こどくし– 日本の孤独な死

一人で死ぬことは誰もが望んでいる最後のことです。それは私たちが近くの誰かに起こりたい最後のことでもあります。

この記事では、この現象について説明します こどくし(孤独死)、これは「孤独な死」を意味します。

この現象は主に高齢者に発生します。

一方で、文化的に高齢者を尊重し、助ける義務がある国があり、高齢者専用の休日さえあります。

Anúncio

一方、あなたは老人が彼らのアパートで一人で死に、彼らの体が数日、数週間、数ヶ月、さらには数年後に発見されるのを見ます。

孤独死は1980年代から日本で起こっている現象です。高齢者が家で一人で亡くなるという話を耳にしますが、若い世代もこれにさらされています。

孤独死-日本の孤独死

Anúncio

Kodokushi-なぜこれが起こるのですか?

日本には、 ガマン。

これは、不平を言ったり、いかなる種類の支援にも頼ることなく問題に直面する方法です。

このため、人は親戚と接触することはなく、自分の問題で他の人を邪魔することなく、あなたの背中に体重を運ぶ人が期待されます。

これらの孤独な死のケースを増加させたもう一つの要因は、日本経済を弱体化させた90年代の経済バブルの崩壊でした。

Anúncio

企業で働いていた多くの人は早く退職しました。

失業と中年の成長は、ほとんど仕事を見つけませんでした。

そして、多くが離婚したか、結婚したことがないという事実は、彼らの状況を助けませんでした。

こどくしと繋がれば Hikikomoris しかし、このようになってしまうケースはほとんどありません。

Anúncio

孤独死-日本の孤独死

これと戦うために日本は何をしているのですか?

これまでに行われたことのほとんどは、孤独死を避けるために高齢者(孤独死のケースの大部分)を防ぐためのキャンペーンと運動でした。

しかし、これはまだ続いており、結婚は毎日減少する傾向があり、子供がいない傾向があるため、若者に影響を与えるため、努力は無駄です。

コドクシと呼ばれるこの現象についてどう思いますか?そのような死を遂げた人に会ったことがありますか?

コメントや共有に感​​謝します。また、以下を読むことをお勧めします。