イツキ 妖怪の中で一番怖い!

[ADS]広告

犬夜叉のようなシリーズやスタジオジブリのアニメーションを見た人は誰でも、「妖怪」と呼ばれる日本の怪物の一種に出くわしました。彼らは、恐ろしいものから友好的でかわいいものまで、危険なものから無害なものまで、あらゆる種類のものである可能性があります。

ドラゴン、ヘビ、幽霊のように見える人や、私たちブラジル人や西洋人にとって、少なくとも非常に奇妙な人がいます。たとえば、アカナメ(付喪神)、人々がトイレに残した汚れを食べる妖怪、または付喪神は、長い間生きた後、生き物に変わるものです。

今日は、私の意見では、最も恐ろしい妖怪の一人である人に会うつもりです。彼は人々をむさぼり食うことや子供を誘拐することに対して危険ではないかもしれませんが、あなたが彼を見つけることに遭遇する種類のリスクははるかに暗いです...

いつきの記録(縊鬼)

江戸時代の「草稿裏メモ」(反故の裏書)という本の中で。少なくとも奇妙な話が記録されましたが、それはこのようなものです。政府高官は会議のために部下を集めることに決めました。そのうちの一人が遅れて到着し、急いで「今日は参加できなくなります、すみません!私は誰かが私を待っているのを残しました!」、彼が去る準備をしていたもので。その男の外見は奇妙だった。なぜ状況が起こったのかと尋ねられたとき、彼は「私は絞首刑になると人に約束した」と答えた。

警官はそれが非常に奇妙だと思い、男を止め、落ち着くまでアルコールを飲ませた。なぜそんなにひどいことを約束したのかと尋ねられたとき、彼は単に入り口の近くに立っている誰かから受け取った命令に従わなければならないと言いました。そんな中、その場で人が首を吊ったというニュースが流れた…運が悪かった人が、首を吊って自殺を命じる妖怪、樹(縊鬼)との約束を果たした!

本に登場が記載されていない樹は、自殺を約束させた妖怪だった!

いつきと同じかそれ以上に恐ろしい妖怪を知っていますか?コメントで教えてください!

Fonte:

『怪しくゆかいな妖怪穴』村上健司 2011.
村上健二。妖海の妙に心地よい穴。2011年。

この記事を共有する: