクトとそれは人類の全体の物語を語っています。

リトルワールド-日本を離れずに国を訪れる

A exposição do museu é separada por 5 temas que são evolução, tecnologia, línguagem, sociedade e valor. Próximo a entrada do local você também tem acesso a uma loja de presentes e um restaurante chamado World Bazaar Café com alimentos do mundo todo.

すべての地域を歩くときは、台湾、ドイツ、沖縄、ペルー、インドネシア、アフリカ、イタリア、フランス、インド、トルコ、タイ、韓国からの食事を試すことができます。たとえば、アフリカのレストランですでに肉を食べたり、フランスのチーズを食べたりすることができます。

リトルワールド-日本を離れずに国を訪れる

沖縄、台湾、ペルー、インドネシア、ドイツ、アルザス、フランス、イタリア、インド、ネパール、アフリカ、トルコ、韓国、日本からの建物の各国からの製品をテーマにした店があります。宝石、神からの供物があります。 、人形、食べ物、何千ものワインに加えて cervejas.

O local também tem um ônibus que circula todo lugar, máquinas de vendas, locais para pegar carimbo de estampa para seu caderno de coleção de estampas.

リトルワールド-日本を離れずに国を訪れる

私の小さな世界の経験

間違いなく、リトルワールドパークは、さまざまな国の断片とその文化を1か所にまとめることができた日本人の素晴らしさを証明しています。リトルワードでは、建築、服、音楽、典型的な料理、そして各国の香りさえも評価しています。

リトルワールド-日本を離れずに国を訪れる

名古屋駅のバスでリトルワールドにアクセスしました。公園に行くにはいくつかの方法があります。 site バスまたは他の輸送手段のためのいくつかのルートと価格を提供します。

土壇場でリトルワールドに行くように友達に誘われて、早く到着してしまいました。到着時に約1700円で入園しました。友達が来ないうちに一人で美術館の展示会を歩きました。

リトルワールド-日本を離れずに国を訪れる

私たちの社会の進化を表す歴史的なオブジェクトの量が展示全体に広がっていることは信じられないほどです。私が訪れた中で最も興味深い美術館の1つであり、それはほんの始まりに過ぎなかったと思います。

このツアーの間に、私は彼らが私を濡らして、見る雨をシミュレートする場所を訪れました。私はパンダとチャイニーズガールの頭を着て、人形とおもちゃでいっぱいの家を訪れました。ドイツから商品を購入し、ワニとヘビの肉を食べました。

リトルワールド-日本を離れずに国を訪れる

私が訪れた中で最も楽しい場所の1つであり、テキストでの私の経験全体を説明することはできません。そのため、この記事の写真は完全にオリジナルであり、私が撮影したものです。これらの写真がリトルワールドでの私の経験の一部を示していることを願っています。

この場所を訪れる機会はありましたか?リトルワールドについてどう思いましたか?旅行リストをもう追加しましたか?記事が気に入ったら、コメントを共有して残すことを忘れないでください。あなたはについて読むことについてどう思いますか 日本の小さな町?

この記事を共有する:


「Little World – Conhecendo países sem sair do Japão」への2件のフィードバック

  1. Gosto muito dos seus artigos, e fico pensando “nossa, que legal essas viagens que o kevin faz, um dia quem sabe eu possa fazer também”, sabe, eu fico sonhando acordado quando leio essas suas experiências de viagens. Agradeço de verdade por mais um artigo, quem sabe um dia a gente possa se conhecer ✌?.

  2. Gosto muito dos seus artigos, e fico pensando “nossa, que legal essas viagens que o kevin faz, um dia quem sabe eu possa fazer também”, sabe, eu fico sonhando acordado quando leio essas suas experiências de viagens. Agradeço de verdade por mais um artigo, quem sabe um dia a gente possa se conhecer ✌?.

コメントする