姫路城– 歴史と好奇心

1993年以来、ユネスコによる人類の文化的・歴史的遺産の地位を享受している姫路城は、日本建築の宝石であり、独特で非常に興味深い歴史に満ちています。

ひめじ城は、大阪から西に50 km、東京から650 km離れた兵庫県の現在の姫地市に位置し、1333年に赤松典村(当時の播磨)によって砦として建設され始めました。 。

1346年、赤松貞徳によって小さな城型の建物が建てられました。この城の「エンブリオ」はすべて木でできていて、現在の城とはかなり異なっていましたが、230年続きました。

姫路城-歴史と好奇心

1580年、日本は内戦を経験し、2人の偉大な「大名」が日本の覇権と支配に異議を唱え、織田信長と徳川家康を支持する人々の間で国を分割しました。

姫路城-南北戦争

の軍事指導者の一人、豊臣秀義 織田信永は、城を所有し、「モダンな」3階建ての城の建設を目指して、一連の大規模な改修の最初のものを推進しました。

1582年の織田の死と1598年の豊臣の死は、1600年の関ヶ原の戦いに勝利した後、日本で権力を握った徳川の野心への道を開いた。彼の将軍と義理の息子、播磨、備前、粟地の各州の、それによって姫地城の新しい領主になりました。

姫路城は内戦で被害を受け、徳川幕府の防衛の重要な場所であったため、池田は城の再建に専念し、現在もその形を保っています。

再建では、池田は姫地城に細部を埋め込んで、建築的および防御的特性を近代化および改善し、城の複合体を当時の日本の建設の模範的なモデルにしました。

丘の真ん中と高いところに、傾斜が30度から40度の石壁でできた巨大な台形の土台が建てられ、「大天中角」と呼ばれる7階建ての城の土台となった。

この土台は、侵入者が登るのを困難にするだけでなく、雨水を正しく向けることができ、土壌侵食を回避し、土台に配置された木製の基礎が可鍛性であるため、最終的な地震の影響から背の高い構造物を保護しました。

姫路城-歴史と好奇心

姫地城の白鷺

「ホワイトヘロン」というニックネームは、優雅で湾曲した軒のある城の装飾的な要素だけでなく、主に白い石積みで覆われた壁に由来しています。

姫路は当時の他の城と同様に木造でしたが、石積みの仕上がりに白い外観を与えるとともに、壁の厚みを増し、銃による攻撃に耐えるように城を近代化しました。

戦闘での銃の使用が1549年に始まったため、以前の建物を改造する必要がありました。 14世紀の日本には5,000の小さな城があったと推定されていますが、いずれも柵と堀だけを防御手段として使用しており、銃の出現により脆弱になりました。

姫路城-歴史と好奇心

城自体の周りには、壁に囲まれた曲がりくねった階段でいっぱいの小道のネットワークがあり、いくつかの門と塔があり、今日でも訪問者が失われる長い迷路を形成しています。最後に、エリア全体が壁と外部の堀に囲まれており、複合施設に出入りするための通路は1つだけです。

姫地城団地

A カバーされる巨大な距離 複合施設の入り口から、城の厚い壁と小さな窓、門と塔は、当時の「現代の」銃に対する懸念を明らかにしています。世紀の半ばまで。XVI、日本人は一種の原始的なライフルを使用しました。その銃身の直径は現在のバズーカに似ており、その活性化は古い大砲のように芯の照明に依存していました。

とにかく、それは重く、不快で、時間がかかり、短距離の武器でした。それは、マスケット銃のロック(トリガーと犬を備えた現在のライフル爆轟システムの「おばあちゃん」)の導入によって時間とともに変化し、日本の銃器をより効率的かつより広い範囲で使用できるようになりました。

傾斜した石の壁の上部と本館の基部にある少し大きい正方形の開口部は、外側から登ろうとする人に石を投げるために使用されました。さらに、複合施設全体にいくつかの秘密の通路が建設され、攻撃が発生した場合、封鎖された領主、その家族、使用人、兵士は、長期間保管された食べ物や武器で生活することができました。

姫路城-歴史と好奇心

運を頼りに

しかし、姫寺に彼の最も貴重な特徴、つまり彼の保存状態を与えたのは幸運でした。池田が最も純粋な防御目的で城を再建したものの、それ以来、戦争の最中であっても、戦争によって被害を受けたことは一度もないというのが実情です。 第二次世界大戦.

城の再建には1601年から1609年までの9年間を要し、5万人の労働者を動員したと推定されており、今日の推定費用は20億ドルを超えています。

姫地城は、世界でも類を見ないユニークな建造物であり、400年前のライフスタイルを体験できるほどの保存性を備えており、世界遺産の称号を誇っています。

この記事を共有する: